大迫敬介の年俸は低い?J1リーグ平均年俸は、どれぐらい?

Jリーグの年俸を調べていると、海外の年俸と比べ低いですよね?

市場規模から考えれば、低くなることは仕方がないことなのですが。

ここ最近、東京オリンピック代表候補も海外へ移籍をする選手も増えてきています。

東京オリンピック代表の正GK候補である大迫敬介も海外移籍を近いうちにしそうな感じがします。

そうすると、大迫敬介の年俸も大幅に上がることでしょう。

そこで、今回は、大迫敬介の年俸について書いていきたいと思います。


大迫敬介の年俸は?やはり、年俸は低いのか?

大迫敬介の年俸は、2019年開幕当時は、380万円だったそうです。

2017年にプロ契約を交わした大迫敬介は、Jリーグの規定でC契約選手となります。

アマチュアからプロ契約した選手が1番初めに結ぶ契約で、一定条件をクリアしないと年俸の上限が決められてしまいます。

Jリーグの選手契約の条件はコチラのサイトをご覧になると理解できます↓

Jリーグ選手契約の条件。

大迫敬介は、2018年も試合出場がなく、A契約を結ぶためのJ1試合出場時間450分を超えることができませんでした。

しかし、2019年にはスタメンの座を奪い取り、450分の条件をクリア!

これで、2020年は現在よりも大幅に上がるはず。

それでも、Jリーグなので大幅アップは難しいでしょう。

A代表、東京オリンピック代表候補である大迫敬介ですので、年俸1000万円ぐらいまではいくのではないでしょうか?

そこで、気になるのが、大迫敬介が所属する広島の平均年俸や高額年俸選手は、どんな選手なのでしょうか?

2019年のデータをもとに書いていきたいと思います。

広島の平均年俸は?高額年俸選手は、誰?

大迫敬介が所属する広島の総額年俸は、6億4770万円。

平均年俸は、2159万円。

ちなみに、J1リーグの平均年俸は、3504万円。

J1リーグの平均年俸に比べ低いですね。

広島の高額年俸選手を調べてみると、

1位が、青山敏弘で、6800万円。

2位が、パトリックと柏好文で、6000万円。

4位が、柴﨑晃誠と水本裕貴で、4500万円。

広島の高額年俸選手5位までの選手ですが、全員30代。

その下を見てみると、年齢が高い選手が年俸が高いですね。

J1リーグのほとんどのクラブが年功序列のような形となっております。

ちなみに、大迫敬介の年俸は1番低かったですね。

広島の登録選手の平均年齢は、27,71歳なので仕方のないことかもしれません。

世界的に見ても攻撃のポジションの選手が高額の年俸をもらう傾向にありますが、GKの平均年俸は、どのくらいなのでしょうか?

J1リーグのGK平均年俸について書いていきたいと思います。

J1リーグのGK平均年俸は、どのくらいなのか?

先ほども書きましたが、攻撃的なポジションの選手に比べ、年俸が低くなる傾向にある守備的なポジションの選手。

J1リーグでも同じような傾向がみられるのでしょうか?

では、J1リーグのGK平均年俸を見てみましょう。

1位は、名古屋のランゲラック。年俸は、2億円。さすが、金持ちクラブ!GKで2億円なんてね。

2位は、C大阪のキム・ジンヒョンと浦和レッズの西川周作、川崎のチョン・ソンリョン。1億円。

5位は、神戸のキム・スンギュ。9000万円。

こう見ると、GKでも高額年俸をもらっているように見えますが、ここから下は差が大きい。

大迫敬介は、下から数えた方が早い位置にいます。

J1リーグのGK平均年俸は、2406万円。

いかに、上にランクインしている選手が引き上げているのかがわかります。

ちなみに、FWだと、4844万円。MFだと、3944万円。DFは、2456万円。

やはり、守備の選手ほど年俸が低くなっていますね。

J1リーグだけでなく世界でも同じ傾向が見られます。

年俸の査定方法について、わかりやすく書いてあるサイトがありました。

コチラを見ていただければ、J1の年俸の査定がわかります→J1リーグの査定方法。

年俸が大きく跳ね上がるためには、日本代表選出が大きな影響を及ぼすようですし、大迫敬介も選ばれているので、上がるかもしれませんね。

あまり期待はできなさそうですが。大迫敬介が海外に移籍すれば、大幅な年俸アップは見込めるかもしれませんね。

AFC U-23選手権で活躍をし、東京オリンピック後に海外移籍を果たしてほしいものです。

大迫敬介は、GKとしては年齢が若く、多くの経験を積んで、A代表の正GKになってもらいたいですね。

経験がものを言うポジションなので、海外で揉まれて逞しくなって欲しいですね。

さて、2020年には、大迫敬介の年俸が、どのくらい上がるのか?注目してみましょう!

2020年の大迫敬介の年俸がわかり次第、追記をしたいと思います。

まとめ。

今回は、大迫敬介の年俸と所属クラブである広島の平均年俸、高額年俸選手について書いてみました。

大迫敬介は、ようやくA契約を勝ち取ったわけですから、年俸が低くても仕方のないことですね。

日本代表にも選出され、これから年俸は上がることでしょう。

ただ気になるのが、世界的に見ても守備的なポジションの選手の年俸が低いことは残念です。

もう少し、報われるようになって欲しいですね。かなり難しい願いですが。

それでも、責任感があるGKのポジションを務めている大迫敬介には、日本勝利のために大活躍をしてほしい。

東京オリンピックで日本代表を金メダルに導く活躍に期待しています!

こちらの記事も読まれています↓

大迫敬介のプレースタイルは?最大の特徴は、メンタル?

杉岡大暉の年俸は、Jリーグの平均年俸よりも高いのか?クラブ平均は?

【2019年】久保建英の年俸は?同じ世代で活躍している選手は?

キリアン・ムバッペの年俸の推移は、やはり半端なかった?

マーカス・ラッシュフォードの年俸は、年齢が近い選手より高い?