長友佑都の年俸の推移は凄い!絶頂期の年俸は?

豊富な運動量とフィジカルの強さで、世界と戦っている長友佑都

俊敏性に優れており、1対1では負けない強さがありますね。闘争心もあり、プロ意識の高さは高い評価を得ていました。

プレーも素晴らしいですが、人間性も素晴らしく、移籍をした際には、すぐにクラブ関係者、チームメートに愛されるほど。

今回は、長友佑都の年俸、市場価値の推移について書いていきたいと思います。


長友佑都の年俸の推移~FC東京から現在まで~。

長友佑都は、明治大学在学中にFC東京と契約を交わしました。

明治大学を辞めて、FC東京と契約した理由は、母親に楽をさせたかったということでした。

そこから、年俸は、どのように推移していったのでしょうか?

FC東京

長友佑都のFC東京時代の年俸の推移です↓

2008年300万円
2009年2000万円
2010年2500万円

大学で有名になっていても、Jリーグの年俸には規則がありますので、300万円は妥当な金額でした。

Jリーグのプロ契約制度については、こちらに詳しく書いてあります→https://activel.jp/articles/kyIhk

プロ入り後に、A代表に選出され、北京オリンピックに出場するなど大忙し!

人気、実力が認められ、2009年には年俸2000万円までアップ。

あり得ない推移でした・・・。A代表選手になれば、このくらいに上がるのでしょうけれども。

翌年は、微増でしたね。やはり、守備の選手にはお金は出せなかったのでしょうか?

チェゼーナ、インテル

チェゼーナ、インテル時代の年俸の推移↓

シーズン所属クラブ年俸
2010-2011チェゼーナ1億1000万円
2011-2012インテル1億4000万円
2012-2013インテル1億4000万円
2013-2016インテル4億円
2016-2017インテル4億3750万円

チェゼーナに移籍後の年俸は、1億円を突破!

やはり、海外移籍をすると年俸が上がりますね。

2010-2011シーズン冬の移籍市場終了間際で、名門インテルにレンタル移籍が決まり、翌シーズンには完全移籍をしました。

インテル移籍後は、少しアップの1億4000万円でしたが、日本人選手が名門クラブに所属しているということだけで凄かったです。

2014-2015シーズンから副キャプテンに就任し、名実ともにインテルの顔となりました。

しかし、翌シーズンから、サイドバックの補強により出番が激減・・・。

一時は売却対象にもなりましたが、巻き返して、契約延長を勝ち取りました。

契約延長を勝ち取ったものの出番は限られており、2018年の冬の移籍市場で、ガラタサライにレンタル移籍をすることに。

ガラタサライ

ガラタサライでの年俸↓

2018-20192億5920万円

レンタル移籍で加入しましたが、シーズン終了後に完全移籍となりました。

年俸は下がりましたが、出場機会を求めてのことなので仕方がないのかなと思います。

2019-2020シーズンには、構想外となってしまい、移籍のうわさが絶えない状況でした。

冬の移籍市場で移籍が濃厚と言われていましたが、決まらず・・・。

そんな中、長友佑都は年俸の半分に当たる100万ユーロ(約1億2100万円)をクラブに返しました。

長友佑都は、返金した理由をこう説明していました。

「これからガラタサライのユニフォームを着ることができないのは残念だが、プロ生活はこういうもの。練習に参加するだけで、受け取る資格のないお金を受け取ろうとは思わない」

引用:https://www.footballchannel.jp/2020/02/05/post361137/

やることが凄すぎですよね?

なかなか所属先が見つからない中、長友佑都の所属先が決まりそうですね。

移籍間近という話ですが、メディカルチェックを受け、正式発表と出ているところも。

酒井宏樹がいますし、UEFAチャンピオンズリーグもあるので楽しみですね。

※長友佑都が試合に出場できるかは不明ですが・・・。

良い発表を待ちたいと思います。マルセイユでの年俸がわかり次第追記します。

長友佑都の市場価値の推移は?移籍金は?

長年、海外で活躍をしてきた、長友佑都。市場価値の推移も凄かったはず!

長友佑都の市場価値の推移を見ていきましょう↓

※為替のことがあるので、ユーロのみで書きました。

年度所属クラブ金額
2009年12月FC東京260万ユーロ
2011年1月チェゼーナ280万ユーロ
2012年1月インテル950万ユーロ
2014年7月インテル1400万ユーロ
2016年7月インテル600万ユーロ
2017年12月インテル350万ユーロ
2020年4月ガラタサライ80万ユーロ

やはり、インテルで副キャプテンに就任した時が1番高いですね。

今では、100万ユーロにも満たない金額というのが残念ですが、欧州では30歳過ぎると厳しくなるので仕方がないのかな。

それでも欧州のクラブから声がかかるくらいですので、長友佑都には市場価値以上のモノがあるのでしょう。

ついでに、移籍金も見ていきましょう↓

シーズン移籍前のクラブ移籍後のクラブ金額
2010-2011FC東京チェゼーナ30万ユーロ(レンタル料)
2010-2011FC東京チェゼーナ160万ユーロ
2010-2011チェゼーナインテル200万ユーロ(レンタル料)
2011-2012チェゼーナインテル450万ユーロ
2017-2018インテルガラタサライ100万ユーロ(レンタル料)
2018-2019インテルガラタサライ250万ユーロ

1番高いのは、チェゼーナからインテルに移籍をした時ですね。

年齢のこともあるので、右肩下がりになっています。

守備の選手だからなのでしょうか?移籍金も安い水準だなと思てしまいますね。

近年の移籍金が凄すぎるので、安く見えてしまっているだけかもしれません。

まとめ。

今回は、長友佑都の年俸、市場価値の推移について書いてみました。

年俸、市場価値の推移は、理想的な形であったと思われます。

ただ、もう少し高くても良かったのかなという気がします。

長友佑都は、キャリアの晩年ですが、まだまだやれると思っているので、新天地では出場機会を確保してもらいたいですね。

できれば、UEFAチャンピオンズリーグに出場している姿を見てみたいものです。

こちらの記事も読まれています↓

【海外の反応】長友佑都の評価は?インテルから現在まで。