ヴァーディと岡崎は仲が良い?ピッチ内外では?

レスターのプレミアリーグ優勝の際には際立っていたジェイミー・ヴァーディと岡崎慎司のコンビ。

ジェイミー・ヴァーディと岡崎慎司のコンビネーションは良く、互いに自分がすべきことを理解してプレーしていたように思えます。

引用:https://www.football-zone.net/archives/87651

基本的には、ジェイミー・ヴァーディがゴールを決める役。

岡崎慎司が潰れ役やボールをつなぐ役割といた感じで、レスターの攻撃を引っ張っていました。

岡崎慎司がいないと、ジェイミー・ヴァーディが輝けないというような状況であったと思われます。

試合でのコンビネーションは抜群でしたが、プライベートでは仲が良かったのでしょうか?

今回は、ジェイミー・ヴァーディと岡崎慎司の仲について書いていきたいと思います。


ジェイミー・ヴァーディと岡崎慎司は仲が良かったのか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jamie Vardy(@vardy7)がシェアした投稿

ゴール後の抱擁シーンでしょうね。

これだけで仲が良いのかは判断できませんが、仲は良かったほうではないかと思っています。

「5人制サッカー夢のチーム」という企画で、ジェイミー・ヴァーディが岡崎慎司を選出したことがありました。

理由は、

「彼は前線から守備をする。全ての試合で110%なんだ」

引用:バーディは岡崎大好き!? ”レスター夢の5人”にカンテとマフレズ外して相棒をチョイス「彼は常に110%」

岡崎慎司の献身的な動きを評価してくれたことがうれしいですね。

プライベートでの画像はなかったので、プライベートを共にする仲ではないようです。(たぶん)。

ジェイミー・ヴァーディのInstagramはコチラ

ヴァーディを擁護した岡崎慎司

この事件なんですが、レスター市内のカジノで日本人客に、「ジャップ」と連呼していたようです。

ヴァーディ自身、「ジャップ」が差別用語とは知らずに使っていたようですね。

※後日、日本人の方に直接謝罪をしました。

この事件後、ヴァーディは岡崎慎司にも謝罪をしていたようです。

この問題に対して、岡崎慎司は、

「自分が直接言われたわけではないので、この件についてコメントするのはむずかしい。その場に居たわけではないので、どういう状況でその言葉が出たのか判断できない」

「言えることは、ジェイミーは心から反省していて、罰も受けている。だから、この一件はこれで終わりにしてフットボールに集中したい」

「個人的には、ジェイミーといい関係を築けていると思っている。冗談を言い合うし、彼はいい奴だよ。ピッチでも、息が合っていると思う。2点目につながったプレーは、ジェイミーと自分の相性の良さを示している」

引用:岡崎が人種差別発言のヴァーディーについて言及「彼はいい奴だよ」

その場にいたわけではないようなので、変なことは言えませんよね?

ヴァーディを擁護しているあたり、流石!としか言いようがないです。

フットボールに集中したいという発言は本音だったでしょうね。いい加減にしてくれと思っていたことでしょう。

2人のコンビネーションは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jamie Vardy(@vardy7)がシェアした投稿

ジェイミー・ヴァーディと岡崎慎司のコンビは今でも高く評価をされています。

「ジェイミー・ヴァーディのバットマンにとってのロビンだった」

引用:岡崎慎司、レスター時代の功績に海外脚光 ヴァーディの“名相棒”を回想「ロビンだった」

上手いこと書きますね!

本当に、この通りであったと思われます。

岡崎慎司は前線から守備をすることだけでなく、ダイアゴナルランで相手DFを混乱させてくれました。

岡崎慎司が前線で献身的な動きをしてくれることで、ジェイミー・ヴァーディは点を取ることに専念できたのではないかとみています。

優勝したシーズンですが、ゴール数を見てみると、

  • ジェイミー・ヴァーディ:24得点
  • リヤド・マフレズ(現マンチェスター・シティ):17得点
  • 岡崎慎司(現ウエスカ):5得点

という結果になっています。

岡崎慎司としては悔しかったと思われますが、献身的な動きは高く評価をしてもらえていました。

岡崎慎司あってのジェイミー・ヴァーディであったと言えるような気がします。

このような評価もされていました↓

「レオナルド・ウジョア、イスラム・スリマニ、ケレチ・イヘアナチョの3選手は岡崎の代わりとして起用されてきた。だが、ヴァーディを最高に引き立てることができるのは、精力的で実直なプレーを見せる岡崎だ」

引用:「議論は終わり。ヴァーディの相棒は岡崎」レスター地元記者が岡崎を絶賛

やはり、地元記者が見ていても思っていたのですね。

ジェイミー・ヴァーディと岡崎慎司のコンビネーションは長くレスターファンの間で語り継がれるのではないでしょうか?

まとめ

今回は、ジェイミー・ヴァーディと岡崎慎司のコンビネーション、役割について書いてみました。

互いに役割を理解し、プレーしていたからこそ、良いコンビネーションを見せることができたのでしょうね。

ジェイミー・ヴァーディは日に当たる活躍をしていましたが、岡崎慎司は日の当たらない活躍をしていました。

このバランスが非常に素晴らしく、対戦相手も嫌だったことでしょう。

今は、別々のリーグで戦っている二人ですが、近いうちに、対戦相手として同じピッチでプレーをしている姿を見てみたいですね。

ジェイミー・ヴァーディ、岡崎慎司の良いニュースが毎週見られることを期待しています!

こちらの記事も読まれています↓

カンテと岡崎は仲が良かったの?同期入団の2人の関係は?