ティモ・ヴェルナーのプレースタイルは?凄さは、ドコ?

チェルシーに移籍をしたティモ・ヴェルナー

カイ・ハフェルツもチェルシーに加入し、チェルシーに大きな注目が集まりました。

ドイツ代表に名を連ねる2人が加入をしたチェルシーは、上手くいくのか?楽しみになってきました。

気になることは、ティモ・ヴェルナーのプレースタイルがチェルシーで生かされるのか?ということです。

今回は、ティモ・ヴェルナーのポジション、プレースタイルについて書いていきたいと思います。

まずは、ティモ・ヴェルナーのプロフィールを見ていきましょう。


ティモ・ヴェルナーのプロフィール。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Good start, first of hopefully many goals! 😆🔵 @calteck10

Timo Werner(@timowerner)がシェアした投稿 –

生年月日:1996.03.06

身長:180cm

体重:76kg

出身地:シュトゥットガルト(ドイツ)

利き足:右足

リーグ戦記録】
2013-14 シュトゥットガルト(ドイツ) 30試合・4得点
2014-15 シュトゥットガルト(ドイツ) 32試合・3得点
2015-16 シュトゥットガルト(ドイツ) 33試合・6得点
2016-17 ライプツィヒ(ドイツ) 31試合・21得点
2017-18 ライプツィヒ(ドイツ) 32試合・13得点
2018-19 ライプツィヒ(ドイツ) 30試合・16得点
2019-20 ライプツィヒ(ドイツ) 34試合・28得点

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/546102.html

ティモ・ヴェルナーはシュトゥットガルトのユースからトップチームに昇格し、プロデビューしました。

しかも、クラブ史上最年少という「おまけ」付き。

デビューは、ヨーロッパリーグでしましたが、その年の夏にリーグ戦デビューも果たしています。

ティモ・ヴェルナーは、2013年から2016年までシュトゥットガルトに所属し、90試合にも出場。

しかし、2016年に降格してしまい、ティモ・ヴェルナーはライプツィヒに移籍を決断することに。

これが大当たりし、2016-2017シーズンは、リーグ戦31試合に出場し、21得点を挙げる活躍を見せました。

いくら同じリーグとはいえ、移籍初年度で21得点は凄いですね。ティモ・ヴェルナーとライプツィヒは合っていたということになります。

2017-2018シーズンは、リーグ戦13得点で終わってしまいましたが、ヨーロッパリーグで7得点を挙げる活躍。

2017年の3月にはドイツ代表デビューを果たし、コンフェデレーションズカップではゴールデンシューズ(大会得点王)を獲得。

W杯ロシア大会にも出場しましたが不発に終わり、グループステージ敗退という屈辱・・・。

現在は、EURO2020で新生ドイツ代表の一員として、強いドイツ代表を世界に見せたいところ。

ティモ・ヴェルナーの活躍が、ドイツ代表の成績に直結するので、EUROでのティモ・ヴェルナーの得点数には注目です。

ティモ・ヴェルナーのポジション、プレースタイルは?

ティモ・ヴェルナーのポジションですが、FWと出ていますが、CFのポジションがメインですね。

シュトゥットガルトの時は、ウイングのポジションでしたが、ティモ・ヴェルナーがCFを望んだようです。

チェルシーでは、左ウイングのポジションで起用をされるのではないでしょうか?

ティモ・ヴェルナーのプレースタイルの特徴を挙げると、

・スピードを生かしたプレー

・献身的な守備

が挙げられると思います。

スピードを生かしたプレー

多くの方が、ティモ・ヴェルナーのプレースタイルの特徴に挙げるのが、スピード!

こういったタイプの選手が活きるのは、カウンターの時ですよね?前線に大きなスペースがあれば、GKと1対1になるシーンが多い。

ティモ・ヴェルナーもGKと1対1になるシーンが多いです。

ただし、決めきれないことが多いので、そこが上達すれば得点を量産することができると思われます。

※シュートの精度が上がってきているので、ここは問題にはならなくなりました。

ティモ・ヴェルナーの年度別成績を見てみましょう。

  • 2013-2014シーズン:公式戦35試合5得点5アシスト(シュトゥットガルト)
  • 2014-2015シーズン:公式戦33試合3得点1アシスト(シュトゥットガルト)
  • 2015-2016シーズン:公式戦36試合7得点5アシスト(シュトゥットガルト)
  • 2016-2017シーズン:公式戦32試合21得点7アシスト(ライプツィヒ)
  • 2017-2018シーズン:公式戦45試合21得点10アシスト(ライプツィヒ)
  • 2018-2019シーズン:公式戦37試合19得点10アシスト(ライプツィヒ)

2019-2020シーズンには、公式戦45試合34得点13アシストを記録しました。

チェルシーでは、同等かそれ以上の得点数を期待したいところ。

献身的な守備

ライプツィヒで守備を叩き込まれたのでしょう。

ティモ・ヴェルナーの献身的な守備は大きな武器となっています。

ハードワークは、もちろんですが、カウンターを受けている時には自陣まで戻り、守備をする場面も。

チェルシーは、カウンター時の守備が弱いので、ティモ・ヴェルナーの加入で改善されるかもしれませんね。

ティモ・ヴェルナーに頼らず、何とかしてほしいものです。

まとめ。

今回は、ティモ・ヴェルナーのポジション、プレースタイルについて書いてみました。

ポジションは、CFですが、ウイングのポジションもしていたので、前線であればポジション関係なくできそうですね。

チェルシーでは左ウイングでの起用が濃厚だと思われます。

ブンデスリーガの時のようにはいきませんが、どんな結果を残してくれるのか?注目です。

こちらの記事も読まれています↓

【歴代】ティモ・ヴェルナーのクラブ、ドイツ代表での背番号は?

カイ・ハフェルツのプレースタイルは?メインのポジションは?