長谷部誠の年俸推移が凄すぎる!各クラブでの金額は、いくらなのか?

危機察知能力、カバーリングに優れ、ピンチを防ぐ長谷部誠選手。

人間性に優れ、ピッチ内外で高い評価を受けていますね。

引退後、フランクフルトのアンバサダー就任も決定しており、今までの日本人選手と違ったキャリアを歩んでいますね。

高く評価をされている長谷部誠選手ですが、年俸は、どのように推移をしていったのでしょうか?

今回は、長谷部誠選手の年俸推移について書いていきたいと思います。

参考サイト


長谷部誠が新シーズン開幕前に記者会見!自身のことやチームについて語った!

フランクフルトの公式Twitterに出ています→Eintracht Frankfurtさん (@eintracht_jp) / Twitter

2021-2022シーズン開幕前に記者会見を行った長谷部誠選手。

新監督就任のことや試合数が多いので、今シーズンもリベロとボランチの二刀流で行けるように準備しているとのことです。

監督が変わったことで、長谷部誠選手の役割が増えそうですが、そこらへんも上手くやってくれることでしょう!

長谷部誠選手は副キャプテンに就任されたので、監督、キャプテンの補佐をしつつ、チームをまとめてくれるはず!

昨シーズンは、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を得ることができなかったので、今シーズンは獲得してほしいものです。

長年、フランクフルトを支えている長谷部誠選手ですが、気になる年俸はどうなのでしょうか?

Jリーグ時代からの年俸推移はどのような感じなのでしょうか?

長谷部誠選手の年俸推移について調べてみました。

長谷部誠の年俸推移は?各クラブでの金額は、いくらなのか?

長谷部誠選手は、高校卒業後、浦和レッズに入団しました。

その後、多くのクラブを渡り歩いてきたわけですが、各クラブでの年俸はどうだったのでしょうか?

長谷部誠選手の各クラブでの年俸を見ていきましょう。

どんな推移だったのでしょうか?

浦和レッズ

浦和レッズでの年俸推移です↓

シーズン年俸
2002370万円
2003400万円
20041,000万円
20051,500万円
20062,500万円
20073,600万円

引用:長谷部誠 プロフィール・成績推移・年俸推移 | Money Search (money-search.org)

年俸推移は順調ですね。若手選手としては素晴らしい推移であったと思われます。

若いうちに、これだけの年俸をもらえるのは浦和レッズだからでしょう。

長谷部誠選手は、2002年に浦和レッズに入団しました。

1年目は1試合出場で終わってしまいましたが、2年目からは出場機会が大幅に増加!

このころは、トップ下、ボランチでプレーをしていて、ドリブル突破が魅力的な選手でしたね。

3年目以降は、ボランチで起用されることが多くなり、攻守において浦和レッズのキーマンとなりました。

浦和レッズでの成績

  • 2002年:公式戦1試合0得点0アシスト
  • 2003年:公式戦37試合3得点0アシスト
  • 2004年:公式戦41試合9得点4アシスト
  • 2005年:公式戦45試合6得点6アシスト
  • 2006年:公式戦43試合3得点3アシスト
  • 2007年:公式戦45試合3得点4アシスト
  • 2008年:公式戦3試合0得点0アシスト

浦和レッズ時代の長谷部誠選手はキレキレのドリブルを武器に多くの得点、チャンスを作り出していましたね↓

ヴォルフスブルク

ヴォルフスブルクでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2013-201497万6000ユーロ
(約1億3000万円)
1万8769ユーロ
(約250万円)

※1ユーロ→130円で計算しています。

※参考サイトに出ていたのは、2013-2014シーズンのものだけでした。

2013-2014シーズン以前のものに関しては、MONEY SEARCHに出ています。

海外移籍は果たし、年俸は一気に上がりましたね!5大リーグですし、これくらいの年俸であっても不思議ではありません。

2008年冬にヴォルフスブルクに加入した長谷部誠選手は、すぐに出場機会を得ることに成功しました。

2年目にはボランチだけでなく、右サイドハーフ、バックでも出場し、ブンデスリーガ優勝に大きく貢献。

2011-2012シーズンには、味方のキーパーが退場してしまい、長谷部誠選手がキーパーを務めることがありましたね。

2012-2013シーズンは移籍志願をしていたこともあり、出場機会が激減・・・。

最終的には右サイドハーフで出場をしていましたが、本職ではなかったので移籍をすることに。

ヴォルフスブルクでの成績

  • 2007-2008:公式戦17試合1得点1アシスト
  • 2008-2009:公式戦33試合1得点4アシスト
  • 2009-2010:公式戦33試合1得点7アシスト
  • 2010-2011:公式戦24試合0得点3アシスト
  • 2011-2012:公式戦24試合1得点3アシスト
  • 2012-2013:公式戦27試合2得点2アシスト
  • 2013-2014:公式戦1試合0得点0アシスト

ニュルンベルク

ニュルンベルクでの年俸です↓

シーズン年俸週給
2013-201497万6000ユーロ
(約1億3000万円)
1万8769ユーロ
(約250万円)

※1ユーロ→130円で計算しています。

救世主として期待されただけあり、年俸が高いですね!期待の高さがわかりますね。

本職ボランチで勝負がしたかった長谷部誠選手は、ニュルンベルクへ移籍。

救世主として迎えられましたが、チームは好転せず・・・。長谷部誠選手も怪我があり、上手くいかない。

結局、ニュルンベルクは降格が決まり、長谷部誠選手も移籍を決断することになりました。

ニュルンベルクでの成績

  • 2013-2014:公式戦14試合0得点1アシスト

フランクフルト

 

この投稿をInstagramで見る

 

*** 合宿終了⚽️🏋🏻‍♂️🚣🏻‍♂️ #eintrachtfrankfurt #sge #仕上がり順調

長谷部誠 Makoto Hasebe(@makoto_hasebe_official)がシェアした投稿 –

フランクフルトでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2014-201585万9000ユーロ
(約1億1000万円)
1万6519ユーロ
(約220万円)
2015-201682万5000ユーロ
(約1億800万円)
1万5865ユーロ
(約210万円)
2016-201799万5000ユーロ
(約1億3000万円)
1億9135ユーロ
(約250万円)
2017-2018103万ユーロ
(約1億3500万円)
1万9808ユーロ
(約260万円)
2018-2019104万ユーロ
(約1億3600万円)
2万ユーロ
(約260万円)
2019-2020104万ユーロ
(約1億3600万円)
2万ユーロ
(約260万円)
2020-2021100万ユーロ
(約1億3000万円)
1万9231ユーロ
(約250万円)
2021-2022100万ユーロ
(約1億3000万円)
1万9231ユーロ
(約250万円)

※1ユーロ→130円で計算しています。

理想的な年俸推移です。

年齢的に大幅に下がるはずなのですが・・・。凄すぎますね。

入団1年目はボランチのポジションでプレーをし、2年目は右サイドバックとしてプレー。

2年目はブンデスリーガ200試合出場を達成!

シーズン終盤には、監督が交代し、ボランチのポジションに復帰を果たしました。

3年目からリベロのポジションで起用をされるようになり、リベロとして活躍をするようになりました。

それ以降、リベロをメインに出場するようになり、2018-2019シーズンにはドイツのサッカー専門誌『kicker』でベストイレブン、UEFA公式からはEL優秀選手に選出されました。

2019-2020シーズンには、アジア人で史上最多となる309試合出場を達成し、今後も記録を伸ばしてくれると信じています。

※2021年に契約延長し、2022年6月までプレーすることになりました!

2022年まで出なく、もう少し長くフランクフルトでプレーしてほしいものですが、長谷部誠選手の中では、浦和レッズに復帰も考えているかもしれません。

そうなれば、Jリーグは大盛り上がりを見せるかもしれませんね。

フランクフルトでの成績。

  • 2014-2015:公式戦35試合0得点2アシスト
  • 2015-2016:公式戦36試合1得点2アシスト
  • 2016-2017:公式戦25試合1得点1アシスト
  • 2017-2018:公式戦29試合0得点0アシスト
  • 2018-2019:公式戦44試合0得点0アシスト
  • 2019-2020:公式戦39試合0得点0アシスト
  • 2020-2021:公式戦29試合0得点0アシスト

長谷部誠選手がブンデスリーガ300試合出場を記録し、こんな動画が出ていました。

まだまだ活躍をしてくれそうですね。

今後も長谷部誠選手の活躍に注目していかなければなりませんね。

まとめ

今回は、長谷部誠選手の年俸推移について書いてみました。

順調に年俸が上がっているのがわかりましたが、30過ぎても上がっているということは珍しいことです。

色々な選手の年俸の推移を書いてきましたが、長谷部誠選手の年俸推移はレアなものですね。

引退後、長谷部誠選手をフロントに入れるぐらいですので、長谷部誠選手の年俸は妥当なところなのかもしれませんね。

それにしても、順調すぎる年俸の推移でビックリしました!これからも素晴らしいパフォーマンスを見せて欲しいですね。

長谷部誠の海外での評価が高い!クラブ、海外メディアの反応は?

2021.04.12