【歴代】ポール・ポグバのクラブ、フランス代表での背番号は?

身長191cmと恵まれた体格を生かし、中盤をコントロールするポール・ポグバ選手。

優れたボールコントロールや強烈なシュートでフランス代表、マンチェスター・Uの攻撃をけん引しています。

メンタル面で問題はありますが、能力は世界屈指のものを持っていますね。

今回は、ポール・ポグバ選手のクラブ、フランス代表での歴代背番号について書いていきたいと思います。

※参考サイト:https://www.transfermarkt.com/paul-pogba/rueckennummern/spieler/122153


ポール・ポグバのクラブ、フランス代表での歴代背番号は?

ポール・ポグバ選手のクラブ、フランス代表での歴代背番号は何番だったのでしょうか?

それぞれの背番号を見ていきましょう!

マンチェスター・U(第1次)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Paul Labile Pogba(@paulpogba)がシェアした投稿

ポール・ポグバ選手のマンチェスター・U(第1次)での背番号です↓

シーズン背番号
2010-2011(U-18)8
2010-2011(U-23)6、10、12
2010-201142
2011-2012(U-23)7、8、10、42
2011-201242

フランスのル・アーヴルからマンチェスター・UのU-18に移籍をしました。

2011年にトップチームに昇格すると、翌年にプレミアリーグデビューを果たしました。

トップチームにデビューしたばかりというのと、選手層の厚いマンチェスター・Uであったので、出番が少ないのは仕方がないですね。

マンチェスター・U(第1次)での成績

  • 2011-2012シーズン:公式戦7試合0得点0アシスト

ユベントス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Paul Labile Pogba(@paulpogba)がシェアした投稿

ユベントスでの歴代背番号です↓

シーズン背番号
2012-20156
2015-201610

ポール・ポグバ選手は、2012年に出場機会を求めて、ユベントスに移籍。

ユベントス移籍後は、1年目から多くの出場機会を得ることに成功!

ビッククラブで出場機会を得ることは難しいはずなのですが、ポール・ポグバ選手には関係なかったようですね。

2年目以降はスタメンを勝ち取り、ユベントスに欠かせない選手へと成長しました。

2015-2016シーズンには背番号10に変更!バッジョ氏、デル・ピエロ氏らが背負っていたクラブのエースナンバー。

ポール・ポグバ選手には背負うだけの力がありましたし、本人も気に入っていたことでしょう!

ユベントス時代の成績

  • 2012-2013シーズン:公式戦37試合5得点0アシスト
  • 2013-2014シーズン:公式戦51試合9得点1アシスト
  • 2014-2015シーズン:公式戦41試合10得点11アシスト
  • 2015-2016シーズン:公式戦49試合10得点13アシスト

ポール・ポグバ選手のユベントス時代のプレーです↓

マンチェスター・U(第2次)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Paul Labile Pogba(@paulpogba)がシェアした投稿

背番号は6番。移籍以来、6番を背負い続けています。

2016年に古巣であるマンチェスター・Uに復帰!

ポール・ポグバの移籍は大きく報道され、当時、移籍市場史上最高額の1億500万ユーロにボーナス500万ユーロの1億1000万ユーロ。

マンチェスター・Uの資金力とポール・ポグバの実力を考えれば、妥当な金額であったかもしれません。

加入したシーズンは、中心選手として活躍し、ヨーロッパリーグ優勝に大きく貢献。

2シーズン目は怪我のこともあり、出場試合数が減りましたが、結果は良かったと思われます。

問題は3シーズン目、モウリーニョ監督との確執で腕章をはく奪・・・。

ポール・ポグバ選手自身メンタルの部分で問題もあり、パフォーマンスは低下していく一方でした。

2018年年末にモウリーニョ氏が解任され、スールシャール氏が監督に就任するとポール・ポグバ選手が復調!

しかし、スールシャール監督とも確執を生んでしまい、移籍報道が飛び交いましたね。

古巣ユベントスやレアル・マドリードが候補に上がりました。

しかし、実現せずに終わり、マンチェスター・Uでプレーを続行しています。

2019-2020シーズンは足首の負傷で長期離脱をしてしまい、移籍後最悪の結果で終わっています。

マンチェスター・U(第2次)での成績

  • 2016-2017シーズン:公式戦51試合9得点6アシスト
  • 2017-2018シーズン:公式戦37試合6得点12アシスト
  • 2018-2019シーズン:公式戦47試合16得点11アシスト
  • 2019-2020シーズン:公式戦22試合1得点4アシスト

フランス代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Paul Labile Pogba(@paulpogba)がシェアした投稿

フランス代表での歴代背番号です↓

シーズン背番号
2009-2010
(U-17)
6
2012-2013
(U-19)
6
2012-2013
(U-20)
6
2012-201319、20
2013-201519
2015-201615
2016-6

ポール・ポグバ選手は、世代別のフランス代表でプレーしており、2013年に行われた2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選のジョージアでA代表デビュー。

予選を突破し、ワールドカップ本大会に出場。

最優秀若手選手賞を受賞し、世界にアピールしました。

2018年ロシア大会では、ポール・ポグバ選手の献身的な動きでチームを支え、優勝を果たしました。

ポール・ポグバ選手にとって初のメジャー大会でのタイトル奪取。

この時のポール・ポグバ選手はチームプレーに徹していたのが印象的でしたね。

ワールドカップ優勝のために自身を抑えていたのかもしれません。

次回のワールドカップは前回優勝国という看板を背負うと同時に、ジンクスを破ることができるのか?で注目されます。

※前回優勝国は、ここ最近の大会では、グループステージ敗退になっています。

ポール・ポグバ選手を中心に、ジンクスを破ることができるのか?ポール・ポグバ選手、フランス代表に注目しましょう!

まとめ

今回は、ポール・ポグバ選手のクラブ、フランス代表での歴代背番号について書いてみました。

所属クラブでは、ほとんど変わっていませんね。フランス代表もですが。

よほどのことがない限り、ポール・ポグバ選手の背番号は変わることはないでしょう。

代表ではビックタイトルを獲得したので、クラブでビックタイトルを獲得したいはず。

移籍をするのか?マンチェスター・Uで頑張るのか?不明ですが、ポール・ポグバ選手の活躍は注目していきたいと思います。

Paul Pogba

ポール・ポグバの年俸推移が凄すぎる!各クラブでの金額は、どうなのか?

2021.07.01