【歴代】ユスフ・ポウルセンのクラブ、代表での背番号は?

ブンデスリーガ3部の時からライプツィヒに所属している、ユスフ・ポウルセン

クラブは、今では、ブンデスリーガの強豪にまで成長し、自身も急成長してきました。

ティモ・ヴェルナーがチェルシーへ移籍をし、ユスフ・ポウルセンにかかる負担が大きくなりますが、やってくれると思います。

今回は、ユスフ・ポウルセンの歴代背番号について書いていきたいと思います。

まずは、ユスフ・ポウルセンのプロフィールから見ていきましょう。

参考元:https://www.transfermarkt.com/yussuf-poulsen/profil/spieler/157635


ユスフ・ポウルセンのプロフィール。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The ⚽️ rolls again! #MyTeam #YP9

Yussuf Yurary Poulsen(@yussufyurarypoulsen)がシェアした投稿 –

生年月日:1994.06.15

身長:192cm

体重:84kg

出身地:コペンハーゲン(デンマーク)

利き足:右足

【リーグ戦記録】
2011-12 リュンビュー(デンマーク) 5試合・0得点
2012-13 リュンビュー(デンマーク) 30試合・11得点
2013-14 ライプツィヒ(ドイツ) 36試合・10得点
2014-15 ライプツィヒ(ドイツ) 29試合・11得点
2015-16 ライプツィヒ(ドイツ) 32試合・7得点
2016-17 ライプツィヒ(ドイツ) 29試合・5得点
2017-18 ライプツィヒ(ドイツ) 30試合・4得点
2018-19 ライプツィヒ(ドイツ) 31試合・15得点
2019-20 ライプツィヒ(ドイツ) 22試合・5得点

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/546023.html

ユスフ・ポウルセンは、母国のクラブのBKスキョルでサッカーを始めました。

その後、リンビーBKのユースへ移籍をし、2011-2012シーズンにトップチームデビューをしました。

5試合に出場し、54分という短い時間でしたが仕方がないでしょう。デビューしたばかりのシーズンであったので。

翌シーズンは、プロの速さに慣れたのか?11得点をあげる活躍を見せ、ライプツィヒから声がかかりました。

当時3部クラブでありましたが、移籍を決意!

ユスフ・ポウルセンは、移籍初年度から主力選手として活躍し、10得点7アシストを記録し、昇格に大きく貢献。

2部での戦いとなっても、ユスフ・ポウルセンの勢いは止まらず、11得点4アシストを記録しました。

このシーズンでは昇格できず、もう1シーズン2部で戦うことに。

これが、ユスフ・ポウルセン、クラブにとって良かったのかもしれません。

翌シーズンには昇格を勝ち取り、念願の1部へ!

昇格1年目で、クラブはリーグ戦2位という素晴らしい成績を収め、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得。

ユスフ・ポウルセンは、5得点4アシストと、まずまずの成績でした。

2018-2019シーズンは、キャリアハイのリーグ戦15得点をあげ、注目を浴びましたが、翌シーズンから控えに回ることに・・・。

2020年に入り、クラブはパトリック・シックを起用するようになり、ベンチスタートが続いていました。

しかし、エースであったティモ・ヴェルナーの移籍で、ユスフ・ポウルセンの扱いに変化がありそうです。

エースが抜けたライプツィヒを救うことができるのか?ユスフ・ポウルセンの活躍に期待をしましょう。

【歴代】ユスフ・ポウルセンのクラブ、代表での背番号は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

It was a good weekend! ⚽️⚽️ #MyTeam #YP9 @dierotenbullen #handballworldchampions 👌🏾

Yussuf Yurary Poulsen(@yussufyurarypoulsen)がシェアした投稿 –

ライプツィヒでは背番号9を背負い、プレーをしています。

では、これまでの背番号は何番であったのでしょうか?

リンビーBK

ユスフ・ポウルセンは、デンマークのリンビーBKの下部組織で育ち、そのクラブでプロデビューしました。

2011-2012シーズンのデビュー時の背番号は29番。翌シーズンから17番に変わりました。

リンビーBK時代の成績は、公式戦36試合に出場11得点5アシストを記録。

U-19時代は、17番を背負っていました。

デンマーク代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomorrow we go again! 🇩🇰⚽️#MyTeam #YP9 #secondleg @fifaworldcup @landsholdet

Yussuf Yurary Poulsen(@yussufyurarypoulsen)がシェアした投稿 –

デンマーク代表での背番号一覧です↓

2014-201519、20
2015-20

2014年のアルバニア戦で代表デビューを果たしました。

そこから、44試合出場7得点11アシストを記録しています。(2020年8月時点)。

デンマーク代表では、右ウイングで起用されることが多く、アシストの方が多い結果となっています。

デンマーク代表でのせいか?クラブでもアシスト、攻撃時のリンクマンとして活躍していますね。

得点数は少ないですが、素晴らしい得点を決めることも多い、ユスフ・ポウルセン。

デンマーク代表での素晴らしいゴールを見てみましょう↓

まとめ。

今回は、ユスフ・ポウルセンのクラブ、デンマーク代表で背負ってきた背番号について書いてみました。

ほぼ、ライプツィヒ一筋でプレーをしてきています。移籍をするのか?心配をしていましたが、なさそうな感じですね。

今後、クラブとの起用法に巡って和解ができれば大丈夫でしょう。

ライプツィヒの背番号9=ユスフ・ポウルセンとなっているので、タイトルを獲得し、ライプツィヒの伝説になってもらいたい。

リーグ戦は厳しそうなので、カップ戦でタイトル獲得を期待しています。

再び、爆発するユスフ・ポウルセンに注目しましょう!

こちらの記事も読まれています↓

ユスフ・ポウルセンのプレースタイルは?ライプツィヒに合っている?