アルバロ・モラタのプレースタイルは?特徴と弱点は、どこなのか?

ビッククラブに所属をしてきたアルバロ・モラタ

現在は、アトレティコに所属し、フェルナンド・トーレスの後継者とも言われている逸材。

そろそろ、アルバロ・モラタも個人タイトルが欲しいところであると思われます。

名門クラブを渡り歩き、結果を出してきましたが、もの凄いインパクトを残した感じがしません。

アルバロ・モラタはアトレティコで大きな結果を残せることができるのかが注目されるでしょう。

恐らく、アルバロ・モラタはアトレティコの絶対的エース候補でありますし、今までとは違いコンスタントに試合に出られると思うので期待したいです。

今回は、アルバロ・モラタのプロフィールとプレースタイル、ポジションについて書いていきたいと思います。

まずは、アルバロ・モラタのプロフィールから書いていきます。


アルバロ・モラタのプロフィールは?

国籍:スペイン

生年月日:1992年10月23日

出身地:マドリード

身長:189cm

体重:85kg

在籍チーム:アトレティコ・マドリード

ポジション:FW (CF)

背番号:9

利き足:右足

2007年までアトレティコの下部組織で育ち、その後、1年間ヘタフェに在籍。

その後、レアルに移籍し、フベニールCでプレーをしていたようです。

アルバロ・モラタは、ユースの間に移籍をしていたんですね?てっきり、レアルで育ったのかと思いました。

アトレティコに移籍をしたのは、古巣に帰ってきたような感じですね。アルバロ・モラタにとっては良い環境でしょう。

レアルではカスティージャに昇格し、トップチームに帯同していたようです。そこから、トップチームにデビューをしました。

しかも、その時の監督がモウリーニョというのだから不思議。守備的な戦術かですので、アルバロ・モラタのような長身のCFが欲しかったのでしょう。

2012年から正式にトップチーム昇格が決まりましたが、選手層が厚いレアルでは出番がなく、2014年にユベントスに移籍。

アルバロ・モラタはユベントス移籍でコンスタントに試合に出場し、ある程度の結果を残しました。

守備の国イタリアで、それなりに結果を出せたことは、アルバロ・モラタにとって自信がついたでしょう。

そして、2016年にレアルに復帰し、リーグ戦15得点を挙げる活躍を見せ、これでレアルに定着化と思われたが、今度はプレミアリーグの名門チェルシーへ移籍。

名門続きで移籍が決まるアルバロ・モラタも凄いですね!

チェルシーでも活躍したアルバロ・モラタは、2019年の冬にアトレティコにレンタル移籍となったが、夏に完全移籍が決まり、ようやく落ち着いた所。

アルバロ・モラタも様々な国のサッカーを体験してきたので、プレースタイルなども変わってきたことでしょう。

ポジションもCFとなっていますが、ポジションに拘らないようなプレースタイルを披露してくれるのではないかと期待しています。

では、アルバロ・モラタのプレースタイルとポジションについて書いていきたいと思います。

アルバロ・モラタのプレースタイルとポジションは?

ビッククラブを渡り歩いてきたアルバロ・モラタのプレースタイルとポジションは、どうなのでしょうか?

まず、ポジションですが、CFですね。長身であり、ターゲットになれる選手です。

アルバロ・モラタのプレースタイルというと、どんな感じなのでしょうか?

アルバロ・モラタのプレースタイルの動画を見てみたいと思います。

アルバロ・モラタのプレースタイルの動画を見ていると、前線のターゲットらしいプレースタイルですね。

ただ、CFのポジションに拘っているのではなく、左サイドのポジションからチャンスメークもしています。

アルバロ・モラタのプレースタイルの特徴は、長身を活かしたヘディングでしょう。

相手DFの死角を取り、角度を変えるヘディングは魅力です。アルバロ・モラタのヘディングは厄介ですね。

打点が高いですし、コースも狙ってくるのでDFは体を寄せて自由にさせないようにしないとやられます。

後は、先ほど書いたように、左サイドのポジションからドリブル突破でチャンスメークできるのも大きいですね。

CFのポジションの選手ではないようなボールタッチで前線にボールを運んでくれます。

プレースタイルの動画を見ていると、アルバロ・モラタは長身でありながら、スピードがあるのも魅力的です。

アルバロ・モラタのプレースタイルを見ていると、ポジションはCFですが、プレースタイルは何でもできるといった感じがしますね。

総合力が高いストライカーであると言えます。しかし、そんなアルバロ・モラタのプレースタイルにも弱点がありますね!

次は、アルバロ・モラタのプレースタイルの弱点について書いていきたいと思います。

アルバロ・モラタのプレースタイルの弱点とは?

アルバロ・モラタのプレースタイルの特徴を見ていると、CFのポジションの選手としては申し分ないと思われます。

しかし、プレースタイルの動画を見ていると、フィジカルは強くはないですね。

弱くもないのですが、どっしりと構えるようなCFではなく、自由に動き回り、ターゲットになるといった感じです。

サイドに流れて、チャンスメークができるのは強みですが、ポストプレーとなると弱い気がしますね。

その弱点をカバーするのには、サイドに流れて起点になるのは良いと思われますが、もう少しポストプレーができると良いと思います。

アトレティコの場合は、2トップだと思うので、ポストプレーは多く求められないと思いますので、アルバロ・モラタのプレースタイルを活かせるかもしれません。

後は、プレースタイルの動画には出ていませんが、結構、決定機を外すのが、アルバロ・モラタ。

イージーミスが目立つので、それが減っていけば得点数は増えていくでしょう。

触れば、ゴールのところでミスをしたりしています。これが続くようだと、スペイン代表も危ないかもしれませんね。

アルバロ・モラタは能力が高い選手ではありますが、少々改善していかないとアトレティコでも苦しむことになるかもしれませんよ。

年齢的にも中堅以上のアルバロ・モラタにはチームを引っ張る役目も期待されていると思いますので、きちんと結果を出してチームを引っ張っていってほしいものです。

まとめ。

今回は、アルバロ・モラタのプロフィールとプレースタイル、ポジションについて書いてみました。

ユース時代から移籍が多かったアルバロ・モラタ。様々なクラブのサッカーを経験してきたからこそ、今のプレースタイルがあるのでしょう。

長身で、足元もある現代的な選手ですが、イージーミスを減らして、リーガの得点王争いに名乗り出て欲しいです。

今シーズンのアトレティコは新しいチームになっているので、アルバロ・モラタにかかる期待は大きいです。

結果を出しながら、チームを引っ張っていって欲しですね。

こちらの記事も読まれています↓

ジョアン・フェリックスのプレースタイルやポジションは?特徴や弱点は?

ダニ・セバージョスのプレースタイルは?特徴と大きな弱点は何?

アントニー・マルシャルのプレースタイルは?ポジションはFWなの?

マリオ・ゲッツェのプレースタイルの特徴は?適切なポジションは?

三好康児のポジション、プレースタイルは?日本代表に定着できる?

安部裕葵のプレースタイルとポジションは?適性ポジションはどこ?