長友佑都の無駄のない筋肉は、どうやって手に入れたのか?

とうとう決まりましたね!長友佑都が、ガラタサライに期限付き移籍となりました。

すべては、W杯のためと思われますが、環境が違うところで苦労はするとは思いますが、まずは、試合に出てほしいですね。

コミュニケーションの方は、問題ないと思われますが、ガラタサライのサッカーに適応できるかがポイントになりそうですね。

長年、インテルで戦ってきた長友佑都ですから、対応は上手くできるでしょうね。

スポンサードリンク



いつデビューできるか、わかりませんが、早くデビュー戦を見てみたいですね。後は、怪我だけには気を付けてほしいですね。

そんな長友佑都、ハリルホジッチ監督にとっては、理想の選手?のような気がしますね。

なぜ、そんな風に思っていたかというと体脂肪率のことが大きく関係してますし、あの筋肉の塊のようなボディがそう思わせましたね。

長友佑都の筋肉については、凄い評判がいいみたいですね。いったいどんなことをやってきたのでしょうか?

まずは、簡単に長友佑都の経歴から振り返ってみましょう!

長友佑都は、どんな経歴を歩んできたのか?

長友佑都は、スポーツ一家で生まれたようですね。だから、運動に対して、それほど抵抗なく入り込めたのでしょうね。

長友佑都のサッカー人生は、順風満帆だったのかもしれませんが、そうでもなかったようですね。

小学校6年生の時に、愛媛FCのジュニアユースセレクションに落ちたり、中学では、公立中学だったようで、一時期サッカーを離れたこともあったようですね。

しかし、長友佑都は運がいいことに、良い先生に出会い、再びサッカーを本格的にやるようになった。

今の長友佑都を見ると、そんな感じがしないのですが、そういうこともあったからこそ長友佑都に余計魅力を感じますね。

全国屈指の強豪・東福岡高校では、2年生時にレギュラーにはなったが、全国的には無名の選手であったため、学業が優秀であったことから、指定校推薦で明治大学に進学。

しかし、ここでも挫折が待っていた。椎間板ヘルニアを発症・・・。一時は、荒れていたらしいし、さらには応援団で太鼓をたたいていたことで有名になってしまう。

そんな挫折の中、徐々に長友佑都は活躍し始めて、大学選抜やユニバーシアード代表にも選ばれるようになった。

そして、FC東京との練習試合を経て、その時の活躍が認められて、FC東京に入団。しかも、大学サッカーを辞めての入団。

母を早く楽にさせたかったからという思いからである。そして、FC東京やオリンピック代表、A代表での活躍もあり、2010年にイタリア・ACチェゼーナにレンタル移籍。

なかなか、欧州で日本人が結果を残せていない時であったことと、サイドバックは通用するのかという不安もあったと思いますが、持ち前の明るさと筋肉で主力選手になる。

そして、完全移籍となり、さらには、イタリアの名門・インテルに入団した。そこで、7年間戦い、現在は、期限付き移籍でトルコのガラタサライに移籍する。

結構、特殊な経歴ですよね。長友佑都は、これだけの苦労をしてきたからこそ、人にやさしく、自分に厳しくできるのでしょうね。

スポンサードリンク



新たな地、ガラタサライでの活躍に期待したいですね。

先ほどにも書きましたが、長友佑都が欧州移籍をして、ここまで活躍できた理由は何だったのでしょうか?

性格?適応能力?筋肉?なんなんでしょうかね?いずれも当てはまると思いますが、フフィジカル面が大きかったのかなと思いますね。

特に、イタリアでやるにはフィジカルの強さは外せないですからね。

では、長友佑都の身長と体重のバランスと筋肉量は的確な量なのかを見ていきたいと思います。

長友佑都の筋肉量は多いのか?多すぎないのか?

長友佑都の身長は、168cm、体重は65kgとなっておりますが、身長は日本人の平均身長よりも低いですし、セリエAではさらに低いかもしれません。

しかも、長友佑都のポジションでは、身長が不利に働くので、厳しいといった意見も多いはず。

体重は、65kgなので、身長と体重のバランスは良いと感じれますね。こうみると、筋肉の量も良い具合なのかなと思いますよね?

写真の長友佑都の引き締まった筋肉を見ると、そう思いますよね!体脂肪がない、まさにアスリートの筋肉!

でも、普通に考えたら、これだけの筋肉であれば、もう少し体重があってもおかしくないような気がしますが、どうなんでしょうかね?筋肉がある選手は、体重も多いですからね。

トレーナーの方と相談して、必要な筋肉の量になるようにトレーニングをしていったのですね。筋肉増やし過ぎて、筋肉の重さでダメになることもありますからね。

ぱっと見、そこまで筋肉の量が多いとは思わないですが、一般の方と並ぶとすぐにわかりそうですね。肩幅とか胸板の筋肉が違う!

長友佑都自身、体のキレをなくさないように筋肉の量を考えてやってきた結果が長くセリエAで活躍できていたのでしょうね。

ではでは、長友佑都は、そのような筋肉をどうやって手に入れたのか?見ていきましょう!

長友佑都のトレーニングと言えば、体幹トレーニングですよね?もう知らない人はいないでしょうし、本まで出ていますからね。

体幹トレーニングに加え、チューブを使ったトレーニングまで合わせてやってますからね。普通の筋肉だけを鍛えるトレーニングとは違うようですね。

では、長友佑都の体幹トレーニングは、どのようにやるのかも見ていきましょう!

体幹トレーニングのメリットとしては、普通の筋力トレーニングに比べて、体への負担が軽く、怪我の恐れも少ないこと。

長友佑都が良く行っている?トレーニングの方法を紹介したいと思います。

1. 水平クランチ

これは、有名なトレーニングですね。これ、単純そうに見えて、結構きつい。

両足と上体を持ち上げることにより、腹筋を鍛えるトレーニング。腹直筋を中心に体幹を鍛えることができます。最初は、楽かなと思いますが、回数こなしていくと」腹筋行きますね。

やり方としては、まずは、あおむけになる。両膝を90度に曲げて、両腕は手のひらを下にする。

そのまま、ゆっくりと息を吐きながら両足と両腕を上げる。膝は、90度をキープする。これが、きつい。自分に腹筋がないことを実感・・・。

ここから、3秒姿勢を維持する。そして、戻す。普通の腹筋のように回数をこなすわけではなく、きちっと一回静止することが大切。これは、筋肉付きますよ。

このトレーニングであれば、腰を痛めなくて済みそうですし、しっかりとした筋肉を手に入れることができると思います。

2. バックキック

まずは、四つん這いになり、腕は、肩幅ほどに開きます。

後は、片足ずつ後方に伸ばすだけ。伸ばしきったら、頭から足まで一直線になるように伸ばすこと。

脚は床につくくらいまで戻して、ゆっくりと、また脚を伸ばす。これの繰り返しです。最初は、5秒ぐらいから始めて、徐々に長い時間にしていきましょう。

これも静止の時間が苦しい・・・。慣れるまでの辛抱ですね。脚の筋肉に来ますね。

3. サイドブリッジ

まず、横向きになって、写真のような形をとります。肘を付けてやるのが良いかもしれませんね。

腰を落とさずに、頭から足まで一直線になるように姿勢を保ちます。ここで、ポイントなのは、腹筋に力を入れることを意識してください。しなくても入ると思いますが(笑)

地面に肘をついていない方の腕は、腰に当てる。左右の向きで、それぞれ10秒ぐらい行うのが良いみたいですね。

これは、結構、腹筋にきますね。この3種類だけでもしんどい。筋肉ないですね。

このような体幹トレーニングを行っていたことで、長友佑都は、体幹だけではなく、必要な筋肉をつけることができたのですね。

だから、見た目は、そんなに筋肉の塊といった感じはなく、必要な筋肉がついているのでしょうね。だから、筋肉の重たそうなイメージがなく、無駄のない筋肉がついているのですね。

長友佑都が無駄な筋肉をなくしていることで、あれだけのキレがある動きが出来ているんでしょうね。間違えた筋肉のつけ方をしてもダメなので、正しい筋肉をつけましょうね。

次の戦いの場であるトルコが、どんなリーグかわかりませんが、長友佑都のフィジカルや適応能力があれば活躍できるでしょうね!

こちらの記事も読まれています→長友佑都の体幹チューブトレーニングは体に優しいのか?

スポンサードリンク