ポグバのプレースタイルの凄さとは?ベストポジションは?

世界最高峰の中盤の一人と言われるポグバ

身長191cmと恵まれた体格を活かし、攻撃だけでなく、守備でもトップレベルのプレーを披露。

W杯ロシア大会では、クラブとは違う活躍で、フランス代表を優勝に導きました。

今回は、ポグバのプレースタイルとベストポジションについて書いていきたいと思います。

まずは、ポグバのプロフィールから見ていきましょう。


ポグバのプロフィール。

 

この投稿をInstagramで見る

 

No words to describe the happiness of playing football again 🙏🏾⠀ #BlackLivesMatter #WeWillBreathe ✊🏾

Paul Labile Pogba(@paulpogba)がシェアした投稿 –

国籍:フランス、ギニア

生年月日:1993年3月15日

出身地:ラニー=シュル=マルヌ

身長:191cm

体重:84kg

在籍チーム:マンチェスター・ユナイテッドFC

ポジション:MF

背番号:6

利き足:右足

2011-2012:マンチェスター・ユナイテッド

2012-2016:ユヴェントス

2016-:マンチェスター・ユナイテッド

ポグバは、2009年に、マンチェスター・UのU-18に移籍。

2012年に、トップチームに登録されましたが、出場機会を求めて、8月にユベントスへ移籍。

ポグバにとって大きな転機となりましたね。移籍初年度からリーグ戦27試合に出場!

移籍初年度からビッククラブで出番があること自体凄い!それだけ、ポグバが凄いということですね。

翌シーズンには、リーグ戦36試合に出場。2年でユベントスの主力って・・・。

2016年に、古巣であるマンチェスター・Uに復帰をし、移籍金で話題となりました。

移籍金1億500万ユーロ+ボーナス500万ユーロは、当時史上最高額!

マンチェスター・Uに移籍後は、監督との確執や怪我で本来のパフォーマンスを見せることができない状況。

ポグバ自身もマンチェスター・Uから離れるような発言も出ていました。

※ブルーノ・フェルナンデスが加入してから、チームは好転。

そのせいか?ポグバは残留も考えているとか?どうなるのでしょうか?

ポグバの能力は一級品なので、残っても良いとは思えます。

それだけ、クラブの基盤ができてきたので。

ポグバの動向に注目しましょう!

ポグバのベストポジション、プレースタイルは。

ポグバのベストポジションは、インサイドハーフだと思います。

ただ、2019-2020シーズンのマンチェスター・Uのフォーメーションを見ると、中盤の底。

マンチェスター・Uのメインフォーメーションは、4-2-3-1。「2」の部分のポジションでした。

今後も中盤の底でプレーをすると思われます。

ブルーノ・フェルナンデスが、「3」の真ん中でプレーしているので、ポグバは下がり目のポジションで起用されていました。

ポグバのプレースタイルの特徴ですが、

・大柄だけど、テクニックは抜群。

・キックの精度が高い。

・守備能力の高さ。

の3点が挙げられます。

大柄だけど、テクニックは抜群。

身長191cmと大型ですが、テクニックが抜群なところが凄い!

手、足も長いので、ボールキープをされると困ります。

身長もあるのでポグバの懐までは入れませんね。ポグバからボールを奪うのに一苦労です。

上手く体を入れられたら、足が届かないかもしれませんね。胴体と足の長さを考えれば厳しいでしょう。

ガタイが良く、ボールキープをできる選手は多いですが、ポグバは、トリッキーなプレでも魅せてくれます。

ガタイから想像もできないパスもあるので、ポグバから出るパスも注目です。

キックの精度が高い。

ポグバの中長距離のパスの精度は、ピカ一ですね。

真ん中のポジションをする選手には必要な能力!

ボールを奪ってからの前線へのフィードは速く、正確。特に、低いボールは脅威。

しかも、味方に優しいパスなので、受け取る側もありがたいことでしょう。

もちろん、ミドルシュートも魅力的。

ポグバの体格から繰り出されるミドルシュートは、速く、重たいはずなので、相手GKも弾くのが精いっぱいだと思いますね。

守備能力の高さ。

ポグバは守備意識が足りないと言われていますが、そんなことはないです。

長い手足を活かしてボールを奪えますし、強靭なフィジカルを使ってもボールを奪えます。

マンチェスター・Uでは目立たないかもしれませんが、W杯では献身的な守備で貢献していましたよ。

クラブでも同じぐらい出来ていれば評価は違ったでしょう。

持って生まれた体格があるので、中盤の潰し屋としても活躍できます。

献身的なポグバの守備を突破することは難しいかもしれません。

ポグバの弱点とは?

ポグバの弱点は、ムラッ気の多さ。

チームの調子が悪い時には、ポグバのプレーの精度も落ちます。

モウリーニョ時代には、ポグバのやる気のなさは大きな問題に。

ポグバとモウリーニョの不仲説は有名でしたよね?トレーニング中に緊張が走ったことも↓

ユベントスに戻るとか色々出ていましたね。

スールシャールが監督に就任し、ブルーノ・フェルナンデスが来たことで、ポグバの機嫌がよくなりました。

思うようなサッカーができているからだと思われます。

ムラが少なくなれば、ポグバは素晴らしい選手なので、ムラを少なくする努力をしてほしいですね。

それができれば、最強の中盤の選手になれるでしょう!

まとめ。

今回は、ポグバのプレースタイルについて書かせていただきました。本当に現代サッカーに必要なものを持っている選手ですね。

長い手足と恵まれた体格を駆使し、ボールを奪われない、奪うこともできる。

一見、パワー系の選手かと思えば、柔らかなボールタッチもあるなど素晴らしいの一言ですね。

正確で速いフィードも魅力的ですし、ミドルシュートでもゴールを狙える理想的な中盤の選手ですね。

今後、ポグバが、マンチェスター・U復活に貢献できるのか?非常に楽しみ。

EURO、W杯もありますので、大きな怪我には気を付けてもらいたいものです。

こちらの記事も読まれています↓

ハリー・マグワイアのプレースタイルは?特徴と弱点はドコ?