ドンナルンマの年俸は?移籍の噂があるクラブは?

ミラン、イタリア代表の正GKドンナルンマ

強豪クラブから引き抜きの噂も出ていますが、移籍するのでしょうか?

ドンナルンマの成績や年齢を考えると年俸、移籍金が凄いことになりそうですね。

ドンナルンマの年俸は、いくらぐらいなのでしょうか?

今回は、ドンナルンマの年俸と移籍の噂されているクラブについて書いていきたいと思います。

まずは、ドンナルンマのプロフィールを見てみましょう。


ドンナルンマのプロフィール。

 

この投稿をInstagramで見る

 

🔴⚫️ POWER ⠀ 🔥🔥🔥🔥🔥⠀ #MilanBologna

Gianluigi Donnarumma(@gigiodonna99)がシェアした投稿 –

生年月日:1999.02.25

身長:196cm

体重:90kg

出身地:カステッランマーレ・ディ・スタービア(イタリア)

利き足:右足

【リーグ戦記録】
2015-16 ミラン(イタリア) 30試合
2016-17 ミラン(イタリア) 38試合
2017-18 ミラン(イタリア) 38試合
2018-19 ミラン(イタリア) 36試合
2019-20 ミラン(イタリア) 36試合

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/419558.html

ドンナルンマはミランの下部組織出身で、2015年にトップチームデビュー。

16歳8か月でデビューということで話題になりました。

2016年9月にA代表デビューを果たし、今では代表の正GKとして活躍をしています。

抜群の反応とシュートストップで世界最高峰のGKとして認められる存在になりました。

今後、ミラン、イタリア代表のゴールは、ドンナルンマが守ると期待されています。

ドンナルンマの年俸は高額?市場価値は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Missing you ⚽️ #IoRestoACasa

Gianluigi Donnarumma(@gigiodonna99)がシェアした投稿 –

ドンナルンマの年棒は600万ユーロ(約6億9000万円)。

ミランとの契約が、2021年までとなっているドンナルンマは契約延長をするようです。

まだ、どうなっているのかは不明です。判明次第追記します。

年俸は上がるのでしょうかね?この契約延長には、契約解除金5300万ポンド(約70億円)を設けるという報道がありました。

これは、ミランとしたら嫌でしょう。金満クラブから引き抜かれる可能性が高くなってしまうので・・・。

ドンナルンマの市場価値ですが、4950万ユーロ(約63億円)。

※市場価値は、2020年4月のものです。最高市場価値は、5500万ユーロ。

契約解除金と同じくらいの金額なので、適正な?価格でしょう。それでも、ミランにとっては困ったものです。

下部組織出身の選手であり、ミランのスター選手ですので、ほかのクラブに取られるわけにはいかないですよね?

ミランの至宝ドンナルンマを獲得しようとするクラブは、どこなのでしょうか?

噂があったクラブについて見ていきたいと思います。

ドンナルンマ獲得を狙うクラブは?噂があったクラブとは?

イタリア代表のGKなので、多くのクラブが狙っていることでしょう。

ドンナルンマ獲得の噂があったクラブについて見ていきましょう。

移籍の可能性があるのでしょうか?

ユベントス

2020年1月に報道がありました。

ドンナルンマ獲得に、800万ユーロ(約9億7000万円)の年俸を用意するという内容。

参考元:https://football-tribe.com/japan/2020/01/11/159897/

ミランの年俸より高い!流石、イタリア王者!

ミランとすれば、防ぎたい移籍。国内リーグでの移籍はさせたくないでしょう。

※2019-2020シーズンを見ると、終盤のミランの追い上げは素晴らしかったので、期待をして残留はアリでしょう。

2017年には、ユベントス、インテルなどのライバルクラブに移籍はないと言っています。移籍はなさそうな気がします。

レアル・マドリード

2017年に、ドンナルンマとレアル・マドリードで個人同意をしたという報道がありました。

ミランとの関係が悪化していた時だったので信ぴょう性がありました。

しかし、ミラン愛を貫いたドンナルンマは、

「僕がミランに残ったのは残るのが正しいと思ったからだ。ミランでは自分の家のように感じる。だからここにいるべきだと考えた」

引用:ドンナルンマ、レアル移籍を断った理由を問われ「ミランは僕の家。残るべきと思った」

と断った理由を説明していました。

それ以降は、レアル・マドリードの話は出てこないので移籍はないでしょう。

チェルシー

正GKケパ・アリサバラガが不調で、ドンナルンマ獲得を考えているようです。

ランパード監督が白羽の矢を立てたという報道がありましたが、直近では、バルセロナのマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンを考えているよう。

ドンナルンマの話が出てきたのは、2020年3月の話。

マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン獲得の話が出てきたのが、7月なので、こちらの方が信じられるかもしれませんね。

おそらく、ドンナルンマのチェルシー移籍の可能性は低いでしょう。

参考元:https://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20200327/1050838.html

PSG

これも噂がありました。

PSGには元ミランのレオナルド氏がスポーツ・ディレクターに就任したとはいえないはず。

これらの噂のほかに、マンチェスター・Uやアーセナル、ローマがありましたが、どれもないような気がします。

よほどのことがない限り、ドンナルンマが移籍をすることはないと予想します。

年俸では、ドンナルンマは動かないでしょうね。

ドンナルンマが語ったミランへの想いとは?

様々な移籍の噂があるドンナルンマですが、インタビューでミランへの思いを語りました。

「僕はこの街で育ったから、ロッソネリ(赤と黒)の色は僕にとって大きな意味を持っている」

「ずっとミランのファンだったし、このクラブのために自分のベストを尽くさずにはいられないんだ」

「一番の目標にあるのは、クラブが掲げる目標と同じで、シーズンの最初に自分たちに課したものだ」

引用:https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=372300

と語ったようです。

ドンナルンマは、生涯ミランの可能性が高いと思われます。

マルディーニのような存在になってくれるような気がします。ミランがひどいことをしなければ。

資金に困って、ドンナルンマを売りに出すとか・・・。

強いミラン復活には、ドンナルンマのように下部組織から育ってきた選手が必要になってくると思われます。

強いミランが戻ってくることを願いながら、ドンナルンマ、ミランの結果を見ていきたいと思います。

まとめ。

今回は、ドンナルンマの年俸、移籍の噂があったクラブについて書いてみました。

年俸は、思っていたよりも低いというのが本音ですが、年齢やポジションを考えると高いと思われます。

移籍の噂が絶えないですが、どれも実現しないでしょう。ドンナルンマのミランへの愛があるので。

ミランがひどい仕打ちをしない限り、ドンナルンマは居続けてくれると思います。

ドンナルンマを中心に強いミラン復活をしてほしいものです。

こちらの記事も読まれています↓

ドンナルンマのプレースタイルは?弱点は、ドコ?