鎌田大地の年俸推移は?各クラブでの金額はどのくらいなのか?

フランクフルトに所属する日本代表の鎌田大地選手。

移籍の噂が絶えませんね。移籍するのか?鎌田大地選手の動向から目が離せません。

そんな鎌田大地選手ですが年俸はどのくらいなのでしょうか?

今回は、鎌田大地選手の年俸推移について書いていきたいと思います。

参考サイト


鎌田大地の年俸の推移は?各クラブでの金額は?

鎌田大地選手は、サガン鳥栖→フランクフルト→シント=トロイデン→フランクフルト復帰といった経歴の持ち主。

サガン鳥栖時代からフランクフルトまでの年俸はどうだったのでしょうか?

各クラブの年俸を見ていきたいと思います。

サガン鳥栖

シーズン年俸
2015360万円
2016480万円

Jリーグの選手契約条件があるので、年俸はこのぐらいになってしまいます。

鎌田大地選手は、2015年にサガン鳥栖に入団。

5月10日に行われた松本山雅戦でデビューを果たし、初得点を記録しています。

デビュー戦で初得点は、なかなかできることではないので、鎌田大地選手は凄いですね。

セカンドステージからは主力として活躍し、サガン鳥栖の攻撃をけん引していました。

サガン鳥栖での成績

  • 2015:公式戦28試合3得点3アシスト
  • 2015:公式戦2試合0得点0アシスト(U-22選抜)
  • 2016:公式戦34試合8得点6アシスト
  • 2017:公式戦18試合5得点2アシスト

鎌田大地選手のプロ初得点のシーンです↓相変わらず抜け目がない!

Jリーグで、これだけのプレーができていれば海外クラブからも注目されますよね?

そして、鎌田大地選手はブンデスリーガのフランクフルトに移籍を決めました。

フランクフルト(第一次)

フランクフルト(第一次)の年俸です↓

シーズン年俸週給
2017-2018436,800ポンド(約6600万円)8,400ポンド(約127万円)

海外移籍し、年俸が大幅に上がりましたね!これぞ、海外移籍の醍醐味ですね。

2017年夏にフランクフルトに加入しましたが、思うように活躍できず・・・。

わずか3試合の出場に終わってしまいました。

2018年には構想外となってしまい、ベルギーのシント=トロイデンにレンタル移籍することにしました。

これが、鎌田大地選手にとって良い移籍となりましたね。

フランクフルト(第一次)の成績

  • 2017-2018:公式戦4試合0得点0アシスト

シント=トロイデン

シント=トロイデンでの年俸です↓

シーズン年俸週給
2018-2019436,800ポンド(約6600万円)8,400ポンド(約127万円)

フランクフルトで構想外となってしまった鎌田大地選手ですが、シント=トロイデンで大活躍してくれましたね!

レベルが落ちたとはいえ、ここまでのパフォーマンスを見せてくれるとは・・・。

良い意味で予想を裏切ってくれた鎌田大地選手はシーズン2桁得点をあげ、フランクフルトに復帰することが決まりました。

シント=トロイデンでの成績

  • 2018-2019:公式戦36試合16得点9アシスト

フランクフルト(第二次)

フランクフルト(第二次)での年俸の推移です↓

シーズン年俸週給
2019-2020384,800ポンド(約5830万円)7,400ポンド(約112万円)
2020-2021436,800ポンド(約6600万円)8,400ポンド(約127万円)

シント=トロイデンで自信をつけた鎌田大地選手は、フランクフルトでも活躍していますね。

以前とは見違えるほどの選手になったなと思いましたね。

フランクフルト復帰後、一番印象に残っているのは、UEFAヨーロッパリーグのザルツブルグ戦。

ハットトリック達成で、大きく注目されましたね!

鎌田大地選手のハットトリックのシーンです↓

いつ見ても素晴らしいですね。

ぜひ、UEFAチャンピオンズリーグで同じような活躍を見せてほしいですね。

2020年9月には、フランクフルトと2023年まで契約延長。

移籍が噂されているので契約延長できて、クラブは喜んだことでしょう。

移籍した場合に移籍金が取れますからね。

色々な話が飛び交っていますが、どうなるのでしょうかね?

鎌田大地選手が残留するのか?移籍するのか?シーズンオフの動向に注目してみましょう。

まとめ

今回は、鎌田大地選手の年俸の推移について書いてみました。

思ったよりも金額が低くて驚きました。

しかし、これから上がっていくのではないかと思われます。

移籍の噂が絶えない鎌田大地選手は移籍を決断すのでしょうか?シーズンオフの動向に注目しましょう。

ビックニュースが舞い込んでくると良いですね!

Daichi Kamada

鎌田大地のプレースタイルは?クラブ、日本代表での歴代背番号は?

2021.06.11