ラヒーム・スターリングのプレースタイル、ポジションは?経歴は?

プレミアリーグ屈指のスコアラーに変身したラヒーム・スターリング選手。

決定力不足が弱点と言われてきましたが、見事に克服!

ダイブで批判されたこともありましたが、実力ある選手です。

では、ラヒーム・スターリング選手はどんなプレースタイルが持ち味なのでしょうか?

また、メインポジションはドコなのでしょうか?

今回は、ラヒーム・スターリング選手のプレースタイル、ポジションについて書いてみました。


ラヒーム・スターリングのプレースタイル、ポジションは?

ラヒーム・スターリング選手のメインのポジションは、左ウイング!

そのほかには、右ウイング、セカンドストライカーのポジションでもプレーします。

攻撃的なポジションであれば、どこでもこなせそうな感じがしますね。

では、ラヒーム・スターリング選手のプレースタイルはどんな感じなのでしょうか?

ラヒーム・スターリング選手のプレースタイルの特徴を挙げると、

  • スピードを活かしたドリブル
  • ゴール前でのポジショニング
  • 意外と守備も良い

の3つが挙げられると思います。

それぞれについて見ていきたいと思います。

スピードを活かしたドリブル

ラヒーム・スターリング選手は、スピードを活かしたドリブルが持ち味の選手。

左サイドを切り裂いて、得意のカットインから放たれるシュートは魅力的ですよね?

細かいステップを踏みながら、相手をかわし、シュートコースを作る技術は素晴らしいです!

また相手ディフェンスの隙を見て、一気に加速し、緩急を使ったり、切り返しでかわしてくるので相手は嫌でしょう。

深くまで侵入され、いきなり切り返されるとお手上げです。

ラヒーム・スターリング選手のスピードの乗ったドリブルと鋭い切り返しです↓

このスピードで突破を図り、急に切り返されると何もできませんね。

縦に突破しても良いので対応するディフェンダーは大変だと思います。

ゴール前でのポジショニング

ラヒーム・スターリング選手はポジショニングが良くなり、得点数が大幅に伸びました。

ポジショニングが良くなったことで、ワンタッチゴールが増えてきたと思われます。

結構、ゴール前でフリーという場面が増えてきましたね!

こういった形でも得点が取れるようになったことは良いことです。

ポジショニングが良くなったことで、こんなに成績が伸びました(マンチェスター・C移籍後)↓

  • 2016-2017:公式戦47試合10得点20アシスト
  • 2017-2018:公式戦46試合23得点17アシスト
  • 2018-2019:公式戦51試合25得点18アシスト
  • 2019-2020:公式戦52試合31得点10アシスト
  • 2020-2021:公式戦49試合14得点12アシスト

2020-2021シーズンは成績が落ちましたが、それでもリーグ戦だけで10得点挙げています。

ラヒーム・スターリング選手には、毎シーズン25得点以上を期待したいですね。

ポジショニングが良くなり、得点を量産しているラヒーム・スターリングです↓

意外と守備も良い

ラヒーム・スターリング選手は守備も良いことで有名!

前線でのプレスはもちろん、自陣の後方まで戻ることもしてくれます。

現代サッカーに必要なものとはいえ、ここまで守備してくれる選手がいると頼もしいですね。

攻撃の選手で攻撃面が取り上げられてしまいますが、守備をしているラヒーム・スターリング選手も注目してみてほしいですね。

ラヒーム・スターリングの経歴

本名:ラヒーム・シャキール・スターリング

国籍:イングランド、ジャマイカ

生年月日:1994年12月8日

出身地:キングストン

身長:170cm

体重:65kg

在籍チーム:マンチェスター・シティ

ポジション:FW (WG) / MF (SH)

背番号:7

利き足:右足

引用:ラヒーム・スターリング – Wikipedia

ラヒーム・スターリング選手は、ジャマイカの首都であるキングストンで生まれました。

7歳の時にロンドンに移住。

2003年にクイーンズ・パーク・レンジャーズに加入し、キャリアをスタート!

2010年には、リバプール(U-18)に移籍し、2012年3月にプロデビューを果たしました。

そして、2012年にトップチームに昇格!

2013-2014シーズン以降はレギュラーとして大活躍し、ルイス・スアレス、ダニエル・スタリッジと得点を量産していました。

2014-2015シーズン中に契約延長の話が出てきましたが、ラヒーム・スターリング選手が拒否・・・。

シーズン終了後に移籍することを希望していましたね。

リバプールにフィットしていたので、もったいないと思いましたが、仕方がないですね。

リバプール時代のラヒーム・スターリング選手です↓

2015年に、ボーナスを含めた移籍金4900万ポンド(約94億2000万円)で、マンチェスター・Cに加入。

加入後は、チームのタイトル獲得に大きく貢献してきました。

まだ、UEFAチャンピオンズリーグ優勝は果たしていないので、そこが大きな目標となっているはずです。

UEFAチャンピオンズリーグ優勝も近い将来成し遂げることになると思われます。

その時は、ラヒーム・スターリング選手の得点で優勝に導けたら良いですね!

まとめ

今回は、ラヒーム・スターリング選手のプレースタイル、ポジションについて書いてみました。

課題であった決定力不足も解消されつつあります。

あり得ないミスやダイブもあり、批判は多いですが、実力はある選手です。

批判の声をシャットアウトするような活躍を期待したいですね。

Raheem Sterling

【歴代】ラヒーム・スターリングのクラブ、イングランド代表での背番号は?

2021.05.10