なぜ?マンチェスター・シティは板倉滉を獲得したのか?復帰の可能性は?

板倉滉選手が、マンチェスター・シティに移籍が決まった時に「なぜ?」と思われた方が多かったと思われます。

アンダー世代の日本代表に選ばれる選手でありましたが、ビッククラブから声がかかるほど活躍していたわけではないですよね?

このところは、板倉滉選手も認めていました。

青田買いがある欧州のサッカー事情から声がかかったように思えます。

なぜ?マンチェスター・シティは、板倉滉選手を獲得したのでしょうか?

今回は、マンチェスター・シティが板倉滉選手を獲得した理由について書いていきたいと思います。

参考サイト:Ko Itakura – Market value over time | Transfermarkt


2019年1月、板倉滉がマンチェスター・シティに完全移籍!

2019年1月に、板倉滉選手がプレミアリーグの強豪マンチェスター・シティに完全移籍が発表されました。

「なぜ?」と思った人も多かったことでしょう!

それくらいインパクトがあるニュースでしたね。

板倉滉選手の将来性が買われたのか?

それ以外の目的で獲得したのか?

様々な意見が出ていましたが、マンチェスター・シティの本当の目的は何だったのでしょうか?

調べてみました。

なぜ?マンチェスター・シティは、板倉滉を獲得したのか?

マンチェスター・シティが、板倉滉選手を獲得した理由はマーケティングのためでないかと言われています。

アジア戦略の1つとして獲得したのではないかと予想されていましたね。

マンチェスターの地元記者は、

アジア人選手の獲得は、マーケティングの一環として見られる場合もあります。

そういったコマーシャル的な部分もあれば、当然有り難いことです。

ですが、それ以上にシーズンに20から25ゴールを決めてくれる選手であれば、国籍は関係ありません。

引用:なぜマンCは板倉滉を獲得したのか!? クラブの思惑と過去の実例から紐解くリアルな評価【現地発】 | サッカーダイジェストWeb (soccerdigestweb.com)

とコメントしていたようです。

マンチェスター・シティが戦力として考えてくれるような実績がなかったわけなので仕方がないことでしょう。

後は、レンタル先で大きく成長した板倉滉選手を高く売却する目的もあるでしょう。

高く売れれば、そのお金で新戦力獲得ができますからね。

たとえ、売却の対象になったとしても板倉滉選手が望むようなクラブであれば、両者が得する形になるので良いのではないでしょうか?

この形になれば、板倉滉選手のマンチェスター・シティ移籍は成功と言えると思います。

※一番は、板倉滉選手がマンチェスター・シティでプレーすることなのですが、かなり難しいので。

板倉滉選手が李忠成選手との対談で、マンチェスター・シティ移籍の裏話について話していました。

ユース時代からマンチェスター・シティ移籍までのエピソードが聞けます。

意外な一面があり、結構面白かったです。

李忠成選手の話の聞きだし方が上手く、面白き話まで聞き出していましたよ!

板倉滉のマンチェスター・シティ復帰の可能性はあるのか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kou Itakura(@kouitakura)がシェアした投稿

正直、板倉滉選手がマンチェスター・シティに復帰の可能性は低いでしょうね。

契約が2022年6月までなので、マンチェスター・シティは売却するつもりでしょう。

板倉滉選手の市場価値も350万ユーロ(約4億5000万円)と大きく上がっているので、売却するに良いタイミングだと思われます。

しかも、マンチェスター・シティは、ハリー・ケイン選手獲得のための資金を捻出しているようなので売却したいはずです。

放出候補には挙がっていないようですが、板倉滉選手が欲しいというクラブが出てくれば売却はすると思われます。

実際に、板倉滉選手を望むクラブがあるので、マンチェスター・シティから出ていく可能性が高そうですね。

いくつか報道が出ていましたが、どこのクラブが移籍先に挙がっているのでしょうか?

気になる移籍先候補をまとめてみました。

板倉滉の移籍先は?どこのクラブが挙がっているのか?

複数クラブが板倉滉選手の獲得に動いているようですね。

板倉滉選手の気になる移籍先の候補を見てみましょう!

フローニンゲン

 

この投稿をInstagramで見る

 

FC Groningen(@fcgroningen)がシェアした投稿

マンチェスター・シティ移籍後、レンタル移籍で加入したフローニンゲン。

板倉滉選手の再レンタルを望み、マンチェスター・シティに話を持ち掛けているようですが、かなり厳しい様子です。

板倉滉選手自身も、こんなことを言っていましたしね↓

「今より上のクラブでやりたいですし、この1年間(全試合で)使ってもらって、この経験を踏まえた上でさらに自分がどれだけできるのかを試すいいタイミングだと思っている」

引用:マンC復帰なるか? 板倉滉、オランダ1部で全試合フル出場の快挙。来季は「今より上のクラブで」 | フットボールチャンネル (footballchannel.jp)

マンチェスター・シティに戻れなくても、フローニンゲンには戻らないということでしょう。

しかし、何があるのかわからないのが移籍市場なので可能性がゼロでないと思えます。

セルティック

 

この投稿をInstagramで見る

 

Celtic Football Club(@celticfc)がシェアした投稿

横浜F・マリノス前監督のポステコグルー氏がセルティックの監督就任する前後から日本人選手獲得の噂がありましたね。

その獲得リストの中に、板倉滉選手や古橋亨梧選手の名前がありました。

実際に、古橋亨梧選手はセルティック移籍が決まり、公式戦デビューも果たしています!

板倉滉選手は東京オリンピックに出場しているので、大会終了後に具体的な話が出てくると思われます。

報道されている話によると完全移籍ではなくレンタルみたいですね・・・。

マンチェスター・シティは高額のレンタル料を要求しているようで、折り合いがつかない可能性もあり得そうな感じです。

マンチェスター・シティとセルティックの話し合いは水面下で進行中と出ていましたが、どうなのでしょうか?

後、気になるのがセルティックに行くのがステップアップになるのか。

リーグのレベルが下がるのが引っかかりますね。

ガラタサライ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Galatasaray(@galatasaray)がシェアした投稿

2021年7月の終わりに報道されましたね。

現在、起用されているセンターバックに不満を抱いていることから、板倉滉選手をリストアップ。

最近、トルコのクラブが日本人選手獲得に動いていますね。

ガラタサライはリーグ戦の優勝争いや欧州のコンペンションに参加できることは魅力的であります。

ステップアップということを考えれば、移籍先としてアリでしょう。

まだ、東京オリンピックの最中なので、大会終了後に違うクラブから話があると思われます。

その時には、5大リーグから話があるといいですね。

板倉滉選手の実力であれば、5大リーグの下位から中堅のクラブが欲しがるのではないでしょうか?

5大リーグでプレーする板倉滉選手が見てみたいので、移籍先は5大リーグになってほしいですね。

まとめ

マンチェスター・シティが板倉滉選手を獲得した理由と今後の移籍先について書いてみました。

なぜ?だらけの移籍でしたが、マーケティング要員であれば納得の獲得理由です。

高い値段で売却も考えていたと思われるので、売却に成功したら獲得は大成功だったと言えるでしょうね。

移籍先のクラブは3つほど出ていましたが、フローニンゲンは限りなくなさそうです。

現段階ではセルティックとガラタサライが挙がっていますが、東京オリンピック後に違うクラブが名乗り出てくるのではないでしょうか?

板倉滉選手には5大リーグでプレーしてほしいので、5大リーグに移籍してもらいたいですね。

Ko Itakura

板倉滉の年俸推移は?気になる市場価値は、どのくらいなのか?

2021.08.20