【歴代】メイソン・マウントのクラブ、代表での背番号は?

自己隔離中に、親友と草サッカーをして注目を集めてしまったメイソン・マウント

クラブから厳重注意を受けたようですね。

ランパードに電話で謝罪をしたようですが・・・。

これが、きっかけで起用されなくなるとは思いませんが、気を付けてほしいですね。

チェルシーだけではなく、イングランドの将来を担う実力者なので、軽率な行動をしないでほしいものです。

メイソン・マウントは、若い選手ですが、レンタル移籍を含め3クラブに所属してきました。

※現在のチェルシーを含めてです。

所属クラブによって、背番号は変わってきているはず!

そこで、今回は、メイソン・マウントの歴代の背番号について書いていきたいと思います。

まずは、メイソン・マウントのプロフィールを見ていきたいと思います。


マイソン・マウントのプロフィール。

国籍:イングランド

生年月日:1999年1月10日

出身地:ポーツマス

身長:178cm

体重:70kg

在籍チーム:チェルシーFC

ポジション:MF

背番号:19

利き足:右

2017-:チェルシー

2017-2018:→ フィテッセ (loan)

2018-2019:→ ダービー

メイソン・マウントは、6歳の時にチェルシーの下部組織に入団!

そこから、各カテゴリーを駆け上がります。

下部組織では、レギュラークラスの活躍を見せていたのですが、出場機会のことを考えて、オランダのフィテッセにレンタル移籍。

チェルシーではよくあることですね。メイソン・マウントも良い決断をしましたし、クラブとしても良かったことでしょう。

フィテッセでは最初の内はベンチスタートでしたが、徐々に出番を増やしていき、レギュラー奪取をします。

公式戦38試合に出場し、14ゴールを挙げる活躍を見せ、クラブの年間MVPに輝きました。

翌年には、イングランド2部のダービー・カウンティへ。

そこでは、現在チェルシーで指揮を執るランパードがいました。

ランパードの元でもレギュラーポジションを掴み、ここでもシーズン2桁得点を記録。

2019年に、無事にチェルシーに戻り、新契約を締結!5年契約を結びました。

そして、チェルシーは、ランパードを監督に迎え、メイソン・マウントにとって良い環境が出来上がりました。

メイソン・マウントとランパードにとっては良かったことでしょう。

互いをよく知る者同士なので!

補強禁止処分を受けていたチェルシーで、メイソン・マウントは輝き、チームの中心選手として君臨。

今後もチェルシーを支える存在として注目を集めることでしょう。

メイソン・マウントは、2019年のEURO予選で、イングランド代表に選出されており、代表での活躍も期待されます。

若い選手ですが、チェルシーを含め、3クラブに所属をしてきました。

メイソン・マウントの背番号は変わっていたのでしょうか?

【歴代】メイソン・マウントの背番号は何番?

現在、チェルシーでの背番号は19番。

今後、メンバーの入れ替わりなどで背番号が変わっていくことでしょう。

そのまま、背番号19を背負い続けるのかもしれません。メイソン・マウントがお気に入りの番号であれば。

気になるのは、フィテッセとダービー・カウンティの時の背番号。

まず、フィテッセの時の背番号を見て見ましょう。

フィテッセ時代のメイソン・マウントです。

パンツのところに、19と入っているので、背番号は19番でしょう。

レンタル移籍なので、クラブ側が準備をした番号であると思われます。

続いて、ダービー・カウンティ時代。

ダービー・カウンティ時代の背番号は8番。

私は、メイソン・マウントは8番の方が似合っていると思います。

それこそ、ランパードに似たプレーをしますし、ランパード自身チェルシーで背番号8を背負っていましたので。

メイソン・マウントも将来は背番号8を背負うのかな?そうなるだろうと思っています。

どうなっていくのか?楽しみですね!

ちなみに、チェルシーで背番号19を背負っていた選手は、

・ジエゴ・コスタ(アトレティコ)

・デンバ・バ(イスタンブール・バシャクシェヒル)

・パウロ・フェレイラ(現役引退)

らが背負っていました。

では、アンダー世代からイングランド代表に選出されてきていますが、代表での背番号は何番だったのでしょうか?

イングランド代表でのメイソン・マウントの背番号を見ていきたいと思います。

イングランド代表での背番号は?

2019年にイングランド代表に選出されましたね。

イングランド代表での背番号は18番のようです。

※初ゴールを決めた際には背番号17でした。現在は背番号10を背負っているようです。

初々しいですね!

今後、多く見る機会がありそうな予感がします!EURO、W杯予選、本大会とありますし。

是非、イングランド代表でも中核を担う選手となってもらいたいですね。

では、2017年に行われたFIFAU-19欧州選手権では、どうだったのでしょうか?

背番号10を背負い、プレーをしていました。

優勝に大きく貢献し、大会MVPにも選出されたほど。

メイソン・マウントの背番号10に違和感があるのは、私だけでしょうか?

なぜか?違和感を感じてしまいます。

19番を見ているせいでしょうね。もしかしたら、イングランド代表でも10番はあるかもしれません。

そうなれば、似合っているなとかに合ってきたなと思うようになるのでしょうね。

メイソン・マウントも代表の常連になれば、背番号が変わってくるかもしれません。

クラブの番号が、代表の番号になることが多いので、クラブでの背番号が変われば、代表も変わっていくことでしょう。

今後、メイソン・マウントの背番号の変化にも要注意です!

まとめ。

今回は、メイソン・マウントの歴代背番号について書いてみました。

見慣れているせいか?背番号19が似合っていますね。

今後、ランパードが背負っていた背番号8を背負うことになるのかが注目です。

メッシも認めた才能が、大舞台で見られる日が楽しみで仕方がない。

クラブでは中心人物ですが、イングランド代表ではそこまで至っていません。

近い将来、メイソン・マウントが中核を担う日が来るでしょう。

こちらの記事も読まれています↓

メイソン・マウントとは何者?プレースタイルの特徴は?

エンゴロ・カンテの背番号の拘りは?プレースタイルは?

【歴代】ジルーが背負ってきた背番号で一番多い背番号は?

【歴代】ブルーノ・フェルナンデスの背負ってきた背番号は?

【歴代】リシャルリソンのクラブ、代表での背番号は?

【歴代】ダビンソン・サンチェスのクラブ、代表での背番号は?