【歴代】メイソン・マウントのクラブ、イングランド代表での背番号は?

ダイナミックなプレーでランパード氏を彷彿させるメイソン・マウント選手。

ランパード氏の後継者として名前が挙がっていますよね?

余計なことは一切せず、シンプルなプレーで流れを引き寄せるあたりが、ランパード氏に似ていると思われます。

今後、チェルシー、イングランド代表で中心選手として活躍していくことでしょう!

今回は、チェルシー、イングランド代表で活躍するメイソン・マウント選手の背番号について書いていきたいと思います。


メイソン・マウントのクラブ、イングランド代表での歴代背番号は?

メイソン・マウント選手は、チェルシーの下部組織で育ちました。

2017-2018シーズンに、オランダのフィテッセにレンタル移籍。

その後、イングランド2部に所属するダービー・カウンティにもレンタル移籍し、2019-2020シーズンにチェルシーに復帰しました。

遠回りしたような感じでしたが、メイソン・マウント選手にとって良い経験だったことでしょう。

では、メイソン・マウント選手の各クラブ、イングランド代表での歴代背番号を見ていきましょう。

チェルシー(U-18~23)

 

この投稿をInstagramで見る

 

MM(@masonmount10)がシェアした投稿

チェルシー(U-18~23)での歴代背番号です↓

シーズン所属クラブ背番号
2015-2016チェルシーU1810、15、16
2015-2016チェルシー UEFA U1914、16、17
2016-2017チェルシーU188、10
2016-2017チェルシーU236、7、10、11、14、15、60

かなり変わっていますね。

U-18~23の期間なので、これぐらい変わっても不思議ではないのかもしれません。

チェルシー(U-18~23)での成績

  • 2015-2016:公式戦5試合1得点1アシスト(U-18)
  • 2015-2016:公式戦5試合0得点2アシスト(UEFA U-19)
  • 2015-2016:公式戦1試合0得点0アシスト(U-23)
  • 2016-2017:公式戦10試合2得点3アシスト(U-18)
  • 2016-2017:公式戦24試合4得点3アシスト(U-23)

フィテッセ

 

この投稿をInstagramで見る

 

😄🤷🏻‍♂️

MM(@masonmount10)がシェアした投稿 –

フィテッセでの歴代背番号です↓

シーズン背番号
2017-2018(U-21)8
2017-201819

2017年に、オランダのフィテッセにレンタル移籍をしたメイソン・マウント選手。

シーズン開幕直後は、ベンチスタートで出番に恵まれず・・・。

徐々に出場機会を増やしていき、シーズン中盤からレギュラーを奪い、最終的には公式戦39試合に出場。

そして、クラブの年間MVPに選出されました。

翌シーズンは、イングランド2部のダービー・カウンティにレンタル移籍をすることになりました。

フィテッセでの成績

  • 2017-2018:公式戦1試合0得点0アシスト(U-21)
  • 2017-2018:公式戦39試合13得点10アシスト

ダービー・カウンティ

 

この投稿をInstagramで見る

 

MM(@masonmount10)がシェアした投稿

ダービー・カウンティでの背番号は8番。

2018-2019シーズンは、イングランド2部のダービー・カウンティへ移籍。

まさかのイングランド2部リーグ!オランダをはじめとする強豪クラブからオファーがあったのではないでしょうか?

しかし、これも運命であったのでしょう。

ダービー・カウンティの監督はランパード氏でした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

MM(@masonmount10)がシェアした投稿

ランパード監督の下、レギュラーとして抜擢されたメイソン・マウント選手は大きく成長!

中盤の選手でありながら、シーズン2桁得点をあげる活躍を見せてくれましたね。

ランパード監督も昔の自分と重ねていたのではないでしょうか?

ダービー・カウンティで大きく成長したメイソン・マウント選手は、2019-2020シーズンにチェルシーに復帰を果たしました。

ダービー・カウンティでの成績

  • 2018-2019:公式戦44試合11得点6アシスト

チェルシー

 

この投稿をInstagramで見る

 

MM(@masonmount10)がシェアした投稿

チェルシーでの背番号は19番。

メイソン・マウント選手は、開幕戦のマンチェスター・U戦でチェルシーデビュー!

チェルシーでレギュラーを勝ち取り、今ではチェルシーに欠かせない選手になっています。

2020-2021シーズンは、UEFAチャンピオンズリーグ優勝に貢献!

決勝のマンチェスター・C戦で決勝点をアシストし、チームを優勝に導きました。

そのシーンです↓

来シーズンも期待できそうですね。

今後、もっと素晴らしいパフォーマンスを見せてくれると思うので、メイソン・マウント選手の活躍に注目しましょう!

チェルシーでの成績

  • 2019-2020:公式戦53試合8得点6アシスト
  • 2020-2021:公式戦54試合9得点9アシスト

イングランド代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

‪Solid international break with the lads. Lots to work on but good to win 2 out of 2! 🦁‬ @england

MM(@masonmount10)がシェアした投稿 –

イングランド代表での歴代背番号です↓

シーズン背番号
2015-2016(U-17)10
2016-2017(U-19)10
2017-2018(U-19)10、14
2017-2018(U-21)19
2018-2019(U-21)18
2018-201910、11、17、18、19、20
2020-20217、10、11、17、18

年代別のイングランド代表でプレーしていたメイソン・マウント選手は、2019年9月に行われたユーロ予選ブルガリア戦でA代表デビューを飾りました!

その後も代表に選出されるようになり、キャップ数を刻んでいますね。

強力なメンツが揃う代表で、試合に出られていることは、本当にすごいこと!

EURO、W杯でどんなプレーを見せてくれるのか?本当に楽しみです。

まとめ

今回は、メイソン・マウント選手のクラブ、イングランド代表での歴代背番号について書いてみました。

チェルシーの下部組織時代の背番号の変わり方は凄いですが、それ以外は固定されていたようですね。

今後は、チェルシー生え抜きの選手として長くいると思われます。

その内、背番号は変わるかもしれませんが、何番になるのか?そのあたりが注目でしょう。

メイソン・マウントとは何者?プレースタイルは?

2020.10.30