奥川雅也の年俸推移は?気になるビーレフェルトでの金額は?

Masaya Okugawa

ビーレフェルトに完全移籍が決まった奥川雅也選手。

2021年1月に期限付き移籍で加入し、チームの1部残留に貢献したことで買取オプションを行使してもらえました。

これまでの努力が報われた形になって良かったです。

欧州5大リーグのクラブに完全移籍となると気になるのは、年俸ですよね?

奥川雅也選手の年俸はどうなのでしょうか?

年俸推移はどうなのでしょうか?

今回は、奥川雅也選手の年俸推移について書いていきたいと思います。

参考サイト


奥川雅也がビーレフェルトに完全移籍!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masaya Okugawa(@masaya_0414_09)がシェアした投稿

2021年6月にビーレフェルトに完全移籍を果たした奥川雅也選手。

2021年1月に期限付き移籍で加入し、チームの1部残留に大きく貢献していましたね。

その活躍が認められ、買取オプションを行使してもらえました。

今後、奥川雅也選手がどんな活躍をしてくれるのか?楽しみですね。

ブンデスリーガで安定した活躍を見せてくれるのか?注目です。

欧州5大リーグに完全移籍をしたということで、年俸も大幅に上がるはず!

奥川雅也選手の年俸推移はどうだったのでしょうか?

調べてみました。

奥川雅也の年俸推移は?各クラブでの金額は、いくらなのか?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masaya Okugawa(@masaya_0414_09)がシェアした投稿

京都サンガの下部組織で育った奥川雅也選手は、2015年にトップチーム昇格を勝ち取りました!

2015年6月にオーストリアの名門ザルツブルクへ完全移籍を果たし、その後、様々なチームに期限付き移籍をしていました。

2019年に復帰し、2021年1月にビーレフェルトに期限付き移籍し、完全移籍を勝ち取りましたね。

奥川雅也選手は様々なクラブを渡り歩いてきましたが、各クラブでの年俸はどうだったのでしょうか?

年俸推移はどうだったのでしょうか?

京都サンガ

京都サンガでの年俸です↓

シーズン年俸
2015350万円

Jリーグの規約があるので、このくらいの年俸になってしまいます。

みんなに多様な金額からスタートなので、奥川雅也選手だけが低い設定になっているわけではありません。

京都サンガの下部組織で育った奥川雅也選手は、2014年に2種登録としてトップチームに登録されていました。

その年に、翌年からトップチームに昇格することが発表されましたね!

2015年5月6日にリーグ戦デビューを飾りました。

その後、京都サンガで活躍していくと思われていましたが、オーストリアの名門ザルツブルクからオファーがあり、移籍を決意!

若くして、海外挑戦を決めましたね!

京都サンガでの成績

  • 2015:公式戦4試合0得点1アシスト(Jリーグ U-22選抜)
  • 2015:公式戦5試合1得点0アシスト

ザルツブルク

ザルツブルクでの年俸です↓

シーズン年俸週給
2015-2016約11万8000ユーロ
(約1500万円)
約2270ユーロ
(約29万円)

2015年6月にザルツブルクに完全移籍した奥川雅也選手。

すぐに、ザルツブルクのセカンドチームであるFCリーフェリングに期限付き移籍することになりました。

トップチームでプレーするよりも出場機会を得られる環境に行けたことは良かったのではないでしょうか?

FCリーフェリング

FCリーフェリングでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2015-2016約11万8000ユーロ
(約1500万円)
約2270ユーロ
(約29万円)
2016-2017約5万5900ユーロ
(約720万円)
約1100ユーロ
(約14万円)

期限付き移籍なので、年俸は変わりありません。

ザルツブルクに完全移籍した奥川雅也選手ですが、すぐにセカンドチームにあたるFCリーフェリングに期限付き移籍しました。

若い奥川雅也選手にとっては多くの出場機会が得られるので良かったのではないでしょうか?

2シーズン在籍し、多くの試合経験を積んだ奥川雅也選手はSVマッテルスブルクに期限付き移籍をすることになりました。

FCリーフェリングでの成績

  • 2015-2016:公式戦30試合3得点7アシスト
  • 2016-2017:公式戦34試合5得点3アシスト

SVマッテルスブルク

SVマッテルスブルクでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2017-2018約5万5900ユーロ
(約720万円)
約1100ユーロ
(約14万円)

2017年にSVマッテルスブルクに期限付き移籍し、多くの試合に出場しました。

そろそろ、ザルツブルクに復帰かと思われましたが、今度はドイツ2部のホルシュタイン・キールに期限付き移籍となりました。

ステップアップに成功!と言えるのではないでしょうか?

SVマッテルスブルクでの成績

  • 2017-2018:公式戦30試合8得点4アシスト

ホルシュタイン・キール

ホルシュタイン・キールでの年俸です。

シーズン年俸週給
2018-2019約24万2000ユーロ
(約3100万円)
約4700ユーロ
(約60万円)

ドイツ2部ということでステップアップしたような感じがありますね。

奥川雅也選手は怪我もあり、シーズン中盤まではコンスタントに出場できていませんでした。

復帰後は、安定した活躍を見せてくれていました。

ホルシュタイン・キールでの成績

  • 2018-2019:公式戦21試合5得点1アシスト

ザルツブルク(復帰)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masaya Okugawa(@masaya_0414_09)がシェアした投稿

ザルツブルクでの年俸です。

シーズン年俸週給
2019-2020約30万4000ユーロ
(約3900万円)
約5900ユーロ
(約76万円)

ザルツブルクに復帰した奥川雅也選手は、主力選手として活躍!

特に、2020-2021シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでバイエルン相手に決めた得点は見ていて気持ちよかったですね↓

ボールのもらい方が上手いですね!

これも期限付き移籍で多くの試合を経験してきたことが生きたのだと思われます。

もう少し、ザルツブルクにいるのかな?と思いましたが、ドイツのビーレフェルトから期限付き移籍の話が来ました!

そして、奥川雅也選手は期限付き移籍を決めました。これが大きなきっかけとなりましたね!

ザルツブルクでの成績

  • 2019-2020:公式戦33試合11得点6アシスト
  • 2020-2021:公式戦14試合3得点4アシスト

ビーレフェルト

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masaya Okugawa(@masaya_0414_09)がシェアした投稿

ビーレフェルトでの年俸です↓

シーズン年俸週給
2020-2021約30万4000ユーロ
(約3900万円)
約5900ユーロ
(約76万円)
2021-2022約42万9000ユーロ
(約5500万円)
約8250ユーロ
(約105万円)

2021年1月に加入し、チームの1部残留に貢献した奥川雅也選手に買取オプションを行使したビーレフェルト。

2021-2022シーズンは好調を維持し、チームトップの8得点を挙げています。(2022年3月12日時点)

チームは厳しい状況ですが、奥川雅也選手の活躍で順位を上げてもらいたいものです。

そして、ブンデスリーガ上位クラブなどステップアップし、ヨーロッパのコンペンションに出場できるクラブに移籍してもらえると嬉しいですね。

※できれば、サッカー日本代表で活躍する姿を見てみたいものです。

まとめ

今回は、奥川雅也選手の年俸推移について書いてみました。

ビーレフェルト加入後は、奥川雅也選手の情報も多く入ってくるようになりましたし、本人も喜んでいるのではないでしょうか?

今後は、多くの得点、アシストを記録し、目立ってほしいです。

出来れば、上位クラブに移籍し、ヨーロッパのコンペンションに出場できるクラブに移籍してほしいですね。

2022年堂安律の年俸は約9700万円!8年間の推移が凄すぎる!5つのクラブで稼いだ金額はいくら?

2022.11.09