リシャルリソンのプレースタイルは?どんな特徴があるの?

2020年6月5日に追記しました。

エバートンの攻撃をけん引するリシャルリソン

近い将来、ビッククラブへ移籍をしそうな逸材ですね。

プレミアリーグでの活躍が認められ、ブラジル代表にも召集されています。コパ・アメリカ2019でもプレーしていました。

今後、世界を代表するアタッカーになるであろうリシャルリソン。

今回は、リシャルリソンについて書いていきたいと思います。

まず、リシャルリソンのプロフィールから書いていきます。


リシャルリソンのプロフィール。

本名:リシャルリソン・デ・アンドラーデ

国籍:ブラジル

生年月日:1997年5月10日

出身地:エスピリトサント州、ノヴァ・ベネチア

身長:179cm

体重:71kg

在籍チーム:エヴァートンFC

ポジション:FW (LW, RW, CF)

背番号:7

利き足:右足

2015-2016:アメリカ・ミネイロ

2016-2017:フルミネンセ

2017-2018:ワトフォード

2018-:エヴァートン

リシャルリソンの幼少期は、アイスクリームを販売して、家計を助けていたようです。

敏腕スカウトに見いだされ、アメリカ・ミネイロのユースに入団しました。

ストリートサッカーで目をつけられたのかな?ブラジルだと多いですからね。

リシャルリソンは、サッカーに打ち込み、2015年6月に、トップチームに昇格。

その年の冬には、フルミネンセに移籍。2年後には、アヤックスなども目を付けるほどの注目に。

結局、プレミアリーグのワトフォードに移籍。

移籍初年度は、イングランドでの生活に慣れるのに苦しみましたが、適応後は問題なく活躍。

ワトフォードでは、リーグ戦38試合に出場し、5ゴールを決める活躍。

2018年には、エバートンに移籍をしました。移籍金は、4000万ユーロと高額。

ワトフォードで1年しかプレーしていないのに・・・。よく、こんな大金積めたなと思いました。

リシャルリソンに目を付けたエバートンのスカウト人は優秀でしたね。

2018-2019シーズンは、35試合に出場し、13ゴールを挙げる活躍。エバートンのトップスコアラーになりました。

2019-2020シーズンも二けた得点を挙げる活躍をしています。

近いうちに引き抜かれるでしょうね。リシャルリソンが、どこへ行くのか?楽しみで仕方がないです。

まだ、若いリシャルリソンですが、どんなプレースタイルが特徴なのでしょうか?ポジションも絡めて書いていきたいと思います。

リシャルリソンのプレースタイルの特徴は?メインのポジションは?

リシャルリソンは、ウイングでプレーをすることがメインでしたが、エバートンに移籍後は、センターフォワードもこなすようになりました。

前線のポジションであれば、どこでもこなせるような感じがします。

センターフォワードよりもウイングのポジションの方が似合っているような気がします。

前線のポジションであれば、こなせるリシャルリソンは、どんなプレースタイルが特徴なのでしょうか?

ブラジル人らしい足元の技術

リシャルリソンは足元の技術が高く、縦へ突破をし、チャンスメークをしてくれます。

ブラジルの選手らしい足元の技術で突破をしますが、スペースに出して突破をしたりもしますね。

カットインからのシュートも特徴の一つですが、精度が高くない・・・。

精度が高まると、得点量産が期待できると思われます。

ここに関しては、実践で磨いていくしかないですね。技術はあるので、時間が解決してくれるでしょう。

フィジカルの強さ

リシャルリソンのプレースタイルの特徴で外せないのが、フィジカルの強さ。

プレミアリーグの選手を相手に当たり負けない強さが凄い。

ドリブル突破を仕掛けて、当たられても倒れない強さが魅力です。

ボールを取られそうになっても、ぶつかり返しに行くあたり、気の強さが見られますね。

リシャルリソンの見た目からして気が強そうですからね!

プレースタイルは、華麗な部分もありますが、力強さもあって好きです。

リシャルリソンのプレースタイルの動画を載せてみました。

足元の技術の高さとフィジカルの強さがわかると思われます。

リシャルリソンのプレースタイルの動画を見ると、左ウイングのポジションが1番合っているような気がしますね。

センターフォワードでのプレーを見ていないので、エバートンの試合をチェックしたいと思います。

プレミアリーグ再開後のリシャルリソンに注目ですね!

※リシャルリソンは、プレースタイルからファールを受けやすいので怪我に気を付けてもらいたいです。

もちろん、リシャルリソン自身、警告をもらわないようにもね。

まとめ。

今回は、リシャルリソンのポジション、プレースタイルについて書いてみました。

ウイングのポジションを補強したいクラブにとっては、魅力的な選手。

自慢のテクニックと強靭なフィジカルは素晴らしい。後は、カットインからのシュートの精度ですね。

今後、プレースタイルに変化があるかもしれません。

エバートン、ブラジル代表のリシャルリソンの活躍に注目しましょう。

こちらの記事も読まれています↓

ガブリエル・ジェズスのプレースタイルは、「柔」+「剛」?

フィリペ・コウチーニョのプレースタイルに欠点はあるのか?

ベイルのプレースタイルの特徴は?メインのポジションはドコ?

ジョアン・フェリックスのプレースタイルやポジションは?特徴や弱点は?

カイ・ハフェルツのプレースタイルは?メインのポジションは?