ジョルジーニョのポジションは?プレースタイルの特徴と弱点とは?

移籍市場で補強禁止処分を受けているチェルシー。現在ある戦力で、リーグ戦、カップ戦、UEFAチャンピオンズリーグを戦わなくてはなりません。

そんなチェルシーの中盤の底を支えているジョルジーニョ

イタリア代表でも活躍し、ピルロのような中盤の底からゲームを組み立てられる現代型の選手です。

緊急事態のチェルシーには欠かせない存在のジョルジーニョ。

今回は、チェルシー、イタリア代表が誇るボランチのジョルジーニョについて書いていきたいと思います。

まずは、ジョルジーニョのプロフィールから書いていきます。


ジョルジーニョのプロフィールは?

本名:ジョルジ・ルイス・フレーロ・フィーリョ

国籍:イタリア、ブラジル

生年月日:1991年12月20日

出身地:インビトゥーバ

身長:180cm

体重:65kg

在籍チーム:チェルシーFC

ポジション:MF (CMF)

背番号:5

利き足:右足

ジョルジーニョは、ブラジルで生まれ、15歳の時にイタリアに移住をする。

ジョルジーニョの両親は離婚をしたようで母親に引き取られた後、母親にサッカーを教えてもらっていたようです。

珍しい展開ですね!普通は、父親か兄弟の影響なのですが。母親がアマチュアの選手だったようで、教えられることを教わっていたようですね。

ヴェローナのユースに入団し、2010年にトップチームに昇格。

ジョルジーニョは一度レンタル移籍をし、一念で復帰。その年にデビューを果たしました。

ジョルジーニョは一躍有名人となり、セリエAの名門ナポリに移籍を果たす。

現在、チェルシーの監督であるサッリ監督の始動の元、実力をつけ、ナポリをセリエAの上位争いを演じるぐらいの活躍を見せた。

そして、2018年の夏にサッリ監督がいるチェルシーに移籍を果たし、ボランチのポジションでプレーをし続けています。

恩師のいるチームに移籍をするパターンはありますよね?ジョルジーニョにとって、サッリ監督のいるチェルシーがやりやすいと感じてのことでしょう。

現在もチェルシーのボランチのポジションでプレーをし、ゲームメークをしていますね。

ボランチのポジションで、ゲームメークをする選手は多いですが、ジョルジーニョのプレースタイルは、どんな感じなのでしょうか?

ボランチ以外のポジションでの起用はあるのでしょうか?

次は、ジョルジーニョのポジション、プレースタイルについて書いていきたいと思います。

ジョルジーニョのポジションとプレースタイルは?

ジョルジーニョのポジションとプレースタイルは、どのようなものなのでしょうか?

まず、ポジションですが、ジョルジーニョはボランチでの起用が多いです。というか、ボランチのポジションでの起用をされています。

よほど、信頼されているのでしょう。ボランチのポジションで、ゲームメークをしているということは、柴崎岳のような感じのプレースタイルなのでしょうか?

ジョルジーニョのプレースタイルについて見ていきたいと思います。

そこで、まず、ジョルジーニョのプレースタイルがわかる動画を見てみたいと思います。

ジョルジーニョのプレースタイルの動画を見ていただけましたか?

ボランチのポジションで、味方の近くでボールをもらい、簡単にはたくといったプレースタイルが特徴ですね。

元イタリア代表のピルロと呼ばれているだけあり、パスのセンスはずば抜けています。

パスセンスはもちろん、視野の広さやスペースを見つける能力は非常に高い。

チェルシーが円滑にボールを回せるのは、ジョルジーニョのおかげといっても過言ではありませんね。

長短繰り混ぜたパスを見ると、ピルロに似ていますが、ピルロと違ったプレースタイルをしています。

ジョルジーニョは、味方がボールを持つと近くに行き、ボールをもらって、リターンするといった感じです。

味方のマークを外す役割をしているのが、ジョルジーニョの大きな特徴です!

その結果、パスの成功率が高く、リーグでもトップクラスの成績を残しています。

守備も組織的に守るのは得意のようですね。危険察知能力が高く、先を読んでパスカットをすることができます。

ジョルジーニョの攻守にわたる活躍で、チェルシーは何とか持っているような感じがしますね。

ジョルジーニョとカンテがいなくなったら、チェルシーは、どうなるのでしょうかね?

カンテは引き抜かれそうな話が出ていますし、ジョルジーニョにも話が出てくるような気がします。

そんな重要な人物であるジョルジーニョですが、ある弱点を抱えています。

次は、ジョルジーニョのプレースタイルの弱点について書いてみたいと思います。

ジョルジーニョのプレースタイルの弱点とは?

ジョルジーニョのポジションやプレースタイルを見ていると非をつけようがないと思われますが、弱点があります。

俊敏な動きで味方のフォローに走るジョルジーニョですが、マンマークにつかれると何もできないところです。

ある年のアーセナルとの試合後に、リオ・ファーディナンドに、

「試合のテンポを作ることができる選手。中央でボールを持ったときは良いプレーをする。」

「ビッグクラブとの試合になると走り回るだけ。守備は上手くないし運動量もなく、守備面でチームに何も貢献できない。ゴール前でも決定的な仕事ができない。」

と言われていました。

つまり、ジョルジーニョは真ん中のポジションでないと活きないことと相手が強いと危険察知能力が活きてこないという弱点がわかります。

対人守備は苦手そうな感じがしますけど・・・。

守備の国イタリアで育った選手にしては珍しいですが、ジョルジーニョには守備力を上げてもらわないと厳しいのかなと思われます。

ただ、チェルシーではカンテがいるので、カバーをしてもらえるかもしれませんが、そうでない時に輝けるのか?

そこが直せれば、ジョルジーニョはビックなプレーヤーになることができるでしょう。

プレースタイル的に守備を求めるよりも攻撃に専念させてあげた方が良さそうですね。

柴崎岳が、日本代表でやっているような形が良いのでしょうね。

守備能力に長けたプレースタイルの選手と組めば、ジョルジーニョの弱点は目立たなくなるでしょう!

今シーズンのチェルシーは苦しい戦いを強いられますが、ジョルジーニョが攻守にわたって活躍できれば、トップ4には残れるかもしれませんね。

チェルシーの活動もありますし、イタリア代表での活動もあるので怪我をしないように気を付けて欲しいです!

まとめ。

今回は、ジョルジーニョのプロフィールとポジション、プレースタイルについて書いてみました。

元イタリア代表のピルロに例えられているようにボランチのポジションでゲームメークをすることを得意としています。

プレースタイルの動画を見ていると、ボールを失わないですし、簡単にはたくので取られることは少ないでしょう。

守備面での弱点はありますが、チェルシーの攻守を支える選手なので、周りと協力し、リーグ戦、UEFAチャンピオンズリーグを戦ってほしいですね。

こちらの記事も読まれています↓

エンゴロ・カンテの背番号の拘りは?プレースタイルは、ハードなの?

オリヴィエ・ジルーのプレースタイルの特徴は?弱点はあるのか?

スソのプレースタイル、ポジションは?スソが活きるポジションは?

ジョアン・フェリックスのプレースタイルやポジションは?特徴や弱点は?

サウール・ニゲスのプレースタイルの特徴は?ポジションはボランチ?

アトレティコの心臓コケのプレースタイルの特徴は?ポジションはドコ?