ファン・デ・ベークのプレースタイルの特徴は?どんな選手なのか?

2020年5月11日に追記しました。

レアル・マドリードが狙っているファン・デ・ベーク

2018-2019シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは大躍進したアヤックスの中心的人物。

フレンキー・デ・ヨング、デ・リフトが流出し、ファン・デ・ベークまで流出していたらアヤックスはまずかったことでしょう。

ファン・デ・ベークが残ってくれたことは、アヤックスにとって嬉しかったと思われますが、冬の移籍市場で動くかもしれません。

アヤックスとしては中心的人物であるファン・デ・ベークが抜けることを恐れていることでしょう。

今回は、ファン・デ・ベークのプロフィール、ポジション、プレースタイルについて書いていきたいと思います。

まずは、ファン・デ・ベークのプロフィールから書いていきたいと思います。


ファン・デ・ベークのプロフィール。

国籍:オランダ

生年月日:1997年4月18日

出身地:ネイケルク

身長:184cm

体重:74kg

在籍チーム:アヤックス・アムステルダム

ポジション:MF

背番号:6

利き足:右足

ファン・デ・ベークは幼少期に地元のクラブチームでサッカーを始めました。

その後、名門アヤックスの下部組織に入団し、トップチームまで昇り詰めました。

デビュー戦が、ヨーロッパリーグのセルティック戦でデビューを果たし、その後は出場機会を増やし、レギュラーを獲得。

2017-2018シーズンからはレギュラー獲得で試合出場が大幅に増加し、2018-2019シーズンではチームの中心的人物に。

ファン・デ・ベークにとって、2018-2019シーズンは最高のシーズンであったと思われます。

リーグ戦、カップ戦を制し、UEFAチャンピオンズリーグではベスト4まで進出。

2019-2020シーズンは、主力がいなくなり、ファン・デ・ベークにとって苦しいシーズンになるかもしれません。

と思っていましたが、アヤックスは現在リーグ戦首位。

※コロナウィルスのため、2019-2020シーズンはうちきりになりました。

タイトルはなしですが、UEFAチャンピオンズリーグの出場権は獲得。

UEFAチャンピオンズリーグもグループステージ突破できそうですし、順調です。

※グループステージ敗退です。最終節で、まさかの敗戦・・・。

ファン・デ・ベークまで引き抜かれていたら、どうなっていたのか?

アヤックスは、ファン・デ・ベークの残留に感謝しないといけませんね。

そんなファン・デ・ベークですが、主なポジション、どんなプレースタイルを得意とする選手なのでしょうか?

次は、ファン・デ・ベークのポジション、プレースタイルについて書いていきたいと思います。

ファン・デ・ベークのポジション、プレースタイルは?

ファン・デ・ベークのポジションですが、トップ下ですね。

アヤックスのフォーメーションが、4-2-1-3。ファン・デ・ベークは、1のところに配置されます。

オランダ代表だと、インサイドハーフのポジションみたいですね。

ファン・デ・ベークは、攻撃的な中盤のポジションであればこなせる選手ということです。

トップ下のポジションで活躍するファン・デ・ベークは、どんなプレースタイルをする選手なのでしょうか?

ファン・デ・ベークのプレースタイルの動画を載せてみました。

ファン・デ・ベークのプレースタイルの動画を見ていただけましたでしょうか?

ファン・デ・ベークのプレースタイルの特徴は、

・パスの精度。

・トラップの技術の高さ。

・得点能力。

の3つでしょうか?それぞれについて見ていきましょう。

パスの精度。

ファン・デ・ベークのパスには魅了されます!

相手DFの裏へ出すスルーパスは見事!味方が走りこむスペースに、スピードを殺さないように丁寧に出しているところは流石。

中長距離のパスも見事で、味方の選手に優しいパスを供給。

ファン・デ・ベークが数多く作り出すチャンスは面白いです。

トラップの技術の高さ。

その正確なパスを出すために、ファン・デ・ベークのボールの受け方も上手いですね。

サッカーの基本的なことになりますが、自分が次のプレーをしやすいところにコントロールをします。

その時のターンやトラップが絶妙ですよね。相手を交わすときは華麗にかわしていますので。

ファン・デ・ベークのターンやトラップを見ていると、さらっと交わしているのが印象的です。

トップ下のポジションで囲まれる可能性が高いのに、こんなプレースタイルを披露されたらお手上げです。

得点能力。

また、ファン・デ・ベークはパスの精度だけでなく、得点能力も兼ね備えている選手。

ミドルシュートは当たり前かもしれませんが、ゴール前に入ってきて、クロスボールに合わせるシーンもありました。

チャンスと見れば、ゴール前に顔を出し、得点を決めるところも素晴らしいと思います。

ファン・デ・ベークのキックの精度が高いので、ダイレクトボレーのシーンとか上手い!

後は、パスを出す側ではなく、もらい華麗なテクニックからシュートも打ってきますからね。

危険なエリアでは、うかつにファン・デ・ベークに近づけませんね。

近づけば正確なパス、近づかなければシュート、ドリブルがあるので厄介な選手です。

※ポジショニングが良く、相手の死角をついてきます。

そのため、GKと1対1の状況を作り出します。抜け目がない・・・。

トップ下のポジションの選手としては、理想的なプレースタイルをしていると思います。

ファン・デ・ベークのプレースタイルを見れば、ビッククラブが欲しがる理由がわかりますよね?

レアル・マドリードが濃厚と言われていますが、私的にはバルセロナの方が合っているような気がしますね。

アヤックスのサッカーとバルセロナのサッカーは似ているので適応するのは割と楽だと思いますので。

ファン・デ・ベークのようなプレースタイルは、レアル・マドリードでは厳しいような気がします。

サッカースタイルが違うので、ファン・デ・ベークのプレースタイルの良さが消されそうで嫌な予感がしますね。

本人が行きたいと言えば、それまでですが。

ファン・デ・ベークの動向にも注目していきたいですね。

願わくば、今シーズンは、アヤックスでプレーして欲しいなと。

※していますが、オランダはリーグ戦中止となり、ファン・デ・ベークは移籍をしそうです。

アヤックスも認めています・・・。

UEFAチャンピオンズリーグで、昨シーズンの記録を超えられるのか?ファン・デ・ベークとアヤックスに期待しましょう!

※アヤックスは、まさかのグループステージ敗退・・・。

最終節に、バレンシアにやられてしまいました。

まとめ。

今回は、アヤックスの中心的な存在であるファン・デ・ベークのプロフィールとポジション、プレースタイルについて書いてみました。

アヤックスで育っただけあり、テクニックがある選手に成長しましたね。状況判断も素晴らしく、近い将来ビッククラブへ行くのは間違いなし。

レアル・マドリードと個人合意をしたと報道がありましたが、2019-2020シーズンはアヤックスでプレーをすることに。

冬の移籍市場か来年の夏には、どこかのビッククラブに移籍をするでしょう。

2019-2020シーズンもUEFAチャンピオンズリーグをかき回す存在になって欲しいです。

ファン・デ・ベークとアヤックスの活躍に大いに期待しています!

こちらの記事も読まれています↓

デ・ヨングのプレースタイルの特徴は?弱点や問題面はあるの?

ファン・ダイクのプレースタイルは、ほぼ完璧?弱点はないのか?

カイ・ハフェルツのプレースタイルは?メインのポジションは?

ヨシュア・キミッヒのポジション、プレースタイルはラームに似てる?

中山雄太のポジションやプレースタイルは?弱点は、どこなの?

板倉滉のポジション、プレースタイルは?適性ポジションは?