リュディガーの年俸推移が凄すぎる!各クラブでの金額を紹介!

チェルシーを退団し、レアル・マドリード加入が報道されているリュディガー選手。

メディカルチェックも済ませ、仮契約のサインも行ったと言われていますね。

メガクラブに移籍するリュディガー選手ですが、気になる年俸はどうなのでしょうか?

これまでの年俸推移も気になりますね。

また、金満クラブチェルシーから移籍なので、年俸は減少するのでしょうか?

そこで今回は、リュディガー選手の年俸について書いていきたいと思います。


リュディガーのレアル・マドリード移籍決定報道!契約内容は?

リュディガー選手は、レアル・マドリードと仮契約のサインを行ったようですね。

契約期間は2026年までの4年間とのこと。

気になるレアル・マドリードでの年俸ですが、このような報道が出ていました↓

英『アスレティック』は、リュディガーはマドリーとの契約により手取り900万~1000万ユーロ(約12億3000万~約13億7000万円)という高額年俸を手にすることになると伝えた。

また、4億ユーロ(約549億円)という巨額の契約解除金が設定されるという。

引用:チェルシーDFリュディガー、レアル移籍決定報道。正式発表はいつ?契約内容は? | フットボールチャンネル (footballchannel.jp)

年齢やポジションを考えると、高額年俸なのではないでしょうか?

リュディガー選手の実力を考えれば、年俸は安いのかもしれませんね。

次は、リュディガー選手の年俸推移について見ていきたいと思います。

リュディガーの年俸推移は?各クラブでの金額はいくら?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Antonio Rüdiger(@toniruediger)がシェアした投稿

リュディガー選手は、素晴らしいステップアップをしてきました。

きっと、年俸推移も順調だったことでしょう。

チェルシーでの年俸は、移籍先のレアル・マドリードよりも高いのでしょうか?

それでは、リュディガー選手の年俸推移を見ていきましょう。

シュトゥットガルト

Antonio Rüdiger

引用:Twitter

シュトゥットガルトでの年俸です↓

シーズン年俸週給
2013-201441万5000ユーロ
(約5600万円)
7981ユーロ
(約110万円)
2014-201536万5000ユーロ
(約4900万円)
7019ユーロ
(約94万円)

※金額は税込みで、1ユーロ=134.53円で計算しています。

クラブ規模やリュディガー選手の年齢などを考えると、妥当な金額のように思えます。

プロ、トップチームデビューを果たしたリュディガー選手。

順調に成長し、2013-2014シーズンにはリーグ戦30試合に出場!

シュトゥットガルトで試合経験を多く積んだリュディガー選手は、2015年にセリエAのローマにレンタル移籍することになりました。

ローマ

Antonio Rüdiger

引用:Twitter

ローマでの年俸です↓

シーズン年俸週給
2015-201661万9000ユーロ
(約8300万円)
1万1904ユーロ
(約160万円)
2016-2017265万8000ユーロ
(約3億6000万円)
5万1115ユーロ
(約690万円)

※金額は税込みで、1ユーロ=134.53円で計算しています。

セリエAの名門ローマに加入したリュディガー選手。

1年目は、レンタル移籍での加入でしたが、リーグ戦30試合に出場。

しかも、UEFAチャンピオンズリーグも経験しています。

この活躍で完全移籍を勝ち取ったリュディガー選手は、年俸が大幅にアップ!

ローマで活躍したリュディガー選手は、チェルシーに移籍することになりました。

チェルシー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Antonio Rüdiger(@toniruediger)がシェアした投稿

チェルシーでの年俸です↓

シーズン年俸週給
2017-2018520万ポンド
(約8億2400万円)
10万ポンド
(約1600万円)
2018-2019520万ポンド
(約8億2400万円)
10万ポンド
(約1600万円)
2019-2020520万ポンド
(約8億2400万円)
10万ポンド
(約1600万円)
2020-2021520万ポンド
(約8億2400万円)
10万ポンド
(約1600万円)
2021-2022520万ポンド
(約8億2400万円)
10万ポンド
(約1600万円)

※金額は税込みで、1イギリスポンド=¥158.47円で計算しています。

流石、金満クラブであるチェルシー!

リュディガー選手の年俸は一気に上がりましたね。

チェルシー移籍後は、レギュラーとして活躍していましたが、フランク・ランパード氏が監督就任後から出番が減少・・・。

しかし、トーマス・トゥヘル氏が監督就任後からレギュラーに復帰!

2020-2021シーズンには、UEFAチャンピオンズリーグ優勝を経験↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

Antonio Rüdiger(@toniruediger)がシェアした投稿

2021-2022シーズンも活躍していましたが、4月に再契約交渉が決裂・・・。

シーズン終了後、チェルシーを退団し、レアル・マドリードに移籍するみたいですね。

レアル・マドリードでも素晴らしいプレーを見せてくれると思うので、移籍後のリュディガー選手に注目していきましょう。

※余談ですが、チェルシーでの年俸を手取りで見てみると、年俸286万ポンド(約4億5000万円)なので、レアル・マドリードの方が3倍以上高いですね。

報道ベースですが、レアル・マドリードでの年俸は、手取り900万~1000万ユーロ(約12億3000万~約13億7000万円)。

レアル・マドリード移籍で大幅に上がります。

まとめ

リュディガー選手の年俸について書いてみました。

レアル・マドリード移籍で年俸は大幅にアップしていますね!

チェルシーでの年俸よりも高くなっていることは驚きでした。

年俸推移を見てみると、順調な推移でしたね。

リュディガー選手の活躍からすれば、当然のことでしょう。

今後、レアル・マドリードでどんなパフォーマンスを披露してくれるのか?

凄く楽しみですね。

Antonio Rüdiger

リュディガーのポジション、プレースタイルは?クラブ、ドイツ代表の歴代背番号は?

2022.05.15