ファン・デ・ベークのプレースタイルの特徴は?どんな選手?

ゴール、アシストもできる万能型のMF、ファン・デ・ベーク

レアル・マドリード、バルセロナが狙っているという話があり、アヤックスから移籍をする日が近づいてきているのかもしれません。

※マンチェスター・Uに移籍が決まりました!

全てのレベルが高い、ファン・デ・ベークの動向に注目していかなければなりませんね。

今回は、ファン・デ・ベークのポジション、プレースタイルについて書いていきたいと思います。

まずは、ファン・デ・ベークのプロフィールから見ていきましょう。


ファン・デ・ベークのプロフィール。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Happy to make my debut for @manchesterunited tonight, but disappointed with the result. We keep our heads up and go for our next game on Tuesday👊🏻🔴

Donny van de Beek(@donnyvdbeek)がシェアした投稿 –

生年月日:1997.04.18

身長:183cm

体重:74kg

出身地:ナイケルケルフェーン(オランダ)

利き足:右足

【リーグ戦記録】
2014-15 ヨング・アヤックス(オランダ2部) 6試合・0得点
2015-16 ヨング・アヤックス(オランダ2部) 13試合・2得点
2015-16 アヤックス(オランダ) 8試合・0得点
2016-17 ヨング・アヤックス(オランダ2部) 16試合・6得点
2016-17 アヤックス(オランダ) 19試合・0得点
2017-18 アヤックス(オランダ) 34試合・11得点
2018-19 アヤックス(オランダ) 34試合・9得点
2019-20 アヤックス(オランダ) 23試合・8得点

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/832752.html

ファン・デ・ベークは幼少期に地元のVeensche Boysでサッカーを始めました。

その後、名門アヤックスの下部組織に入団し、トップチームまで昇り詰めました。

デビュー戦が、ヨーロッパリーグのセルティック戦でデビューを果たし、その後は出場機会を増やし、レギュラーを獲得。

2017-2018シーズンからはレギュラー獲得で試合出場が大幅に増加し、2018-2019シーズンではチームの中心的人物に。

ファン・デ・ベークにとって、2018-2019シーズンは最高のシーズンであったと思われます。

2018-2019シーズンは、公式戦57試合17得点13アシストを記録。文句なしの成績ですね。

リーグ戦、カップ戦を制し、UEFAチャンピオンズリーグではベスト4まで進出。

2019-2020シーズンは、怪我もあり、公式戦37試合10得点11アシストを記録しました。

怪我があっても、十分な成績を残せる、ファン・デ・ベークは凄いですね。

強豪クラブの争奪戦が始まっていますが、ファン・デ・ベークが動くのか?楽しみですね。

ファン・デ・ベークのポジション、プレースタイルは?

ファン・デ・ベークのポジションですが、2018-2019シーズンはトップ下。

2019-2020シーズンは、ボランチのポジションでプレーをしていました。

オランダ代表だと、インサイドハーフのポジションみたいですね。

ファン・デ・ベークは、攻撃的な中盤のポジションであればこなせる選手ということです。

ファン・デ・ベークのプレースタイルの特徴は、

・パスの精度

・トラップの技術の高さ

・得点能力

・オフザボール

の4つでしょうか?それぞれについて見ていきましょう。

パスの精度

ファン・デ・ベークのパスには魅了されます!

相手DFの裏へ出すスルーパスは見事!味方が走りこむスペースに、スピードを殺さないように丁寧に出しているところは流石。

中長距離のパスも見事で、味方の選手に優しいパスを供給。

ファン・デ・ベークが数多く作り出すチャンスは面白いです。

トラップの技術の高さ

その正確なパスを出すために、ファン・デ・ベークのボールの受け方も上手いですね。

サッカーの基本的なことになりますが、自分が次のプレーをしやすいところにコントロールをします。

その時のターンやトラップが絶妙ですよね。相手を交わすときは華麗にかわしていますので。

ファン・デ・ベークのターンやトラップを見ていると、さらっと交わしているのが印象的です。

トップ下のポジションで囲まれる可能性が高いのに、こんなプレースタイルを披露されたらお手上げです。

得点能力

また、ファン・デ・ベークはパスの精度だけでなく、得点能力も兼ね備えている選手。

ミドルシュートは当たり前かもしれませんが、ゴール前に入ってきて、クロスボールに合わせるシーンもありました。

チャンスと見れば、ゴール前に顔を出し、得点を決めるところも素晴らしいと思います。

ファン・デ・ベークのキックの精度が高いので、ダイレクトボレーのシーンとか上手い!

後は、パスを出す側ではなく、もらい華麗なテクニックからシュートも打ってきますからね。

危険なエリアでは、うかつにファン・デ・ベークに近づけませんね。

近づけば正確なパス、近づかなければシュート、ドリブルがあるので厄介な選手です。

※ポジショニングが良く、相手の死角をついてきます。

そのため、GKと1対1の状況を作り出します。抜け目がない・・・。

オフザボール

ファン・デ・ベークは、オフザボールの動きが素晴らしい。

あえて、ボールから離れていくような動きをしています。ボールから離れて、裏を取る動きをしてきます。

そして、ボールを引き出し、決定的な仕事をやってのける、ファン・デ・ベークは流石です。

ファン・デ・ベークのオフザボールの凄さがわかる動画がありました↓

まとめ。

今回は、アヤックスの中心的な存在であるファン・デ・ベークのポジション、プレースタイルについて書いてみました。

アヤックスで育っただけあり、テクニックがある選手に成長しましたね。状況判断も素晴らしく、近い将来ビッククラブへ行くのは間違いなし。

レアル・マドリード、バルセロナが噂になっていますが、どうなるのでしょうか?

ファン・デ・ベークの動向に注目です!

こちらの記事も読まれています↓

フレンキー・デ・ヨングのプレースタイルは?困った性格とは?