マルセロの年俸は?近年、噂されていた移籍話をまとめてみた!

レアル・マドリードで長年プレーをするマルセロ選手。

圧倒的なテクニックと攻撃力で左サイドを制圧していますね。

UEFAチャンピオンズリーグ4度、ラ・リーガ4度の優勝を成し遂げてきました。

そんなマルセロ選手ですが、年俸はどのくらいなのでしょうか?

レアル・マドリードに所属しているので高額年俸をもらっていると思われます。

今回は、マルセロ選手の年俸について書いていきたいと思います。

また、近年多くなってきている移籍の噂についてまとめてみました。

※マルセロ選手の市場価値の推移について追記しました。記事の後半です。


マルセロの年俸は?

マルセロ選手の年俸は約1720万ユーロ(約21億7000万円)。

※2020-2021シーズン時点。

レアル・マドリードでは4、5番手にもらっているようです。

最近、メンディの台頭で出番が激減しているマルセロ選手ですが、これまでの功績をたたえて、この年俸なのでしょう。

レアル・マドリードであれば、これぐらいの年俸を出してくれそうですね。

そんなマルセロ選手ですが、近年は出番が減少し、移籍のうわさが絶えませんね。

しかも、結構良い条件?で移籍の話が出てきています。

マルセロ選手の移籍の噂話をまとめてみました。

マルセロの移籍の噂話のまとめ

近年出ていたマルセロ選手の移籍話をまとめてみました。

2021年

直近では、フランスのモナコへの移籍の話が出ていました。

モナコは、マルセロ選手に対して年俸600万ユーロ(約7億5000万円)を支払うとのことです。

近年、出番が減少しているマルセロ選手にとっては良い話では?と思ってしまいます。

しかし、レアル・マドリードでもらっている年俸よりも低いので、マルセロ選手が受け入れるのかが大きな問題でしょうね。

それに加え、ユベントスが関心を抱いていることもあり、マルセロ選手の去就が気になります。

2020年

ユベントスとインテルが獲得調査に乗り出しましたが、年俸800万ユーロ(約10億円)という条件で断念したようです。

ユベントス、インテルであれば出せなくない金額であると思えますが・・・。

移籍の噂がありましたが、マルセロ選手は残留を明言していました。

「僕はここから離れたくないし、マドリードが僕を手放すとも思っていない。ここにいることができてハッピーだ」

引用:ユーベ移籍報道のDFマルセロ、レアル残留希望を明言 「僕を手放すとも思ってない」 | フットボールゾーン (football-zone.net)

マルセロ選手の気持ちが伝わったのか?レアル・マドリードはマルセロ選手を放出しませんでした。

2019年

ユベントスと個人合意というビックニュースが報道されましたが、合意していませんでした。

年俸1200万ユーロ(約15億6000万円)の4年契約で個人合意したと報じられていましたね。

年俸、契約年数が報じられていたので信じてしまいましたが・・・。

この時には、チェルシーやマンチェスター2クラブが関心を抱いているという報道も出ていました。

マルセロ選手もプレミアリーグに関心があると言っており、こちらに気が合ったのかなとも思われますが違いましたね。

2019年に移籍の噂があったマルセロ選手ですが、ジダン氏が監督に復帰したことで考えが変わったといっていました。

ジダン氏から戦力として考えていると伝えられたことが大きかったようですね。

選手とすれば、戦力としてみてもらえることは嬉しいので、マルセロ選手の考えが変わることには納得でした。

近年では、このような移籍の噂が出ていましたが実現していません。

ただ、ここ数年の出番減少により、移籍を決断する可能性が高くなりそうです。

マルセロ選手がレアル・マドリードに居続けるのか?移籍を決断するのか?去就に注目です。

移籍というと、絡んでくるのは市場価値ですよね?

マルセロ選手の市場価値の推移を見ていきましょう。

マルセロの市場価値の推移は?

2021年1月時点では、マルセロ選手の市場価値は1000万ユーロ。

※2021年1月は1ユーロが126円ぐらいです。

年齢を考えれば、高いほうなのではないかと思われます。

それでは、マルセロ選手の市場価値の推移を見ていきましょう!

シーズン所属クラブ金額  
2006年10月フルミネンセ50万ユーロ
2007年6月レアル・マドリード550万ユーロ
2008年7月レアル・マドリード700万ユーロ
2009年7月レアル・マドリード1000万ユーロ
2010年8月レアル・マドリード1500万ユーロ
2011年7月レアル・マドリード2500万ユーロ
2012年8月レアル・マドリード3000万ユーロ
2013年6月レアル・マドリード2500万ユーロ
2014年7月レアル・マドリード2500万ユーロ
2015年7月レアル・マドリード2500万ユーロ
2016年7月レアル・マドリード3000万ユーロ
2017年7月レアル・マドリード3800万ユーロ
2018年6月レアル・マドリード6000万ユーロ
2019年6月レアル・マドリード2500万ユーロ
2020年4月レアル・マドリード1600万ユーロ

2017年から市場価値が上がってきていますね。

ちなみに、最高は2018年10月の7000万ユーロでした。

そこから、今では1000万ユーロまで急落・・・。

年齢のこともあるので仕方がないのですが、レアル・マドリードでの出番減少が大きいですね。

これから市場価値を上げることは難しいので、維持するのが精いっぱいでしょう。

市場価値は下がっていますが、マルセロ選手を欲しがるクラブは多いはずです。

シーズン終了後に、再び移籍の話が出てくるでしょう。

どこのクラブが出てくるのか?注目ですね!

まとめ

今回は、マルセロ選手の年俸と移籍の噂まとめ、市場価値の推移について書いてみました。

年俸は相変わらず高いですね。これまでの功績で高くなっているのでしょう。

近年では、移籍の噂が絶えないマルセロ選手ですが、移籍は実現しておらず。

シーズンオフになれば、再び、移籍の話が出てくると思われます。

マルセロ選手は移籍するのか?動向に注目です。

こちらの記事も読まれています↓

【歴代】マルセロのクラブ、代表での背番号は?