鎌田大地のポジションとプレースタイルは?特徴や弱点は?

シント・トラウデンVVで大きく成長した鎌田大地

日本代表にも召集されるようになり、これから期待が持てる選手です。

フランクフルトに復帰してからの鎌田大地は、チームの重要なピースとして活躍を続けています。

今後、ステップアップをし、日本代表の中心選手になれるか?楽しみです。

今回は、鎌田大地のポジションとプレースタイルについて書いていこうと思います。

まずは、鎌田大地のプロフィールから書いていきたいと思います。


鎌田大地のプロフィール。

生年月日:1996.08.05

身長:180cm

体重:72kg

出身地:愛媛県

利き足:右足

【リーグ戦記録】
2015 鳥栖(J1) 21試合・3得点
2015 J-22(J3) 2試合・0得点
2016 鳥栖(J1) 28試合・7得点
2017 鳥栖(J1) 16試合・3得点
2017-18 フランクフルト(ドイツ) 3試合・0得点
2018-19 シント・トロイデン(ベルギー) 24試合・12得点
2019-20 フランクフルト(ドイツ) 28試合・2得点

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/419208.html

鎌田大地は、小学生の時に「キッズFC」で、サッカーを始めました。

小学6年生の時に全国大会で優勝し、中学進級時に、ガンバ大阪のジュニアユースに入団。

怪我などもあり、ユースに昇格できなかった鎌田大地ですが、東山高校へ進学し、多くのスカウトに注目される存在に!

2015年に、サガン鳥栖へ入団し、2017年にフランクフルトへ移籍。

中々出場機会に恵まれず、ベルギーのシント・トラウデンVVへレンタル移籍をし、ブレイク!

レンタル移籍が終了し、フランクフルトに戻った鎌田大地は、チームに欠かせない選手へと成長していました。

同僚や長谷部誠も認めるほどの選手になっており、今後のフランクフルトを引っ張る存在であると思われます。

ベルギーで自信がついたのでしょう!鎌田大地本来のプレーが戻ってきたのかもしれませんね!

鎌田大地のポジションは?

鎌田大地のポジションは、攻撃的な中盤の選手ですが、FWもできるようです。

さらに、ボランチもやったことがあるようですが、鎌田大地には守備的なポジションは似合いませんね。

鎌田大地は、攻撃的なポジションであれば大丈夫といった感じでしょう。一番いいのは、トップ下のポジションかなと思います。

フランクフルトでは、トップ下のポジションがメインで、たまに2トップの一角としてプレーをしています

日本代表だと、1トップを任せられたことがありましたが、1トップは向いていませんね。

狙いは、ゼロトップだったと思われますが、機能せず・・・。

鎌田大地は、トップ下のポジションが1番輝けるポジションであると思います。

鎌田大地のプレースタイルは?

鎌田大地のプレースタイルを見ていると、香川真司を彷彿させますね。

体の使い方や狭いエリアでのプレーを見ていると思ってしまいます。

では、鎌田大地のプレースタイルの特徴は、

・広い視野とパスの精度の高さ

・得点力の向上

・巧みなステップでかわすドリブル

が挙げられると思います。

広い視野とパスの精度の高さ

鎌田大地は、視野が広く、パスの精度が高いですね。

にベテランみたいに落ち着いたプレーでチームに落ち着きをもたらせています。

広い視野やパスの精度は、本田圭佑や中田英寿に似ているのかなとは思います。

どちらかというと、中田英寿に似ていると思いますね。

狭いところでも慌てずに、味方にアシストをするシーンは見事↓

得点力の向上

シント・トロイデンで自信をつけた鎌田大地は得点力がアップ!

シント・トロイデンでは、公式戦36試合に出場し、16得点9アシストを記録。

中でも、16得点はビックリの数字でしょう。レベルが下がるリーグとはいえ立派でした。

自信をつけた鎌田大地は、フランクフルトに復帰した、2019-2020シーズンに、公式戦48試合に出場し、10得点9アシストを記録。

ワンタッチゴールも増えてきて、得点量産の雰囲気が出てきました!

ゴール前でのアイディアも凄いですが、冷静に打ち込めるようになっていましたね。

巧みなステップでかわすドリブル

もともと、鎌田大地はドリブルに定評がありました。

細かいステップを踏みながら、相手の逆を取るドリブルは見事ですね。

DFからしたら嫌なドリブル。下がりながら対応をしている時にやられると頭に来ますよね?

これも、シント・トロイデンで自信をつけた証なのでしょうか?

王者バイエルンを手玉に取るドリブルです↓

鎌田大地の弱点とは?

鎌田大地の弱点を挙げると、球離れが遅い時があることです。

ドリブルを仕掛けたり、持つことは良いのですが、取られ方が悪いことが多く、カウンターを食らう羽目になります。

もう少し、球離れをよくすることができれば、上のレベルでやれるのかなと思います。

ちょっとした意識で変えられる問題なので、すぐに改善されるでしょう!

鎌田大地の歴代背番号

鎌田大地の背番号一覧です↓

シーズン所属クラブ背番号
2014-2014
Jリーグ U-22選抜6、9
2014-2016サガン鳥栖24
2016-2017サガン鳥栖7
2017-2018フランクフルト40
2018-2019シント・トロイデン15
2019-2020フランクフルト15、40

2015年に、サガン鳥栖に入団。その後は、様々な背番号を背負っていますね。

フランクフルトでは背番号15が定着していますが、そろそろ1桁の番号になるかもしれませんね。

日本代表では、背番号18を背負ってプレー。こちらも変更の可能性は高いです。

鎌田大地の背番号は変わり次第追記をしていきます。

まとめ。

今回は、鎌田大地のポジションとプレースタイルについて書いてみました。

鎌田大地のポジションは、トップ下が最適なポジションと言えそうです。

そのポジションが、最適な理由としては、鎌田大地のプレースタイルの影響が凄く大きいですね。

得点能力が向上した鎌田大地には、より多くの得点を見せてもらいたい。

それができる選手であるので、毎週の試合を楽しみにしています!

こちらの記事も読まれています↓

鎌田大地の奥さんは美人!2人の馴れ初めは?子供は?