カバーニのプレースタイルは?下手と言われる理由は?

マンチェスター・Uに移籍をし、注目を集めるカバーニ

「エル・マタドール(闘牛士)」と呼ばれており、世界屈指の点取り屋として地位を築いております。

そんな点取り屋のカバーニですが、どんなプレースタイルなのでしょうか?

見た目は、パワー系のフォワードのような感じがしますが、実際は、どうなんでしょうか?

今回は、カバーニのプレースタイルについて書いていきたいと思います。

まずは、カバーニのプロフィールについて書いていきます。


カバーニのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Primer entrenamiento en el @manchesterunited !!!!! First training session with @manchesterunited !!!!! #MUFC ⚽🔴

Edinson Cavani(@cavaniofficial21)がシェアした投稿 –

生年月日:1987.02.14

身長:184cm

体重:71kg

出身地:サルト(ウルグアイ)

利き足:右足

【リーグ戦記録】
2005-06 ダヌービオ(ウルグアイ) 10試合・4得点
2006-07 ダヌービオ(ウルグアイ) 15試合・5得点
2007Jan. パレルモ(イタリア) 7試合・2得点
2007-08 パレルモ(イタリア) 33試合・5得点
2008-09 パレルモ(イタリア) 35試合・14得点
2009-10 パレルモ(イタリア) 34試合・13得点
2010-11 ナポリ(イタリア) 35試合・26得点
2011-12 ナポリ(イタリア) 35試合・23得点
2012-13 ナポリ(イタリア) 34試合・29得点
2013-14 パリ・サンジェルマン(フランス) 30試合・16得点
2014-15 パリ・サンジェルマン(フランス) 35試合・18得点
2015-16 パリ・サンジェルマン(フランス) 32試合・19得点
2016-17 パリ・サンジェルマン(フランス) 36試合・35得点
2017-18 パリ・サンジェルマン(フランス) 32試合・28得点
2018-19 パリ・サンジェルマン(フランス) 21試合・18得点
2019-20 パリ・サンジェルマン(フランス) 14試合・4得点
2020-21 マンチェスター・U(イングランド)

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/416326.html

ウルグアイのダヌービオでプロデビューを果たしたカバーニ。

イタリアで行われたビアレッジョ・トーナメントで、イタリアの名門インテルが、カバーニを獲得に動いたのですが、移籍金が高く獲得できず。

その後、カバーニ獲得に、レアル、ユベントス、PSV、パレルモが獲得に動き、パレルモに移籍。

カバーニは良い選択をしました。

移籍2年目には、サイドのポジションで起用され、プレースタイルが活かされずに活躍できず。

翌年は、2トップや3トップの真ん中のポジションでプレーでき、カバーニ本来のプレーが戻ってきました。

2010-2011シーズンには、ナポリにレンタル移籍をし、26ゴールを挙げる活躍!

カバーニの活躍で買取オプションが行使され、ナポリへ完全移籍が決まる。

2012-2013シーズンには、29ゴールを挙げ、得点王に輝きました。

2013-2014シーズンには、フランスの強豪PSGに移籍。

レアル、マンチェスター・C、チェルシーなどの名門クラブからオファーがあったのに残念。

ちょっと、都落ちした感じがありましたが、カバーニの活躍は変わりません。

2016-2017シーズンには得点王に輝きましたが、PSGではポジション争いが激しくなり、新加入のイカルディにポジションを奪われてしまいました。

様々な移籍の噂が飛び交いましたが、最終的にマンチェスター・Uへ移籍をすることになり、エースナンバー「7」を背負うことに。

直近では、「7」番を背負うと活躍できない選手が多く、カバーニは打ち破れるのか?注目しています。

カバーニのプレースタイルの特徴とは?

カバーニのプレースタイルの特徴ですが、

・得点パターンが豊富

・相手DFの裏を取る動き

・豊富な運動量

の3つが挙げられると思われます。

得点パターンが豊富

得点力の高さも魅力ですが、カバーニの場合、得点パターンが多いことが素晴らしいですね。

多少、ボールがずれたとしてもカバーニの場合は上手く合わせてくれますので、パスを出す味方としては有難い選手ですね。

また、凄くボールコントロールが上手いわけではないですが、南米の選手らしくボールコントロールもある程度上手いですね!

カットインからのシュートもできますし、ペナルティエリア内外関係なく要注意しなければなりません。

特にペナルティアリア内では、カバーニを逃さないようにしないといけませんね。

カバーニの得点パターンの豊富さがわかる動画です↓

相手DFの裏を取る動き

カバーニのプレースタイルを見ていると、相手ディフェンダーの裏を取る動きが上手く、常に狙って動いています。

そうすることによって、相手ディフェンスを混乱に陥れ、尚且つ、自分自身のマークをはがすプレーを繰り返しています。

こういった動きを連続していることで、得点を大量に取ることができるのですね!

「エル・マタドール(闘牛士)」と言われる所以ですね。

※上に載せた動画で、相手DFの裏を取る動きの凄さがわかります。

豊富な運動量

運動量も豊富で、味方にスペースを作ってくれたり、前線からのプレスもしてくれますので、チームとしては有難い存在。

特に、前線からのプレスは素晴らしい。

パスコースを限定してくれるのと、味方が陣形を整える時間を作り出してくれます。

こういった献身的なプレースタイルを持つカバーニは、素晴らしいフォワードの選手だといえます。

カバーニのプレースタイルは現代サッカーに適したセンタフォワードだと思われますが、良くない話もあります。

カバーニは、下手という話も出ています。何故、カバーニは下手と言われているのでしょうか?

カバーニが下手と言われている理由とは?

カバーニのプレースタイルの動画を見る限りでは下手とは思えませんが、何故、下手と言われているのでしょうか?

プレースタイルの問題ではなく、無人のゴールに流し込むだけのシュートを外していることから言われているようです。

こんなシーンです↓

カバーニが外した瞬間、味方選手もあきれた感じでしたね。

結構、難しいシュートは決めてくれますが、こういった形を外してしまうと痛い。

こういったシュートを決めていれば、カバーニは何得点挙げられていたのでしょうか?

考えると恐ろしいです。

まとめ。

今回は、カバーニのプレースタイルについて書いてみました。

理想的なセンターフォワードで、カバーニがいれば大丈夫!と言ったところでしょうか?

無人のゴールを外すこともあり、下手と言われてしまいますが、それを差し引いても素晴らしいストライカー。

新天地マンチェスター・Uで何得点挙げてくれるのか?今から楽しみです。

こちらの記事も読まれています↓

カバーニの年俸の推移は?各クラブでの成績は?