なぜ?が多い板倉滉のマンチェスターシティ移籍。理由は何だったのか?

なぜ?この選手は、こんなビッククラブからオファーが来たの?という話は多かったような気がします。

板倉滉がマンチェスターシティからオファーが来て完全移籍をした時は、なぜ?と思われた方は多かったことでしょう。

私も、なぜ、Jリーグでも活躍していない選手を獲得するのだろうと思っていました。

商業目的ではなさそうですし、いわゆる青田買いなのでしょう。

将来性がある有望な若手を買い占めるというやり方ですが、チェルシーやアーセナルがやっていることで有名ですよね?

チェルシーが武藤嘉紀にオファーを出した時は商業的な理由でしたが、断りました。

しかし、板倉滉はマンチェスターシティに移籍を決めました。

なぜ、板倉滉はマンチェスターシティに移籍を決めたのでしょうか?不利な条件が多いのに・・・。

今回は、なぜ、板倉滉がマンチェスターシティに移籍を決めたのかとマンチェスターシティがオファーをした理由について書いていきたいと思います。

まずは、なぜ、板倉滉がマンチェスターシティに移籍を決めたのかについて書いていきたいと思います。


なぜ、板倉滉がマンチェスターシティに移籍を決めたのか?

なぜ?と思う人は多かったことでしょう。私も、その一人でした。

板倉滉が、Jリーグで活躍していて、アンダー世代の代表で凄く活躍していたのであれば納得ですが。

突然、マンチェスターシティからフローニンゲンのマネージング・ディレクターに連絡があったようです。

板倉滉をプレーさせることができるのかと。板倉滉の場合、プレミアリーグでプレーするために必要な労働許可証がないですからね。

フローニンゲンがOKを出したことで実現したようです。

板倉滉もマンチェスターシティに籍を置きながら、フローニンゲンでプレーができるということで即決したことでしょう。

まあ、マンチェスターシティからオファーが来ること自体凄いことなのですが、レンタル移籍のことも聞いていたので安心して決められたと思います。

同じ東京オリンピック世代の堂安律も在籍していることが大きかったでしょう。

なぜ、マンチェスターシティに移籍したのかという疑問よりもレンタル先が重要だったのかなと思いますね。

板倉滉が成長して、マンチェスターシティでプレーできるようになれれば良いですが、マンチェスターシティでプレーするのは厳しいと思われます。

2020年の夏までレンタル移籍ですが、そこまでにマンチェスターシティのメンバーに入れる力を付けるのは難しいかなと思われます。

2019年に結果を出せないようだと、板倉滉はレンタル移籍を繰り返すか、別のクラブを探すしかないです。

別のクラブを探すにしろ、2019年の活躍が必要になってくるので、板倉滉には頑張って欲しいですね。

なぜ、マンチェスターシティに移籍を決めたの?残れないでしょという声を黙らせる活躍を期待したいです。

では、逆に、なぜ、マンチェスターシティは実績がない板倉滉にオファーを出したのでしょうか?

マンチェスターシティが板倉滉にオファーを出した理由について書いていきたいと思います。

なぜ、マンチェスターシティは板倉滉にオファーを出したのか?

板倉滉がマンチェスターシティに移籍を決めたのかは理解できる部分もありますが、なぜ、オファーが来たのでしょうかね?

実績があるわけでもなく、青田買い?のようにも思えますが、どんな目的でマンチェスターシティはオファーを出したのでしょうか?

アジア人選手はイングランドでも人気があるようです。

ソン・フンミンのおかげであると思われますが。アジア人選手の獲得はマーケティングの一環として獲得したようです。

板倉滉は東京オリンピックの代表候補ですし、コパ・アメリカも出場したので知名度は以前よりも上がったことでしょう。

しかし、結果が出ていませんし、アジア限定のマーケティングのような気がします。

ソン・フンミンぐらい結果を出せば、世界的に有名になれますが、それも難しそう・・・。

恐らく、マンチェスターシティのサポーターも板倉滉って誰?というぐらいだったことでしょう。

なぜ、実績のない日本人選手を?と思われたことでしょうね。実際に、マンチェスターシティでもニュースは小さく出ていたぐらいだったそうです。

板倉滉には、そこまで求めていないのでしょうね。マンチェスターシティで活躍できるレベルではないですから。

マンチェスターシティの板倉滉獲得には、もう一つ狙いがあるようです。

マンチェスターシティが展開するCFGグループに移籍をさせる可能性もあるようです。

フローニンゲンで目が出れば欧州での活躍を期待できますが、そうでない場合はCFGグループに加盟するクラブに移籍をさせる狙いがあるようです。

日本で言えば、横浜Fマリノス。アジアで言うと、メルボルン・シティ。アメリカのニューヨーク・シティなど。

こういった狙いがあるからこそ、板倉滉を獲得したようです。こうなってくると、なぜ獲得したのかという答えが出ましたね。

マンチェスターシティとしては青田買いよりも商業目的だったのです。私としては、むしろ逆に、なぜ?と思ってしまいますね。

板倉滉は商業的な目的にはふさわしくなかったなと思います。そちらを目的であれば、久保建英を本気で狙った方が良かったのに。

なぜ?だらけの板倉滉のマンチェスターシティへの移籍ですが、なぜ?と思わせないような活躍に期待したいですね。

マンチェスターシティに残れなくても欧州のクラブでプレーできるぐらいに成長してください!

まずは、フローニンゲンでポジションを取らないとですね。二桁ぐらいは試合出場してくださいね。

まとめ。

なぜ?だらけの板倉滉のマンチェスターシティへの移籍について書いてみました。

なぜ?だらけでしたが、すべて計算しつくされた移籍でしたね。板倉滉にとっても、マンチェスターシティにしても。

両者が納得しての移籍であったので良かったですが、板倉滉にとっては厳しい戦いです。

フローニンゲンで活躍できるかが、今後の未来が決まってしまいます。

活躍できなかった場合は、CFGグループのクラブ移籍となりそうなので阻止しないとですね。

そのためには、2019年が勝負の年になります。フローニンゲンで試合に出られるようになり、スタメンを確保して欲しいですね。

2019年の板倉滉に注目です!

こちらの記事も読まれています↓

板倉滉のポジション、プレースタイルは?適性ポジションは?

安部裕葵がバルセロナ移籍で輝くためには?必要なことは何?

久保建英のドリブル練習は特別なものだったの?それとも普通だったの?

中井卓大の成績は凄いのか?レアルの首脳陣の評価は、どんな感じなのか?

堂安律の移籍先は、プレミアリーグが有力?アヤックスは、どうなったのか?