【歴代】ラヒーム・スターリングのクラブ、イングランド代表での背番号は?

決定力不足と言われていた、ラヒーム・スターリング選手。

今では克服し、怖いスコアラーへと変貌しました。

W杯ロシア大会の時も叩かれていましたが、もう決定力不足という人はいないでしょう!

イングランド代表でも活躍する、ラヒーム・スターリング選手。

今回は、ラヒーム・スターリング選手のクラブ、イングランド代表の歴代背番号について書いてみました。


ラヒーム・スターリングのクラブ、イングランド代表での歴代背番号は?

ラヒーム・スターリング選手が背負ってきた背番号は何番があるのでしょうか?

コロコロ変わったのでしょうか?

各クラブ、代表での歴代背番号を見ていきましょう!

クイーンズ・パーク・レンジャーズ

クイーンズ・パーク・レンジャーズでの背番号はわかりません。

画像を見ると、17番を背負っているのでしょうか?

2003年にクイーンズ・パーク・レンジャーズでキャリアをスタートさせました。

2010年12月にリバプールのユースに移籍を果たしました。

移籍金は70万(約9200万ユーロ)ユーロだったようですね。

参考元:Raheem Sterling – Player profile 20/21 | Transfermarkt

リバプール

リバプール時代の背番号です↓

シーズン背番号
2010-2011(U-23)31
2011-2012(U-23)7、11、31
2011-201231
2012-2013(U-23)11
2012-201331
2013-2014(U-23)11
2013-201431
2014-201531

2010年にクイーンズ・パーク・レンジャーズからリバプールに移籍したラヒーム・スターリング選手。

2012年にトップチームデビューを果たし、2013-2014シーズンにはレギュラーを獲得しました。

2013-2014シーズンは、ルイス・スアレス選手、ダニエル・スタリッジ選手と得点を量産し、SSSトリオと呼ばれていたそうです。

その当時の動画あったので載せてみました。攻撃力が凄すぎます!メンバー良すぎ!

こんな素晴らしい攻撃を見せてくれていましたが、2014-2015シーズン中に契約延長のオファーを拒否・・・。

シーズン終了後に移籍を希望していたようです。

アジアツアーのメンバーリストに入っていたものの帯同していないなど事件がありました。

強豪クラブからのオファーがあり、これを見たリバプールサポーターが激怒し、家族への脅迫や人種差別発言が相次ぐことに。

こんなことがありましたが、ラヒーム・スターリング選手はマンチェスター・Cへ移籍を決めました。

マンチェスター・C

 

この投稿をInstagramで見る

 

Another Wembley ticket booked ✅ Big fight tonight again 💪🏾 #goingformore

Raheem Sterling x 😇(@sterling7)がシェアした投稿 –

マンチェスター・Cへ移籍後は、背番号7。移籍後は変わっていません。

こだわっているのかな?と思いきや、そうでもない。クラブが用意をした背番号なのだと思われます。

移籍金4900万ポンド(約94億2000万円)と高額で大きな話題となりましたね。

加入1、2年目はチャンスメーカーのような感じで活躍していましたが、3年目からストライカーへと変貌しましたね。

2017-2018シーズン以降は、2桁得点を挙げ続け、今後何シーズン連続で達成できるのか?注目しています。

マンチェスター・Cでの成績

  • 2015-2016:公式戦47試合11得点10アシスト
  • 2016-2017:公式戦47試合10得点20アシスト
  • 2017-2018:公式戦46試合23得点17アシスト
  • 2018-2019:公式戦51試合25得点18アシスト
  • 2019-2020:公式戦52試合31得点10アシスト

イングランド代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Job done for our last qualifiers 👏🏾🦁 @england well done & congrats to our first scorers tonight ❤️

Raheem Sterling x 😇(@sterling7)がシェアした投稿 –

ラヒーム・スターリング選手のイングランド代表での背番号一覧です↓

2012-201320、21
2013-201419
2014-20157、9、11、19、20
2015-20167
2016-20177、19、21、22
2017-201810
2018-20197、10、11
2020-20217、10

ラヒーム・スターリング選手がイングランド代表に選出されたのは、2012年。11月に行われたスウェーデン戦でイングランド代表デビュー。

2014年W杯ブラジル大会でメンバー入り。試合にも出場しました。その時の背番号は19。

若いうちに、W杯を経験できたことは大きい!この経験が成長速度を速めてくれたのかもしれません。

W杯ロシア大会では、背番号10を背負いました。大きな期待を背負っていたせいか?思うようなプレーができず。

この時は、大きな批判を浴びましたが、現在は問題なし(たぶん)。

UEFAネーションズリーグ決勝ラウンドでも背番号10番だったようですね。

これから、EURO、W杯予選も始まりますし、ラヒーム・スターリング選手の背番号が変わっていくのか?注目です。

まとめ

今回は、ラヒーム・スターリング選手のクラブ、イングランド代表での歴代背番号について書いてみました。

クラブの背番号は変わらないですね。ほぼ固定された番号でした。

一方、イングランド代表では変わってばかりですね。もう流石に変わることはないと思われます。

ラヒーム・スターリング選手がイングランド代表をEURO優勝、W杯優勝に導けるのか?注目しています。

ラヒーム・スターリングのプレースタイルの特徴と弱点は?

2020.05.17