メイソン・マウントのプレースタイル、ポジションは?凄さは、ドコ?

ランパード氏の後継者として一気に有名になったメイソン・マウント選手。

あのメッシから「世界最高の選手の一人になるポテンシャルがあると思った」と評価されたことで有名ですよね?

世界最高の選手に評価されたメイソン・マウント選手は、どんなプレースタイルが持ち味なのでしょうか?

また、メインポジションはドコなのでしょうか?

今回は、メイソン・マウント選手のプレースタイル、ポジションについて書いてみました。


メイソン・マウントのプレースタイル、ポジションは?

メイソン・マウント選手のポジションは攻撃的ミッドフィルダー。

そのほかには、セントラルミッドフィルダー、左右のウイング、左右のサイドハーフのポジションでプレーしていたこともあります。

中盤のポジションであれば、どこでもこなせると言えそうです。

そんなメイソン・マウント選手は、どんなプレースタイルが持ち味なのでしょうか?

メイソン・マウント選手のプレースタイルの特徴を挙げると、

  • とびぬけた武器はないが、すべてが高水準
  • シンプルなプレー
  • 攻撃のセンス

が挙げられると思われます。

とびぬけた武器はないが、すべてが高水準

メイソン・マウント選手は「コレ!」といえるとびぬけた武器はないですが、すべてのプレーが高水準です。

パス、シュート、トラップのレベルは高く、豊富な運動量を活かして攻守に活躍していますね。

派手さはないですが、しっかりとした技術は見る価値がありますよ!

メイソン・マウント選手のすべてのプレーが高水準ということがわかる動画です↓

派手さはないですが、すべてのプレーが高いレベルでしたね。

高い技術に加え、強靭なフィジカルもあるので相手選手にとって厄介な選手と言えます。

気持ちを前面に出したプレーはランパード氏にそっくりと言えます。

ランパード氏の現役時代です↓

プレースタイルは似すぎていますね。

メイソン・マウント選手がランパード氏を超えるのか?楽しみです。

シンプルなプレー

メイソン・マウント選手はシンプルなプレーをすることでも有名ですね。

パス、シュート、ドリブルを見ても余計なことはせずにシンプルに行っています。

無駄なことをせずにゴールに向かっていく姿は見ていて気持ちが良いものです。

メイソン・マウント選手のダイナミックなプレーに惹かれる方は多いのではないでしょうか?

ボール奪取後、シュートまでシンプル!余計なことなしですね↓

攻撃のセンス

メイソン・マウント選手はキックの精度が高く、推進力がある選手!

長短混ぜたパスでゲームを作り、隙あらば、ドリブル突破でボールを前に運んでくれます。

ドリブルで相手をひきつけてからのスルーパスも魅力的ですよね?

得点、アシスト数も中盤の選手としては理想的な数字をたたき出しています↓

メイソン・マウント選手の成績

  • 2017-2018:公式戦40試合13得点10アシスト(フィテッセ)
  • 2018-2019:公式戦44試合11得点6アシスト(ダービー)
  • 2019-2020:公式戦53試合8得点6アシスト
  • 2020-2021:公式戦54試合9得点9アシスト

得点数の方が多いですが、アシスト数もそれなりにあります。

チェルシーは攻撃陣が充実しているので、得点、アシスト数も増えていくでしょう。

メイソン・マウント選手の攻撃センスの高さがわかる動画がありましたので載せてみました↓

シンプルなプレーでチェルシーの攻撃をけん引していますね。

今後、どのぐらいの成績を残すのか?非常に楽しみな存在!

ランパード氏の持つプレミアリーグ177ゴール、102アシストの記録を抜くことができるのか?注目しましょう。

メイソン・マウントの経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Through to the next round! Congrats @kaihavertz29 ⚽️⚽️⚽️ And @thiagosilva @benchilwell on the debuts 🙌🏼

MM(@masonmount10)がシェアした投稿 –

国籍:イングランド

生年月日:1999年1月10日

出身地:ポーツマス

身長:178cm

体重:70kg

在籍チーム:チェルシーFC

ポジション:MF(OMF)

背番号:19

利き足:右

引用:メイソン・マウント – Wikipedia

メイソン・マウント選手は6歳からチェルシーの下部組織に入団しました。

下部組織のころから上手かったのでしょうね。

いろいろと調べていると、こんな動画がありました。

フリーキックは小さい時から得意だったのですね。蹴り方が変わっていませんね。

その後、順調にカテゴリーを駆け上がりますが、チェルシーのトップチームでは出番がなく。

2017年に、オランダにフィテッセにレンタル移籍をすることを決意しました!

このレンタル移籍は大正解で、メイソン・マウント選手は、公式戦40試合13得点10アシストを記録!

サポーターが選ぶ年間最優秀選手賞に輝きました。

そして、イングランド2部リーグのダービー・カウンティへレンタル移籍。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Big win today! Well done boys! 🙌🏼

MM(@masonmount10)がシェアした投稿 –

ランパード氏が指揮を執っていたことは、メイソン・マウント選手にとってラッキーでした。

多くの出番が与えられ、成績は公式戦44試合11得点6アシスト!

そして、2019年にチェルシーと新契約を結ぶことになりました。

ここでもランパード氏の下で戦うこととなり、戦術理解しているメイソン・マウント選手にとってはやりやすかったことでしょう。

強者揃いのチェルシーでレギュラーとして活躍し、2020-2021 UEFAチャンピオンズリーグ決勝のマンチェスター・C戦で決勝点をアシスト↓

UEFAチャンピオンズリーグ優勝に大きく貢献しましたね。

今後も強豪チェルシーの攻守の要として活躍すると思われます。

力強いプレーでチームを引っ張るメイソン・マウント選手に注目してみましょう!

まとめ

今回は、メイソン・マウント選手のプレースタイル、ポジションについて書いてみました。

全てのプレーが高い水準で欠点がありませんね。

シンプルで力強いプレーでチームを引っ張る姿に惹かれる方も多いことでしょう!

ダイナミックなプレーを見せてくれるメイソン・マウント選手の活躍に注目してみましょう。

Mason Mount

【歴代】メイソン・マウントのクラブ、イングランド代表での背番号は?

2021.05.31