アントニー・マルシャルのプレースタイル、ポジションは?歴代背番号は?

マンチェスター・ユナイテッドの攻撃をけん引するアントニー・マルシャル選手。

モナコから移籍が決まった時は批判されていましたが、結果を残し、周囲を黙らせましたね!

そんなアントニー・マルシャル選手は、どんなプレースタイルが持ち味でメインポジションは、どこなのでしょうか?

気になるクラブ、フランス代表での歴代背番号は何番だったのでしょうか?

今回は、アントニー・マルシャル選手のプレースタイル、ポジション、クラブ、フランス代表での歴代背番号について書いていきたいと思います。

参考元:https://www.transfermarkt.com/anthony-martial/profil/spieler/182877


アントニー・マルシャルのプレースタイル、ポジションは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anthony Martial(@martial_9)がシェアした投稿

アントニー・マルシャル選手のメインポジションはセンターフォワード。

そのほかには、左右のウイング、セカンドストライカーで起用されたこともあります。

攻撃的なポジションであれば、どこでもできると言えるでしょう。

そんなアントニー・マルシャル選手ですが、どんなプレースタイルが持ち味なのでしょうか?

アントニー・マルシャル選手のプレースタイルの特徴を挙げると、

  • ドリブル
  • 決定力の高さ

が挙げられると思います。

ドリブル

アントニー・マルシャル選手のドリブルは派手さはないですが、切れ味は抜群!

一瞬の加速とコース取りの上手さで抜いている印象が強いです。

ボールタッチが細かく、ディフェンダーが取れそうで取れない場所にボールを置くので、ディフェンダーとしては嫌な存在。

ボールを取れると思って足を出しても逆を突いて抜いてくるので、下手に飛び込めないですね。

取れそうで取れない、アントニー・マルシャル選手のドリブルです↓

決定力の高さ

アントニー・マルシャル選手の決定力が年々上がってきています。

マンチェスター・U加入時の成績を見てみましょう。

  • 2015-2016:公式戦18得点
  • 2016-2017:公式戦8得点
  • 2017-2018:公式戦11得点
  • 2018-2019:公式戦12得点
  • 2019-2020:公式戦23得点
  • 2020-2021:公式戦7得点

※2020-2021シーズンはフランス代表での活動中に怪我をし、シーズン3分の1を棒に振りました。

アントニー・マルシャル選手の決定力は年々上がってきていますね。

モウリーニョ監督時代(2016-2017)は出番が少なく結果を残せませんでしたが、それ以降は成績は上がっていますね。

特に2019-2020シーズンは、キャリアハイの23得点を挙げる大活躍!

センターフォワードのポジションにコンバートが大きな要因だと考えられます。

真ん中で待っていても良し、左サイドに流れてカットインをしても良し、自由が与えられたことが大きいのでしょう。

また、ラッシュフォード選手との関係性も良好ですし、ブルーノ・フェルナンデス選手の加入も大きかった!

今後は、アントニー・マルシャル選手の大量得点が期待できますし、得点王も見えてくると思われます。

クリスティアーノ・ロナウド選手加入で出番が少なくなりそうなアントニー・マルシャル選手。

マンチェスター・ユナイテッドもターンオーバーしなければ、長いシーズン戦えないので出番はやってくるはずです。

その時に活躍できるのかが大きなポイントになりそうですね。

アントニー・マルシャルの弱点は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anthony Martial(@martial_9)がシェアした投稿

アントニー・マルシャル選手の弱点は守備をしないことですね。

アントニー・マルシャル選手は守備をしないということで注目を集めてしまいました。

こんな記事も出ていました↓

前線から守備をするわけでもなく、攻撃時に味方を活かすフリーランニングもほとんど行うことがないのだ。自分がボールを持っている時以外は、ただ最前線を彷徨うだけ。昨季途中には、その様子に関して英『DAILY STAR』から「ベテランで9番タイプのエディンソン・カバーニがあれほど動くのに、マルシャルは何をしているのかわからない」という痛烈な批判を浴びたことも記憶には新しい。

引用:なぜマルシャルは走らない マンUの前線で動かぬ男の謎|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう! (theworldmagazine.jp)

どっしりと構えるセンターフォワードの選手でないので批判されてしまいましたね・・・。

Twitterでも「マルシャル 守備しない」で検索すると多くヒットします。

点を取っていれば、ここまでたたかれないのですが、それもできていないので仕方がないですよね?

現代サッカーでは前線の選手にも守備が要求されるので、アントニー・マルシャル選手にも守備をしてほしいものです。

せめて走らないと言われないぐらい走ってほしいですね。

そうすれば、サポーターの見方も変わってくるでしょうね。

今後、アントニー・マルシャル選手が守備、味方のために走れるようになるのか?見ていきましょう!

アントニー・マルシャルのクラブ、フランス代表での歴代背番号は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anthony Martial(@martial_9)がシェアした投稿

アントニー・マルシャル選手は、COレ・ジュリスでキャリアをスタートし、2009年にリヨンユースに加入。

各カテゴリーを駆け上がり、2012-2013シーズンにトップチームデビュー!

その後、モナコに移籍し、2015年にマンチェスター・ユナイテッドに加入。現在も在籍しています。

では、各クラブ、フランス代表での歴代背番号は何番だったのでしょうか?

オリンピック・リヨン

オリンピック・リヨンでの歴代背番号です↓

シーズン背番号
2012-201326、33、50

アントニー・マルシャル選手は、2009年にオリンピック・リヨンユースに加入しました。

2012年12月6日に行われたヨーロッパリーグのハポエル・イロニ・キリヤット・シュモナ戦でトップチームデビュー。

翌年の2月3日に行われたACアジャクシオ戦でリーグ戦デビューを果たしています。

オリンピック・リヨンでの成績

  • 2012-2013:公式戦4試合0得点0アシスト

モナコ

モナコ時代の歴代背番号です↓

シーズン背番号
2013-201523
2014-20169

2013年6月にモナコに加入したアントニー・マルシャル選手。

このシーズンは、ラダメル・ファルカオ選手やハメス・ロドリゲス選手といった実力者が多かったモナコ。

その中で、加入1年目から試合に出場できたことは良かったことと思われます。

2年目の2014-2015シーズンは実力を発揮し、公式戦2桁得点を記録!

このシーズンの活躍で、アントニー・マルシャル選手は名門マンチェスター・ユナイテッド移籍を勝ち取りました。

  • 2013-2014:公式戦15試合2得点1アシスト
  • 2014-2015:公式戦48試合12得点5アシスト
  • 2015-2016:公式戦7試合1得点2アシスト

マンチェスター・ユナイテッド

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anthony Martial(@martial_9)がシェアした投稿

シーズン背番号
2015-20169
2016-201911
2019-9

マンチェスター・ユナイテッドへの移籍金が凄すぎて大きな話題となりました!

移籍金は3600万ポンド(約68億円)から最大5800万ポンド(約105億円)まで変動があるということでしたが、こんな契約内容でした。

  1. 4シーズンで25ゴール以上を決める。
  2. 4シーズンのうちにフランスのフル代表で25試合以上に出場する。
  3. 2019年6月までにバロンドールを受賞する。

引用元:Revealed: The exact clauses in Man United’s deal to sign Anthony Martial – Daily Star

各項目をクリアすると、720万ポンド(約13億円)支払うという内容でした。

3番は条件が厳しすぎますよね?そうなってほしいという願望で内容に盛り込まれた感じがします。

アントニー・マルシャル選手は加入1年目から多くの出場機会を得て、公式戦17得点を記録しました。

翌シーズンは、モウリーニョ監督が就任し、出番が激減・・・。

監督交代後にアントニー・マルシャル選手は復活して、2019-2020シーズンにはキャリアハイの23得点を記録しています。

ポジションも左ウイングからセンターフォワードにコンバートしたことも大きかったことでしょう。

アントニー・マルシャル選手をはじめ、素晴らしいタレントが揃うマンチェスター・ユナイテッド。

そろそろ、リーグ優勝を果たしたいと思っているでしょう。

そのためには、アントニー・マルシャル選手が得点王争いを演じるぐらいでないといけないと思われます。

※2021年夏にクリスティアーノ・ロナウド選手が加入し、アントニー・マルシャル選手の出番が減少・・・。

得点王争いを演じるどころではなくなってしまいましたね。

マンチェスター・ユナイテッドでの成績

  • 2015-2016:公式戦49試合17得点9アシスト
  • 2016-2017:公式戦42試合8得点8アシスト
  • 2017-2018:公式戦45試合11得点9アシスト
  • 2018-2019:公式戦38試合12得点3アシスト
  • 2019-2020:公式戦48試合23得点12アシスト
  • 2020-2021:公式戦36試合7得点9アシスト

フランス代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Anthony Martial(@martial_9)がシェアした投稿

フランス代表での歴代背番号です↓

シーズン背番号
2011-2012
(U-17)
14
2013-2014
(U-19)
14
2013-2014
(U-21)
9、11、19
2015-201711
2020-20219、10、11、18、19、20

アントニー・マルシャル選手は世代別のフランス代表でプレーし、2015年9月4日に行われた国際親善試合のポルトガル戦でA代表デビュー。

EURO2016に出場しましたが、ワールドカップロシア大会では予備登録メンバー入りで終わってしまいました。

ワールドカップ後、フランス代表に選出されていませんでしたが、2020年UEFAネーションズリーグで復帰しました。

EURO2020での活躍が期待されましたが、膝の怪我で出場することができず・・・。

しっかり治して、ワールドカップカタール大会を目指してほしいですね。

まとめ

今回は、アントニー・マルシャル選手のプレースタイルとポジション、クラブ、代表での歴代背番号について書いてみました。

ポジションが変わったことで自由が与えられ、プレースタイルが生きていると思われます。

アントニー・マルシャル選手には多くの得点をあげてもらい、マンチェスター・ユナイテッドのリーグ優勝に貢献してほしいですね。

Marcus Rashford

ラッシュフォードのプレースタイル、ポジションは?歴代背番号は?

2021.11.07