長谷部誠の年俸の推移は?最高額は、いくら?

危機察知能力、カバーリングに優れ、ピンチを防ぐ、長谷部誠

人間性に優れ、ピッチ内外で高い評価を受けています。

引退後、フランクフルトのアンバサダー就任も決定しており、今までの日本人選手と違ったキャリアを歩んでいますね。

高く評価をされている長谷部誠ですが、年俸は、どのように推移をしていったのでしょうか?

今回は、長谷部誠の年俸の推移について書いていきたいと思います。

まずは、長谷部誠のプロフィールから見ていきましょう。

参考元:https://www.transfermarkt.com/makoto-hasebe/profil/spieler/39259


長谷部誠のプロフィール。

 

この投稿をInstagramで見る

 

*** Liebe Eintrachtfans, ich habe den Vertrag mit der Eintracht um ein Jahr verlängert. Seit ich 2014 zur Eintracht gekommen bin, haben wir viele intensive Momente erlebt: Die Relegationsspiele 2016, der Pokalsieg 2018, das Halbfinale in der Europa League 2019….. Ihr habt uns in schwierigen wie glücklichen Zeiten stets fantastisch unterstützt. Ich freue mich riesig, nächste Season wieder mit euch zusammen für die Eintracht zu kämpfen. Vielen Dank und Liebe Grüße euer Makoto この度Eintracht Frankfurtと2021年6月30日までの契約延長にサインをしました。 今現在、世界は非常に困難な状況にありますがサッカー界も例外ではありません。 そんな中でもクラブが契約延長のオファーを出してくれた事に強いメッセージを感じます。 いつの間にかBundesligaで14シーズン目のシーズンになります。 毎日が勝負でヒリヒリするようなこの日常の中で、一瞬一瞬を噛み締めながらチームの為に全てを捧げていきたいと思います。 #eintrachtfrankfurt #sge

長谷部誠 Makoto Hasebe(@makoto_hasebe_official)がシェアした投稿 –

生年月日:1984.01.18

身長:180cm

体重:72kg

出身地:静岡県

利き足:右足

【リーグ戦記録】
2002 浦和(J1) 0試合・0得点
2003 浦和(J1) 28試合・2得点
2004 浦和(J1) 27試合・5得点
2005 浦和(J1) 31試合・2得点
2006 浦和(J1) 32試合・2得点
2007 浦和(J1) 31試合・2得点
2007-08 ヴォルフスブルク(ドイツ) 16試合・1得点
2008-09 ヴォルフスブルク(ドイツ) 25試合・0得点
2009-10 ヴォルフスブルク(ドイツ) 24試合・1得点
2010-11 ヴォルフスブルク(ドイツ) 23試合・0得点
2011-12 ヴォルフスブルク(ドイツ) 23試合・1得点
2012-13 ヴォルフスブルク(ドイツ) 23試合・2得点
2013-14 ヴォルフスブルク(ドイツ) 1試合・0得点
2013Sep. ニュルンベルク(ドイツ) 14試合・0得点
2014-15 フランクフルト(ドイツ) 33試合・0得点
2015-16 フランクフルト(ドイツ) 32試合・1得点
2016-17 フランクフルト(ドイツ) 22試合・1得点
2017-18 フランクフルト(ドイツ) 24試合・0得点
2018-19 フランクフルト(ドイツ) 28試合・0得点
2019-20 フランクフルト(ドイツ) 23試合・0得点

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/415947.html

長谷部誠の年俸の推移は?

2002年に浦和レッズに加入した長谷部誠。年俸の推移は、どうだったのでしょうか?

浦和レッズ

長谷部誠の浦和レッズでの年俸の推移の一覧です。

2002年:370万円

2003年:400万円

2004年:1000万円

2005年:1500万円

2006年:2500万円

2007年:3600万円

参考:http://money-search.org/sports/soccer/hasebe-makoto

浦和レッズ加入1年目は、1試合出場に終わりました。

2年目からは、出場機会を大幅に伸ばし、公式戦37試合に出場3得点を挙げました。

このころは、トップ下、ボランチでプレーをしていて、ドリブル突破が魅力的な選手でしたね。

3年目以降は、ボランチで起用されることが多くなり、攻守において浦和レッズのキーマンとなりました。

3年目以降の成績です↓

  • 2004年:公式戦41試合9得点4アシスト
  • 2005年:公式戦44試合4得点5アシスト
  • 2006年:公式戦43試合3得点3アシスト
  • 2007年:公式戦45試合3得点4アシスト

ACLもあり、かなりの試合出場数。

これだけの試合数をこなしているにもかかわらず、年俸は大幅アップとはいかなかったのですね。

金満クラブの浦和レッズなので、もっと年俸が高いと思っていました。

ヴォルフスブルク

2008年1月1日に移籍をし、2013-2014シーズンまで在籍。

※2013-2014シーズン開幕してすぐに、ニュルンベルクに移籍。

ヴォルフスブルクでの長谷部誠の年俸の推移一覧です。

2007-2008:8000万円

2008-2009:9000万円

2009-2010:1億0000万円

2010-2011:1億2000万円

2011-2012:2億0000万円

2012-2013:2億0000万円

参考:http://money-search.org/sports/soccer/hasebe-makoto

シーズン途中での加入でしたが、1年目から公式戦17試合1得点1アシストを記録。

2年目からは、ボランチだけでなく、右サイドハーフ、バックでも出場し、ブンデスリーガ優勝に大きく貢献。

このシーズンの成績は、公式戦33得点1得点4アシストを記録。

3年目以降は、UEFAチャンピオンズリーグに出場をしたり、GKとして出場したりと様々な経験をしました。

しかし、2012-2013シーズンに、移籍志願をしていたこともあり、出場機会が激減・・・。

最終的には、右サイドハーフで出場をしていましたが、本職ではなかったので移籍をすることに。

長谷部誠の3年目以降の成績です。

  • 2009-2010シーズン:公式戦33試合1得点7アシスト
  • 2010-2011シーズン:公式戦24試合0得点2アシスト
  • 2011-2012シーズン:公式戦24試合1得点3アシスト
  • 2012-2013シーズン:公式戦27試合2得点2アシスト
  • 2013-2014シーズン:公式戦1試合0得点0アシスト

ニュルンベルク

ニュルンベルクでの長谷部誠の年俸です。

2013-2014:3億0000万円

本職ボランチで勝負がしたかった長谷部誠は、ニュルンベルクへ移籍。

救世主として迎えられましたが、チームは好転せず・・・。長谷部誠も怪我があり、上手くいかない。

結局、ニュルンベルクは降格が決まり、長谷部誠も移籍を決断することになりました。

ニュルンベルクでの成績は、公式戦14試合1アシストでした。

フランクフルト

 

この投稿をInstagramで見る

 

*** 合宿終了⚽️🏋🏻‍♂️🚣🏻‍♂️ #eintrachtfrankfurt #sge #仕上がり順調

長谷部誠 Makoto Hasebe(@makoto_hasebe_official)がシェアした投稿 –

フランクフルトでの長谷部誠の年俸の推移一覧です。

2014-2015:5億2000万円

2015-2016:5億4000万円

2016-2017:5億5000万円

2017-2018:5億8000万円

2018-2019:6億0000万円

2019-2020:6億0000万円

2020-2021:6億0000万円

参考:http://money-search.org/sports/soccer/hasebe-makoto

2014年夏に、フランクフルトに移籍を果たし、現在まで至ります。

年俸は右肩上がりですね!しかも、長谷部誠の年齢は高いのにもかかわらず。

それだけ評価をされている証ですね!

入団して1年目はボランチのポジションでプレーをし、2年目は右サイドバックとしてプレー。

2年目は、ブンデスリーガ200試合出場を達成!シーズン終盤には、監督が交代し、ボランチのポジションに復帰を果たしました。

3年目からリベロのポジションで起用をされるようになり、リベロとして活躍をするようになりました。

それ以降、リベロをメインに出場するようになり、2018-2019シーズンには、ドイツのサッカー専門誌『kicker』でベストイレブン、UEFA公式からはEL優秀選手に選出されました。

2019-2020シーズンには、アジア人で史上最多となる309試合出場を達成し、今後も記録を伸ばしてくれると信じています。

何試合になるのでしょうか?楽しみですね。

フランクフルトでの長谷部誠の成績です。

  • 2014-2015シーズン:公式戦35試合0得点2アシスト
  • 2015-2016シーズン:公式戦36試合1得点2アシスト
  • 2016-2017シーズン:公式戦25試合1得点1アシスト
  • 2017-2018シーズン:公式戦29試合0得点0アシスト
  • 2018-2019シーズン:公式戦44試合0得点0アシスト
  • 2019-2020シーズン:公式戦39試合0得点0アシスト

長谷部誠がブンデスリーガ300試合出場を記録し、こんな動画が出ていました。

まとめ。

今回は、長谷部誠の年俸の推移について書いてみました。

順調に年俸が上がっているのがわかりましたが、30過ぎても上がっているということは珍しいことです。

色々な選手の年俸の推移を書いてきましたが、長谷部誠の推移はレアなものですね。

引退後、長谷部誠をフロントに入れるぐらいですので、長谷部誠の年俸は妥当なところなのかもしれませんね。

それにしても、順調すぎる年俸の推移でビックリしました!これからも素晴らしいパフォーマンスを見せて欲しいですね。

こちらの記事も読まれています↓

長谷部誠の子供の名前や画像はあるのか?性別は?