サンドロ・トナーリとは何者?どんなプレースタイル?

ミランにレンタル移籍をした、サンドロ・トナーリ

買い取りオプション付きということもあり、将来買い取りで正式にミランの選手になると思われます。

ミランも調子が良くなてきましたし、サンドロ・トナーリの加入でミラン復活となるのか?注目しています。

今回は、サンドロ・トナーリのポジション、プレースタイルについて書いていきたいと思います。

まずは、サンドロ・トナーリの簡単なプロフィールから書いていきたいと思います。


サンドロ・トナーリのプロフィールは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Riparto da qui. #Milanbrescia #ST8 ❤️🖤

Sandro Tonali(@sandrotonali)がシェアした投稿 –

生年月日:2000.05.08

身長:182cm

体重:79kg

出身地:ローディ(イタリア)

利き足:右足

【リーグ戦記録】
2017-18 ブレシア(イタリア) 19試合・2得点
2018-19 ブレシア(イタリア) 34試合・3得点
2019-20 ブレシア(イタリア) 35試合・1得点

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/1100289.html

サンドロ・トナーリはブレシアの下部組織で育ち、2017年にトップ昇格!

セリエBでの戦いでしたが、サンドロ・トナーリにとっては試合に出場し、多くの経験がつめたことが大きかったことでしょう。

2018-2019シーズンには、セリエBで優勝し、セリエAに昇格し、移籍の噂もありましたが、サンドロ・トナーリは移籍せず。

せっかく、セリエAに昇格できたシーズンに移籍するなんてもったいないですからね。

イタリアでは、”ピルロ2世”と呼ばれ、国内外からも注目を集め、ファンも動向が気になるところ。

そんな中、ブレシアのオーナーであるマッシモ・チェッリーノ氏は、

彼には3億ユーロ(約361億円)の価値があるってね。

引用:https://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20191026/992603.html

サンドロ・トナーリと契約延長のために莫大な金額も出すとまで言っていましたからね。それだけの選手ということでしょう。

※2020年夏にミランにレンタル移籍をしました。

サンドロ・トナーリのポジション、プレースタイルは?

ポジション

“ピルロ2世”と呼ばれていることから、ポジションは想像できますね。

ポジションは、ボランチの位置です。

ブレシアのフォーメーションを見てみると、5-3-2の中盤の底でプレーしています。

“ピルロ2世”と呼ばれるのもポジションが被っているところもあるでしょうね。

ただ、ポジションが被っているだけで、”ピルロ2世”と呼ばれるような存在にはなれませんよね?

ピルロもブレシア出身の選手なので、そう言われている部分もありますが、それだけで似ているとは思いません。

※風貌も似ているともいわれていますね、確かに似ているかもしれません。

プレースタイル

まずは、サンドロ・トナーリのプレースタイルの動画を見てみたいと思います。

サンドロ・トナーリのプレースタイルを見ていると、ピルロを彷彿させますね。

ピルロのプレースタイルの紹介はコチラ→ピルロとは?

正確なキックで中盤の底からゲームを組み立てるところは、ピルロそっくりですね。

サンドロ・トナーリのプレースタイルの特徴を挙げるとすると、

・両足から繰り出される正確なパス

・簡単にボールを失わない

・守備力

が挙げられると思われます。

両足から繰り出される正確なパス

サンドロ・トナーリのプレースタイルの動画を見てみると、キックの正確さは目立ちますが、パスが味方に優しいパスだなというのが第一印象です。

サンドロ・トナーリのパスを見ていると、味方が走りこむタイミングなどを考えて、キックの種類を変え、優しいパスを出しています。

回転をかけて、味方のスピードを殺さないようにされていますね。元日本代表の小野伸二を見ているようです。

足のあらゆるところを使って、状況にあったキックを選択しているので、サンドロ・トナーリは頭も切れる選手なのでしょう!

簡単にボールを失わない

サンドロ・トナーリは簡単にボールを失わないことも有名ですよね?

懐が深く、足元の技術が高いので簡単に奪えません!

割と、相手をいなす感じがしますが、フィジカルコンタクトも問題なし。

サンドロ・トナーリがキープをしてくれるおかげで味方が上がる時間が作れます。

守備力

攻撃面が注目されますが、守備にも定評があります。

体を張った守備もしています。守備時には、攻撃時のように体の入れ方が上手く、ガツガツ行かなくてもボールを奪えてしまいます。

最近多いクリーンにボールを奪う選手なのでしょう。

【歴代】サンドロ・トナーリのクラブ、代表での背番号は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Non vi dimenticherò mai. Non ti dimenticherò mai. Grazie Brescia. Grazie @brescia_calcio 🤍💙

Sandro Tonali(@sandrotonali)がシェアした投稿 –

ブレシア時代

ブレシアの下部組織で育ち、トップチームで活躍をしてきました。

プリマヴェーラ時代には、背番号4、8、10、34。

トップチームでは、4、34番。

サンドロ・トナーリが有名になってきたのは、背番号4の時であったので4番のイメージが強いと思われます。

ミラン

ミランにレンタル移籍をした、サンドロ・トナーリの背番号は8番。

8番を背負った理由については、

「(ミラン入りは)自分の夢が叶った。8番を選んだのは、MFの象徴的な番号であり、ミランのMFとしてもそう言える番号だから。ガットゥーゾのような選手が歴史を作った番号だ。彼に8番をつけたいという電話をかけたのだけど、そんなお願いをする必要はないと言われたよ。だから、全力でそれに応えたい」

引用:https://www.football-zone.net/archives/282403

律儀な方ですね。

ガットゥーゾも嬉しかったのではないでしょうか?現在は、ナポリで指揮を執っていますが、かつてプレーをしたミランの復活を祈っていることでしょう。

サンドロ・トナーリがミラン復活のキッカケになるのか?注目しましょう。

代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tanti auguri!!!🇮🇹🇮🇹🇮🇹

Sandro Tonali(@sandrotonali)がシェアした投稿 –

2018年11月に行われた2試合のメンバーに選出!セリエBに所属していた時であったので話題になりました。

それだけ、注目されていたということでしょう!

EURO 2020予選リヒテンシュタイン戦で代表デビューを果たしました。

今後、A代表に定着をする選手だと思っていますので、代表でのサンドロ・トナーリに注目したいですね。

サンドロ・トナーリの代表での背番号。

A代表では、2、4、6、14番。

U-21代表では、4、5、18番。

といった感じです。A代表では、様々な背番号を背負っていますが、何番で落ち着くのか?そこにも注目したいですね。

まとめ。

今回は、イタリア代表の新生サンドロ・トナーリのポジション、プレースタイル、背番号について書いてみました。

“ピルロ2世”と呼ばれているサンドロ・トナーリですが、ピルロと同じブレシアでということもありますが、ポジションやプレースタイルが似ていることが大きな要因です。

味方に優しいパスやキックの精度は似ています。何となく雰囲気もですが。髪型のせいかな?

プレースタイルが似ていますが、さらに違ったところも見せてくれることでしょう。

こちらの記事も読まれています↓

ニコロ・バレッラのプレースタイルは?メインポジションは?