アザールの髪型って、ワールドカップ前と変わったところってあるの?

サッカー選手の髪型って、妙に注目されますよね?ワールドカップを見ていて思ったのが、刈り上げしている選手が多いなと思いました。

世界中で刈り上げが流行ってるのでしょうかね?かなりの選手の髪型で、刈り上げが目立っていました。

ワールドカップやサッカー選手だけではなく、一般の男性も流行っていますしね。刈り上げは、一番変化をつけやすいですからね。

アザールの髪型もチェックしてみましたが、サイドは刈り上げ?みたいな感じになっていますが、アザールの髪型は「坊主」と言われていますね。

これは、「坊主」なのか?と思いますが。「坊主」のようですが違うんですね。刈りあげてる部分に注目です。

調べてみると刈りあげている部分は、フェードというものらしく、少しずつ長さを変えるといったものらしいですね。

さりげなくお洒落に髪型をしてきているアザール。このさりげなさがいいですね!凄く好感が持てます。

ワールドカップでは、髪型をド派手にしてくる選手は多いですが、アザールのようにシンプルさが新鮮に見えた方々も多かったのでは?

髪の色も変えず、サイドだけ変化をつけてくる選手も珍しいなと思いましたね。

ネイマールなんかは、ワールドカップの初戦と2戦目で髪型変えてきましたからね。

では、アザールは、ワールドカップ前はどのような髪型をされていたのでしょうかね?

伸ばしているイメージはないので、原型はワールドカップのような感じかなと思います。

ワールドカップ前のアザールの髪型は、どんな髪型だったのか?見ていきましょう。


ワールドカップ前のアザールの髪型は、どんな感じだった?

ワールドカップの際は、アザールは先ほどの画像のような髪型ですが、ワールドカップ前のアザールの髪型は、こんな感じでした。

アザール、全然、坊主じゃないですね。ショートヘアで、前髪が長めで少し立たせているような感じですね。

試合だから前髪を立たせているのかもしれませんね。普段は、降ろしているような気がします。

この頃は、刈り上げ、フェードは入れていないようですね。この髪型がアザールのベースとなっていて、ワールドカップの時は、フェードを入れてきたんですね。

アザールなりに髪型をワールドカップモードにしてきたのでしょうね。あのさりげなく変化をつけてきたところが良いですね。

アザールのような顔立ちの方は、この髪型は似合いそうですね。後は、アザールのように髭がある方がこの髪型は似合いそうですね。

このシンプルさが、良いという方も多かったでしょう。髪型で観客の目を引く選手もいますが、アザールは髪型でなくプレーで魅せる選手なので私は好きですね。

若かったころのアザールの髪型は、ちょっとビックリしましたね!なんとツーブロックにしていたのです!

その時の画像があるのか調べてみましたがありませんでした( ;∀;)

恐らく、原型は上の画像で、サイドを刈りあげていたんでしょうね。刈りあげていた部分は、かなり短めにされていたと思われますが、ちょっと画像があれば見てみたいですね。

アザールも自分に合う髪型をわかっていて、ワールドカップでは少しアレンジしてきたのでしょうね。

そのぐらいの方が、ちょうどいいのではないでしょうか?変に、伸ばしてきたり、パーマをかけてくるよりかは。

アザールのように少しだけ変化をしてきた選手もいますし、ド派手にしてきた選手もいますが、ファッション誌『GQ』イタリア版でワールドカップ髪型イケメンベスト5というものを行ったようです。

いったい、誰が選ばれたのかも見ていきましょう!ワールドカップならではの髪型をしてきた選手か?

奇抜な髪型をしてきた選手が選ばれたのか?アザールは選ばれたのか?

ワールドカップ髪型イケメンベスト5に選ばれた5人は?

イタリア誌のファッション誌『GQ』で、2018年ロシアワールドカップにおける最も美しい髪形の選手という企画をやりました。

それでは、選ばれた5人の選手を見ていきましょう。

イングランド代表ルベン・ロフタス=チーク。好青年風と評価。ワイルドな選手で選ばれたのかと思った。昔のアドリアーノに似ているなと思いましたね。

顔立ちなんかそっくりじゃないですか?私だけですかね?

ルベン・ロフタス=チークが、好青年風に見えるのは、お国柄ですかね?私にはわかりませんが。

どう見てもワイルド枠での選出でしょう!

スイス代表ヴァロン・ベーラミ。90年代風と評価されたようだが、イタリアでは、90年代で流行っていたのか?世界中でもだったのでしょうか?

イケメンですが、ワールドカップのこの髪型はどうかと・・・。奇抜な選手を選んだのかな?

トップが金髪なのが気になりますね・・・。

フランス代表のオリヴィエ・ジルー。肉食系男子と評価されたようだが、どこをどう見て、肉食系に見られたのだろうか?

肉食系なら他の選手もいるはずなのに。

髪型は、刈り上げですが、私はジルーの髭があっている選手で入賞したのではないかと思いますが。

アイスランド代表のギスラソン。ベッカムのようだという理由のようだ。顔立ちも似てますしね。

ギスラソンの雰囲気に似合った髪型ですね。本当に遠くから見たらベッカムに見える気がする。

そして、日本代表からもある選手が選出された。そう、槙野智章だ。なぜ?

雑誌の原文そのままです↓

「1960年代ニューヨークの広告業界を描いたテレビドラマ『マッドメン』から飛び出してきたかのようだ。まるで高校の卒業アルバムのようなヴィンテージもののヘアスタイルだ。このルックスが気に入った理由は、このエレガントな東洋のディフェンダーは、同僚の多くが選択した田舎風のヘアカットから、まったくかけ離れていたからだ」

槙野智章のネオ七三ヘアーがランクインするとは!ビックリしましたね。

流石、出世ヘアースタイル。槙野智章のヘアースタイルをしてブレイクした選手もいるほど。

ある意味罰ゲーム的な要素でされたみたいですけどね。槙野智章ヘアーは、このようなところでも出世できるのですね。

恐るべし、槙野智章の七三ヘアー。でも、やる人いるのかな?いる人いたら見てみたいですね。

まとめ。

今回は、ワールドカップロシア大会でのアザールの髪型とワールドカップ髪型イケメン選手について書かせていただきました。

アザールの髪型は、ワールドカップだからと言って大きな変化はなかったですね。フェードといった長さを変えてくらいで良い意味で新鮮でしたね。

本当に、アザールに似合っていましたね。アザールがワールドカップ髪型イケメンに選ばれた方が良かったのでは?

ワールドカップならではの企画をしたイタリア誌の『GQ』も良くここまでされたなといった印象ですね。

一般の方が選ぶ視線と違った視線で選出するあたりは流石ですね!

ワールドカップは、サッカーのプレーだけでなく、こういったことでも盛り上がるので、今後のワールドカップも色々なところで楽しめそうですね!

こちらの記事も読まれています↓

2018ロシアW杯でのネイマールの髪型の変化が凄い!なぜ?

2018年のクリスティアーノ・ロナウドの髪型は、さりげなくお洒落?

本田圭佑の髪型が、メキシコで流行っているの?何が原因?

 



ナイキ、アディダス、プーマなど一流メーカーでサッカーのチームユニフォーム作成は
Football-MAX 実績多数で全品20%OFF~!