カゼミーロのプレースタイルの特徴は?凄さは、ドコ?

攻撃的なサッカーを披露するレアル・マドリードに欠かせない選手といえば、カゼミーロ

中盤の底で、防波堤となり敵の攻撃を食い止めてくれます。

カゼミーロがいないと、レアル・マドリードは機能しなくなるといっても過言でないほど。

レアル・マドリードだけでなく、ブラジル代表でも不動の存在であるカゼミーロのポジション、プレースタイルについて書いていきたいと思います。

まずは、カゼミーロのプロフィールから見ていきましょう。


カゼミーロのプロフィール。

と。

本名:カルロス・エンリケ・ジョゼ・フランシスコ・ヴェナンシオ・カジミーロ

国籍:ブラジル、スペイン

生年月日:1992年2月23日(28歳)

出身地:サン・ジョゼ・ドス・カンポス

身長:184cm

体重:80kg

在籍チーム:レアル・マドリード

ポジション:MF (DMF, CMF) / DF (CB)

背番号:14

利き足:右足

2010-2013:サンパウロ

2013:→ レアル・マドリード B (loan)

2013:→ レアル・マドリード (loan)

2013-:レアル・マドリード

2014-2015:→ ポルト (loan)

カゼミーロは幼少期にサンパウロの下部組織に入団。

順調に各カテゴリーを駆け上がり、2010年7月にトップチームでデビュー。

デビューした2010年は18試合に出場。2011年は21、2012年は21試合と微妙に増加。

2013年冬に、レアル・マドリードへ移籍。この時は、カスティージャに在籍することに。

15試合に出場し、2013年6月に買い取りが決まり、トップチームに登録されました。

2014-2015シーズンには、ポルトガルのポルトへレンタル移籍。

この時には、レアル・マドリードが買い戻しができるというオプションを付けていたようです。

2014-2015シーズンに、レアル・マドリードへ復帰をし、23試合に出場。その後、レギュラーとして活躍しています。

今では、カゼミーロなしでのレアル・マドリードは考えられないといっていいほどの存在。

カゼミーロのポジション、プレースタイルは?

カゼミーロのポジションですが、中盤の底のポジションが本職。

守備的なポジションであれば、できるようですが、アンカーが1番適していると思われます。

カゼミーロのプレースタイルの特徴としては、

・フィジカルの強さ

・意外とすごいミドルシュート

があげられると思います。

フィジカルの強さと危険察知能力の高さ

カゼミーロは自慢のフィジカルを生かしたボール奪取が持ち味。

カゼミーロのフィジカルが強いこともありますが、体の当て方がうまい。

また、相手との駆け引きがうまく、間合いに入ってくるタイミングを見計らってボールを奪いに行きます。

体を当てて奪いに行くこともあれば、スライディングや足を出して奪います。

カゼミーロのボール奪取はきれいに奪うので、相手にしたら嫌な選手ですよね?

そんな、カゼミーロのボール奪取のシーンをまとめた動画を載せてみました。

意外とすごいミドルシュート

カゼミーロのプレースタイルというと、守備をイメージしがちですが、ミドルシュートも意外とすごい。

基本的に高いポジションにはいないカゼミーロですが、チャンスがあれば見事なミドルシュートを叩き込みます。

カゼミーロの素晴らしいミドルシュートの動画です↓

守備的なポジションの選手が、ミドルシュートで攻撃に厚みをもたらせてくれるとありがたいことです。

※後方からパスを引き出したり、効果的な縦パスを入れることは苦手のようです。

色気づいて攻撃参加が増えていたこともあるようですが、ほどほどにですね。

カウンター時にバランスが崩れ、やられてしまうので・・・。

まとめ。

今回は、カゼミーロのポジション、プレースタイルについて書いてみました。

守備職人として世界レベルの実力を持っています。

攻撃的なレアル・マドリード、ブラジル代表には欠かせない存在で、不在時には苦労をしているようです。

ポジション上、地味なプレースタイルですが、ボール奪取のシーンは見所です。

試合の時は、カゼミーロのボール奪取、カバーリングのシーンを注目してみると楽しめると思います。

こちらの記事も読まれています↓

エンゴロ・カンテの背番号の拘りは?プレースタイルは?