クリスティアーノ・ロナウドのPKがトリックと話題に!反則にならないのか?

クラブ、代表でPKのキッカーを務めるクリスティアーノ・ロナウド選手。

キッカーを任されているということは信頼されている証拠!

それに自身も得点数を稼ぐのに大きなチャンスですので蹴りたがっていることでしょうね。

ある試合でクリスティアーノ・ロナウド選手のPKが大きく取り上げられていました。

クリスティアーノ・ロナウド選手のPKがトリック!ということで大きな話題となっていましたね!

踏み込んだ瞬間、ボールが浮いていたようですが、反則にはならないのでしょうか?

今回は、クリスティアーノ・ロナウド選手のPKは反則にならないのか?について書いていきたいと思います。

※クリスティアーノ・ロナウド選手の成功率について追記しました!


クリスティアーノ・ロナウドのPKがトリックと話題に!

2017-2018シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでのことでした。

決勝トーナメント1回戦パリ・サンジェルマン戦のPKの場面で触っていないのに浮いているということで話題になりました。

クリスティアーノ・ロナウド選手が踏み込んだ瞬間にボールが浮いていたのです!

このトリックについて、イギリス紙『ザ・サン』は原因を園芸師に聞いたようです。

「軸足で芝生の下の水分を押し出し、ピッチがふくらんだためではないか」

引用:PKなのにボレー!? C・ロナウドのキックが話題に…元同僚「ずっと練習していたよ」 | ゲキサカ (gekisaka.jp)

という答えが出てきたようです。

同僚だったリオ・ファーディナンド氏は、

「ユナイテッドの時から練習していたよ。わざとかどうかは分からないけどね」

引用:PKなのにボレー!? C・ロナウドのキックが話題に…元同僚「ずっと練習していたよ」 | ゲキサカ (gekisaka.jp)

と話していました。

普通に考えたら、踏み込んだ時にボールが浮くことは考えられませんが、クリスティアーノ・ロナウド選手の筋力ならあり得るかもしれませんね。

このトリックのようなPKですが、反則にはならないのでしょうか?

調べてみました!

クリスティアーノ・ロナウドのトリックPKは反則にはならないのか?

クリスティアーノ・ロナウド選手のPKは反則になりません!

PKの際のキッカーの禁止事項は、

・フェイント

助走の段階でのフェイントは認められています。しかし、助走が完了しボールを蹴る際のフェイント(キックフェイント)は禁止であり警告(イエローカード)となります。

・二度蹴り

フリーキックなど試合再開方法のすべてに共通する事で、同じ選手が連続してボールに触れることは反則となります。このとき、相手チームに間接フリーキックが与えられます。

引用:サッカーPKのルールを解説!キックフェイントはあり?やり直しとは? (spojoba.com)

クリスティアーノ・ロナウド選手のPKの場合はフェイントをかけているわけではないので大丈夫のようですね。

あるとすれば、二度蹴りだと思われますが、動画を見るとしていないことがわかります↓

※3分50秒あたりからPKのシーンです!

踏み込んだ足はボールに当たっていませんし、こちらも問題になりませんね。

しかし、踏み込んだ時にボールが浮くなんてありえないですね。

それにしても浮いたボールを良くコントロールしていますよね?

抑えて、ゴール右隅に突き刺すことは難しいはず。

浮くとわかっていればできるかもしれませんが・・・。

リオ・ファーディナンド氏が言うように練習からやっているのか?気になるとことですが、そのようなシーンは見つからず。

この試合はボールが浮いていますが、直近の試合では浮いているのか?気になったので調べてみました。

少し古いですが、2019-2020シーズンのミラン戦でのPKを見てみましょう↓5分過ぎからです。

足元がアップされているシーンを見ると、ボールは浮いていません。

たまたま、あの試合で浮いただけかもしれません。

それとも見逃しているだけかもしれないので、クリスティアーノ・ロナウド選手のPKのシーンには注目していきたいと思います。

クリスティアーノ・ロナウド選手のPKのシーンは、ボールが浮いているのか?チェックしてみると面白いかもしれませんね。

クリスティアーノ・ロナウドのPKの成功率は高いのか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Cristiano Ronaldo(@cristiano)がシェアした投稿

クリスティアーノ・ロナウド選手のPK成功率は高いようですね!

2020-2021シーズンのPK成功率を計算してみました。

transfermarktのデータを参照しました。

14回蹴って、12回成功しているので成功率は85.7%。(クラブ、代表戦の合計で計算。)

PKの成功率の平均が80%と言われているので、クリスティアーノ・ロナウド選手の成功率は高いと言えるでしょう!

2018-2019、2019-2020シーズンのPK成功率も見てみましょう!

2018-2019シーズンは、10回蹴って、9回成功しているので90%。

2019-2020シーズンは、16回蹴って、14回成功しているので87.5%。

PKの成功率は高いですね!

これなら安心して、キッカーを任せられます。

任せられなくても、クリスティアーノ・ロナウド選手が蹴りに行くと思われますが・・・。

今後も多くのPKを蹴ると思われます。

クリスティアーノ・ロナウド選手のPK成功率は話題にもなるので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は、クリスティアーノ・ロナウドのトリックPKは反則にならないのか?とPK成功率について書いてみました。

フェイントをかけているわけことと2度蹴りしていないので反則にはなりません。

一瞬、2度蹴りしているのでは?と思いましたが、そうではなかったですね。

PK成功率に関してですが、平均以上の成功率なので大きな問題はないと思われます。

トリック、成功率で注目されるクリスティアーノ・ロナウド選手のPK。

今後は、どんなことで注目されるのでしょうか?

クリスティアーノ・ロナウド選手のPKに関しての報道に注目してみましょう!

クリスティアーノ・ロナウドのゴールパフォーマンスの誕生秘話は?意味は?

2021.07.12