室屋成の高校時代は、どんな感じだった?目立つ選手だったの?

今、日本代表として活躍中の室屋成ですが、高体連出身の選手だったのですね。

最近の若い選手は、ユース上りが多いのかと思っていたら、そうでもないようですね。

室屋成のサッカーの経歴を見ると、高校は、サッカーの名門・青森山田高校でした。地元が、大阪なのによく青森まで行きましたね。

中学の時に、青森山田高校の先生に熱心に勧誘されたことが、キッカケのようです。

よく決心したなと思いますが、結構、いるんですよね、こういった選手。

本田圭佑も大阪から石川県の星稜高校に進学しましたから、珍しくもないですね。

では、大阪から青森まで行った室屋成ですが、どんな感じの高校サッカー人生であったのでしょうか?

室屋成の高校サッカー時代について書いていきたいと思います。


室屋成の高校サッカー時代は、どんな感じだったのか?

青森山田高校と言えば、サッカーの強豪校の一つ。室屋成は、青森で高校生活をスタートさせたわけですが、苦労したでしょうね。

いくら国内とはいえ、文化が違うところに行ったわけですので、適応するのに苦労したはず。

もしかしたら、サッカー以上に苦労したところかもしれませんね。

高校2年生の時に、サイドバックにコンバートされ、才能を磨いていく。

2012年度の全国高校サッカー選手権大会では、チームは、ベスト16で敗退するも、室屋成は優秀選手に選ばれ、日本高校選抜にも選出された。

高校時代には、室屋成は、アンダー世代の日本代表にも選ばれており、2011年のFIFA U-17ワールドカップに出場し、ベスト8に進出。

その後も世代別の日本代表に選出され続けた。室屋成も、高校時代から有名選手だったのですね。

高校での部活のサッカーと世代別の日本代表や国体とかあると、高校生活を満喫するどころか、サッカー漬けになってしまいますね。

室屋成は、それを求めて青森山田高校へ進学したのでしょう。よく学業と両立させていたなと思います。

青森山田高校側が配慮してくれていたおかげなのかもしれませんね。

熱心に誘ってくれた青森山田高校の監督には、感謝しないとですね。

そんなハードな高校生活を過ごしてきた室屋成ですが、室屋成が青森山田高校に入学してきた時には、凄い先輩がいましたね。

柴崎岳です。高校ナンバーワンの司令塔でしたからね、あの時は、柴崎岳は、室屋成のことを覚えていたのでしょうか?

室屋成が、日本代表に選ばれた時の柴崎岳とのやり取りについて書いていきたいと思います。

日本代表での室屋成と柴崎岳のやり取りは?

日本代表で、久しぶりに会った室屋成と柴崎岳ですが、高校時代は、室屋成が、1年生の時に、柴崎岳は、3年生。

学年が離れているので、印象に残っていなかったと思うのですが、意外に覚えていたようです。

流石、先輩だ。柴崎岳が、室屋成に言った一言は、

「あの頃は可愛かったのに、東京に染まったな」

とキツイ一言。柴崎岳も先輩に同じこと言われたんじゃないのか?

室屋成も高校の後輩が、日本代表に入ってきたら同じこと言うかもしれませんね(笑)

室屋成にとって、柴崎岳は、偉大な存在らしいので、一緒にプレーできることが嬉しかったようだ。

今の日本代表の司令塔に可愛がってもらっているのではないでしょうか?高校の先輩後輩として。

室屋成にとって、柴崎岳との再会だけでなく、幼馴染の南野拓実もいれば、大学の先輩、長友佑都もいるので、日本代表には溶け込みやすかったのではないでしょうか?

丁度いい時期に、日本代表入りが出来て、良かったなと思いますね。そういう意味では、室屋成は、持っている人なのかもしれません。

幼馴染、高校、大学の先輩がいる日本代表での室屋成の役割は、どうなんでしょうかね?

日本代表での室屋成の役割について書いていきたいと思います。

日本代表での室屋成の役割とは?

室屋成の日本代表での役割は、どういったところなのでしょうか?

現在の日本代表のポジションの序列を考えると、右サイドバックは、酒井宏樹がファーストチョイス。

バックアップの役割が求められていると思います。ただ、室屋成は左サイドバックもできるようなので、長友佑都のバックアップとしても期待されていると思います。

現在の序列から考えて、両サイドバックの2、3番手の扱いでしょうね。

酒井宏樹、長友佑都の牙城を崩すのには、かなりの努力が必要になりますので、なかなか出番がなく苦しい思いをするかもしれません。

室屋成は、これからの選手でもありますので、酒井宏樹、長友佑都のプレーを見て、盗めるところは盗んでほしいですね。

ここ最近、中島翔哉、守田英正が負傷で出れなくなるなど、アクシデントもありますので、チャンスがあるかもしれませんね。

アジアの戦いなので、悪質なファールとかも考えられますし、中東の笛の影響で、急遽、出番が来るかもしれません。

室屋成のことですから、常に準備はしていると思うので、出番が来たら、存分にアピールしてほしいところ。

室屋成にとっては、フル代表で初めてタイトルがかかった大会となるので、思い切り戦ってきてほしいです。

まとめ。

今回は、室屋成の高校時代をメインに書かせていただきました。大阪から青森に行って、サッカーするのには大変だったと思います。

サッカーをする環境としては良かったと思いますし、サイドバックにコンバートされ、才能を開花させてもらえたわけなので、良い高校時代を送れたのだと思います。

日本代表に選ばれるようになり、高校の大先輩、柴崎岳に可愛がられながら活動しているのでしょうね。

アジア杯に挑む、室屋成ですが、ファーストチョイスの選手ではありません。しかし、アジアの戦いは何が起こるかわからないので、常に準備をして戦ってきてほしいですね。

そして、2011年大会以来の優勝をしてきてほしいと思います。

こちらの記事も読まれています↓

酒井宏樹の出身高校は、凄い卒業生が多い?。どんな人がいるの?

原口元気は、ユース時代に、高校サッカーに嫉妬していた?

槙野智章は、なぜ通信制の高校にしなかったのか?何か理由はあるのか?




やる気の鍵は価値観『バリューファクター・トレーニングプログラム』