安部裕葵の高校時代は?何故、瀬戸内高校に進学を決めたのか?

プロ入りする選手は、ユースに行く人が多いですよね?

特に、現在の日本代表を見ても高校出身よりもユース出身の選手の方が多いのではないでしょうか?

以前は、高校からの選手も多かったのですが、プロ入りを考えるとなるとユースに入る選手が多く、狭き門で厳しいですね。

安部裕葵もユース出身の選手かと思えば、高校卒業の選手だったのですね。

しかも、瀬戸内高校という高校は、全国区の高校なのか?と思うぐらいでした。

きっと、安部裕葵にとっては良い環境だったのでしょうね。

今回は、安部裕葵の高校時代について書いていきたいと思います。


安部裕葵の高校時代は、どんな感じであったのか?

安部裕葵は東京出身の選手ですが、プロ選手になるためということで瀬戸内高校に進学。

瀬戸内高校は広島県の強豪高校のようですが、全国レベルかというと、そうでもないかもしれません。

実際に、瀬戸内高校サッカー部のHPを見てみたら、2018年に全国高校サッカー選手権大会で3位になっているんですね。

インターハイ、選手権に何回か出場しているようで、安部裕葵がいた時は、インターハイでベスト8まで進出しました。

そこで、大会優秀選手に選ばれ、鹿島アントラーズのスカウトに目が留まり、入団。

当時の瀬戸内高校の監督は、安部裕葵のことを、こんな感じで話していました。

「2年生の初めごろまでは、相手の人数がそろっているのにドリブルで突っ込んでいったり、相手を背負った状態から無理に仕掛けて、ボールを奪われたりしていた。強引なプレーが失点につながることもあったので、厳しく言ったり、試合に使わなかったりしました」

まあ、安部裕葵のプレースタイルを見ていると、プロになっても強引な部分は見られますね(笑)

ただ、高校の時のプレーはわかりませんが、プロになってからは状況に応じてパスを出しながら、自分の良さを出していると思われます。

高校時代の監督の厳しい指導や安部裕葵が聞く耳を持っていたことが大きな成長につながったようです。

無理に仕掛けて、ボールを奪われるようであれば、スカウトの目にも留まりませんし、県内でも勝てなかったことでしょう。

安部裕葵抜きでも勝てるチームであったかもしれませんが、安部裕葵が大人になったことでチームが強くなったのだと思われます。

しかし、何故、安部裕葵は地元東京を離れ広島の高校に通うことにしたのでしょうか?

プロ入りを考えるのであれば、ユースを受けた方が良かったはずなのに。

次は、何故、安部裕葵が瀬戸内高校に進学を決めたのかについて書いていきたいと思います。

安部裕葵が瀬戸内高校に進学した理由とは?

安部裕葵がプロになると決めたのは中学生の時だったようです。

不思議に思うのが、プロになると決めた時にユースに入ることは考えていなかったのでしょうか?

まあ、そこは人それぞれの考え方があるので高校サッカーを選ぶのも良いと思います。

高校に進学する時に瀬戸内高校と鹿島高校から推薦が来ていたようです。

通うことを考えると、どちらもきついですね。決め手は、瀬戸内高校がインターハイに出ているという理由からだったそうです。

まあ。プロ入りするには全国の舞台に出られる高校でないと厳しい部分がありますので、当然の選択だと思われます。

しかも、安部裕葵がプロになりたいという理由は、自分にサッカーをさせてくれている親に恩返しがしたいという理由からだったそうです。

親孝行したいという気持ちは素晴らしいですが、瀬戸内高校に進学となると・・・。

結果的に瀬戸内高校で成長し、鹿島アントラーズに入団し、世界屈指の名門バルセロナに所属できたので親孝行になりました。

コレ、失敗していたら笑えない話になりましたね。

プロになるという強い気持ちを持って広島に行った安部裕葵だからできたのでしょう。

両親とは高校卒業までにプロになるという約束までして瀬戸内高校に進学した安部裕葵。

入学当初から気合が違ったことでしょう。

全く知らない環境で、生活になれ、サッカーも頑張らなくてはいけないのできつかったことでしょう。

それでも続けられたのは、プロになりたいという思いがあったから成し遂げられたことだと思います。

今では、A代表にも選出され、東京オリンピック世代ではエース格の選手。

来年の東京オリンピックで大活躍をすることが一つ大きな恩返しとなりそうですね。

一番の恩返しは、長い間、怪我無く、サッカーを続けていけることだと思いますので怪我には気を付けてほしいです。

バルセロナで成功できるようになったら、両親を招待するのでしょうね。

バルセロナで輝く安部裕葵が見られる日を楽しみに待っています。

まとめ。

今回は、安部裕葵の高校時代のことについて書いてみました。

ユースではなく高校サッカーを選んだことには驚きましたが、安部裕葵が選んだ道なので文句はないです。

瀬戸内高校に進学した時の安部裕葵のプロになるという覚悟は強いものであったと思われます。

そうでなければ、広島まで行くことはないですから。わざと厳しい環境を求めて進学をしたのでしょう。

それが、安部裕葵にとって良かったようで、良き監督、チームメートに出会えたのかなと思います。

高校サッカー出身の選手は精神的に強い傾向があるので、安部裕葵がバルセロナで化けることを期待したいですね!

こちらの記事も読まれています↓

安部裕葵のプレースタイルとポジションは?適性ポジションはどこ?

安部裕葵がバルセロナ移籍で輝くためには?必要なことは何?

原口元気は、ユース時代に、高校サッカーに嫉妬していた?

酒井宏樹の出身高校は、凄い卒業生が多い?。どんな人がいるの?

槙野智章は、なぜ通信制の高校にしなかったのか?何か理由はあるのか?

久保建英が通学している高校は?やはり、通信制の高校?