レバンドフスキが所属してきたクラブでの年俸は?バイエルンでは高額年俸?

世界トップレベルの選手の年俸は、想像ができないぐらい高額ですよね?

何十億円が当たり前です。それに比べ、Jリーグの年俸は・・・。

資金力などを含め、海外と日本の市場規模の違いを思い知ら競れますよね?移籍金とか、あり得ないぐらい高騰していますし。

いったい、どこまで上がるのでしょうか?想像がつきませんね。

今回は、ドイツの名門・バイエルンに所属しているレバンドフスキの年俸について書いてみたいと思います。

レバンドフスキといえば、世界屈指のストライカーですし、バイエルンは世界屈指のビッククラブなので年俸も凄いことになっているのでしょうか?

では、バイエルンでのレバンドフスキの年俸について書いていきたいと思います。


バイエルンでのレバンドフスキの年俸は?

バイエルンですと、高額な年俸が期待できそうですね。

レバンドフスキは、バイエルンの絶対的エースなので、高額な年俸をもらっていることでしょう。

レバンドフスキとバイエルンの契約は、5年で45億円という話が出ています。

あくまで、表の年俸であるので、ボーナスとかも含めれば年俸は多くなるはず。

5年契約と言っても、途中で契約を変えるかもしれませんので、年俸は上がっている可能性もありますね。

色々と、調べていると、2016年の契約延長の前には、レバンドフスキの年俸は1000万ユーロ。

契約延長後は1200万ユーロ。「レバンドフスキ 年俸」と検索すると、1500万ユーロと出ています。

為替の影響もあるので、当時と今のレートの違いで合計額が違うので、多くなったのか?少なくなったのか?わかりませんね。

とあるニュースによると、2018年度のバイエルンの高額年俸選手1位になったのが、レバンドフスキなので、今後もバイエルンの高額年俸者として君臨するのでしょう。

所属クラブが、バイエルンだから、もっと高額年俸かと思っていましたが、そうでもないですね。

一部の選手の年俸が高すぎるのですね。

レバンドフスキの年俸が適正価格なのかもしれません。年齢を考えれば、年俸が減っていく方ですし。

プレミアリーグのビッククラブ所属の選手でも、調べてみると、ビックリするほどの年俸でなかったりします。

一般人以下の私から見れば、凄い年俸なのですが。

レバンドフスキは、レアルに移籍するのではないかと言われていましたが、しなくて良かったですね。

年俸は上がると思われますが、フィットせずに苦しんだことでしょう。

年俸だけで考えれば、カタール、中国がありますが、レバンドフスキは行かないでしょうね。

中国からオファーがあったようですが断りを入れたようです。まだ、そこまで老け込んでいませんし、欧州でやれてますので。

では、レバンドフスキが所属してきたクラブでの年俸は、どのくらいだったのでしょうか?

次は、レバンドフスキが所属してきたクラブでの年俸について書いていきたいと思います。

レバンドフスキが所属してきたクラブでの年俸は?

レバンドフスキが所属してきたクラブでの年俸は、どうだったのでしょうか?

所属クラブでの年俸を見ていきたいと思います。

まず、レバンドフスキが所属してきたクラブを見てみると、ズニチェ・プルシュクフ(ポーランド)、レフ・ポズナン(ポーランド)、ドルトムント(ドイツ)。

ズニチェ・プルシュクフは、レバンドフスキがプロデビューしたクラブで、当時3部リーグに所属。

そこから、1部まで昇格しました。その時のレバンドフスキの年俸は明らかにされていません。

続く、レフ・ポズナンでの年俸も明らかにされていませんね・・・。

ドルトムントに移籍をしてから、レバンドフスキの年俸が明らかになりました。

ドルトムントに移籍した時の年俸はわからなかったのですが、契約延長の際に年俸の話が出てきました。

当時、レバンドフスキはバイエルンに移籍をしていたがっていたが、ドルトムントが拒否。

その時に、話し合いを持ち、レバンドフスキは年俸アップを勝ち取ったという話が出ていました。

契約更新の際に提示された年俸は、150万ユーロ+出来高だったようですが、最終的には活躍によって、500万ユーロを超える契約を勝ち取ったようです。

その時のレバンドフスキは、

「いろいろ話し合って、問題についても解決した。これからシーズンに集中しないとね」

とコメントをしていました。

なんとしても、ライバル・バイエルンには行かせないといったドルトムントの執念とレバンドフスキの代理人の活躍で契約したわけですが、ほんのひと時でしたね。

数年後には、バイエルンに移籍してしまったので・・・。

ドルトムントも所属クラブとしては素晴らしいクラブですが、バイエルンに比べると規模がね。

香川真司などの主力が去った後は悲惨な状況でしたし、レバンドフスキが移籍したい気持ちもわかります。

今後、当分はバイエルンに所属することと思われますが、後何年いられるのか?

バイエルンで引退するのか?それとも、移籍をして違うチームでプレーし続けるのか?

レバンドフスキの動向にも注目ですね!

まとめ。

今回は、レバンドフスキの所属してきたクラブでの年俸について書いてみました。

現在所属しているバイエルンでは、一番年俸をもらっている選手ですが、思っていたより低くてビックリしました。

しかし、プレミアリーグの選手でも桁違いな金額をもらっている選手は多くないですし、妥当な年俸なのかなと思いました。

ちょっと、意外であったのが、ドルトムントでの年俸ですが、香川真司が日本で契約更新をした時の年俸を見ても大金をもらっている選手はいないのかな?と思いました。

健全なクラブ運営をするために、そうしているのでしょう。

レバンドフスキの年俸が、これから上がる可能性は少ないですが、どこまで維持できるのか?注目していきましょう!

こちらの記事も読まれています↓

レバンドフスキの身長、体重が規格外!プレースタイルに影響しているのか?

アレクシス・サンチェスの年俸が高額すぎる!その理由は?

キリアン・ムバッペの年俸の推移は、やはり半端なかった?

ネイマールの年俸を時給に換算したら、やっぱり半端ないね!

ガブリエル・ジェズスの年俸は、高い方なのか?低い方なのか?

マーカス・ラッシュフォードの年俸は、年齢が近い選手より高い?