【歴代】エデン・アザールのクラブ、代表での背番号は?

プレミアリーグの強豪チェルシーで中心選手として活躍し、念願のレアル・マドリードへ移籍を果たしたエデン・アザール選手。

レアル・マドリードに加入後、怪我が多く、思うようなパフォーマンスができていない状況です。

怪我が治れば、世界トップクラスの実力をいかんなく発揮してくれると思っているので、早く治してほしいものです。

エデン・アザール選手は3クラブに所属してきましたが、背番号は何番を背負っていたのでしょうか?

今回は、エデン・アザール選手のクラブ、代表での歴代背番号について書いていきたいと思います。


【歴代】エデン・アザールのクラブ、代表での背番号は?

フランスのリール、イングランドのチェルシー、スペインのレアル・マドリードの3クラブに所属してきました。

エデン・アザール選手というと背番号7、10のイメージが強いですが、どうだったのでしょうか?

リール時代からの背番号を見ていきたいと思います。

リール

エデン・アザール選手は14歳の時に、リールの下部組織に移り、トップチームまで上り詰めました。

トップチーム昇格後の背番号は何番であったのでしょうか?見ていきましょう!

リールでの歴代背番号は以下の通りです↓

シーズン番号
2007-200836
2008-201126
2011-201210

2008-2009シーズンから主力選手として活躍し、そのシーズンではベルギー人として初のリーグ・アンの最優秀若手選手賞を受賞!

翌シーズンも受賞し、当時、レアル・マドリードの幹部を務めていたジダン氏(現在レアル・マドリード監督)から賞賛されたほどでした。

「アザールは未来のクラック。優れた選手で、さらに良くなっていくはずだ」

「目をつむってでも、マドリーに連れていきたいね」

引用:https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=59771

その後もリールで活躍し、2010-2011、2011-2012シーズンでリーグMVPを受賞しました。

2011年には、欧州でプレーする最優秀若手サッカー選手に贈られるにブラヴォー賞に受賞!

そして、2012年にプレミアリーグのチェルシーへ移籍をしました。

※この時、マンチェスター・Uなどからもオファーがあったようですが、チェルシーを選択。

エデン・アザール選手のリール時代の成績は、

  • 2007-2008:公式戦4試合0得点0アシスト
  • 2008-2009:公式戦35試合6得点4アシスト
  • 2009-2010:公式戦52試合10得点13アシスト
  • 2010-2011:公式戦54試合12得点14アシスト

という、とんでもない記録を打ち立てました。

得点、アシスト数ともに文句ない数字ですね!リール時代のエデン・アザール選手の凄さがわかる動画を載せてみました↓

このころから完成された選手だったのですね。

これなら、ジダン氏も欲しがるはず。納得です!

チェルシー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eden Hazard(@hazardeden_10)がシェアした投稿

プレミアリーグの強豪から多くオファーをもらった中で、エデン・アザール選手が選んだのはチェルシー。

チェルシーでの背番号は以下の通りです↓

シーズン番号
2012-201317
2013-201910、17

入団したシーズンは背番号13番。その後、背番号10に変更されました。

2012-2013シーズンは、あたりの激しいプレミアリーグに適応できるのか?心配されていましたが、余計な心配でした。

1年目からチェルシーの主力として活躍し、PFA年間ベストイレブンに選出されるほどの活躍を見せてくれました。

その後、クラブに数々のタイトルももたらし、個人賞も多く受賞。

クラブのタイトルは、

  • プレミアリーグ:2014-2015、2016-2017
  • FAカップ:2018-2019
  • フットボールリーグカップ:2014-2015
  • UEFAヨーロッパリーグ:2012-2013、2018-2019

個人賞は、

  • PFA年間ベストイレブン:2012-13, 2013-14, 2014-15, 2016-17
  • PFA年間最優秀若手選手賞:2013-14
  • PFA年間最優秀選手賞 :2014-15
  • FWA年間最優秀選手賞:2014-15
  • プレミアリーグ最優秀選手賞:2014-15

と数多くのタイトル獲得をしています。

チェルシー時代のエデン・アザール選手は誰にも止められないといっていいほどのプレーを見せてくれていました。

私の中では、このゴールシーンが1番印象的でしたね!

2018-2019シーズンのヨーロッパリーグで優勝を飾り、クラブにタイトルとUEFAチャンピオンズリーグ出場権をもたらして、レアル・マドリードに移籍をしました。

チェルシーでの成績は、

  • 2012-2013:公式戦62試合13得点24アシスト
  • 2013-2014:公式戦49試合17得点10アシスト
  • 2014-2015:公式戦52試合19得点13アシスト
  • 2015-2016:公式戦43試合6得点8アシスト
  • 2016-2017:公式戦43試合17得点7アシスト
  • 2017-2018:公式戦51試合17得点13アシスト
  • 2018-2019:公式戦52試合21得点17アシスト

と、とんでもない記録です。

もう少し、チェルシーでのプレーを見てみたかったですね。

エデン・アザール選手は、2019年に憧れのジダン氏が率いるレアル・マドリードへ移籍をすることになりました。

レアル・マドリード

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eden Hazard(@hazardeden_10)がシェアした投稿

2019年に加入し、大きな話題となりましたね!

気になる背番号は7番。

もちろん、現在も7番でプレーしています。

ただ、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のバイエルン戦で背番号50を背負い、話題になりました。

なぜ、50番を背負ったのかというと、試合が行われた7月20日がアポロ11号により人類が初めて月面着陸に成功した日で「50周年記念日」だったからのようです。

エデン・アザール選手は、こういったお茶目な一面があったのですね。

しかし、レアル・マドリードに移籍をしてからは怪我ばかりしています。

レアル・マドリードに加入後の怪我を見てみると、

  • 2019年8月:左足大腿直筋負傷
  • 2019年12月:右足首の外部不全断裂
  • 2020年2月:右足腓骨の亀裂骨折
  • 2020年9月:右足の筋肉負傷
  • 2020年11月:右足大腿直筋負傷
  • 2021年1月:左足大腿直筋負傷
  • 2021年3月:右足腸腰筋の負傷

と結構、怪我が多いですね。

レアル・マドリードに移籍後、活躍できていないことで放出の話も出てきました。

マンチェスター・U移籍が急浮上しているというニュースが出てきましたし、あり得るかもしれませんね。

マンチェスター・Uが、本当に取りに来るのか?不明ですが・・・。

今のエデン・アザール選手ですと、レアル・マドリードは放出したいと思っているでしょうね。

今後、どのような展開になるのか?エデン・アザール選手とレアル・マドリードの動向に注目です!

代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eden Hazard(@hazardeden_10)がシェアした投稿

エデン・アザール選手のベルギー代表での歴代背番号は以下の通りです↓

シーズン番号
2006-2007(U-17)15
2007-2008(U-17)10
2008-2009(U-19)19
2009-20107
2010-20117、16
2012-201310
2013-20147、10
2014-10

世代別の代表でも活躍していたエデン・アザール選手ですが、A代表デビューをしたのは2008年の親善試合ルクセンブルク戦。

この後は、代表の常連となり、チームを引っ張って行ってくれています。

エデン・アザール選手が代表入りした直後にあったW杯南アフリカ大会ですが、欧州予選で敗退してしまいました。

EURO2012も予選敗退し、本大会出場できず・・・。

W杯ブラジル大会は、本大会に出場し、ベスト8に進出。やっと、ベルギー代表に光が差し込んできた感じですね!

EURO2016も本大会に出場し、ベスト8に進出しました。

準々決勝では、この大会のダークホースであったウェールズ代表と当たり、1-3で敗れてしまいました。

W杯ロシア大会では、3位に入り、代表の歴史に名を残しましたね。

決勝トーナメント1回戦で日本代表と試合をしたので、この時にエデン・アザール選手を知った方も多いと思われます。

現在もベルギー代表の10番を背負い、プレーをしています。

EURO2020、W杯カタール大会でベルギー代表を優勝に導けるのか?エデン・アザール選手の活躍に注目しましょう。

まとめ

今回は、エデン・アザール選手のクラブ、代表での歴代背番号について書いてみました。

ほとんど、7、10番を背負ってプレーしていますね。

レアル・マドリードを出て、違うクラブへ行った場合には何番になるのでしょうか?

もし、移籍をするとなれば、エデン・アザール選手の背番号にも注目してみましょう!

こちらの記事も読まれています↓

アザールのプレースタイルの特徴は?ドリブルが凄すぎる!