イスコのプレースタイルの特徴は、諸刃の剣?その理由は?

世界屈指のボールコントロールの技術を持つイスコ。その華麗なボールコントロールで見る者を魅了する選手。

スペインで育った選手としては、珍しいプレースタイルなので、スペイン代表の中では際立っています。

スペインのサッカーと言えば、パスサッカーがメインですが、イスコは、個人技があるので余計目立ちますね!

イスコのプレースタイルに賛否両論がありますが、違いを生み出せる選手として良いと思います。

今回は、華麗なボールタッチが持ち味のイスコのプレースタイルについて書いていきたいと思います。


イスコのプレースタイルの特徴とは?

イスコのプレースタイルの大きな特徴は、ボールコントロールの上手さにあります。特に、ドリブルは上手いですね。

スペイン代表では珍しいプレースタイルの持ち主なので、イスコは大切にされることでしょう。

いったい、イスコのボールコントロール、ドリブルが、どれだけ凄いのかを見てみたいと思います。

イスコのプレースタイルの動画をご覧いただけたでしょうか?

本当にボールタッチが柔らかい。欧州の選手ではないようなタイプの選手です。

ドリブルの動きやボールタッチを見ていると、奪われませんし、イスコ自身ドリブルに自信を持っているのでしょう。

狭いゾーンでドリブルをしても奪われませんし、「ダブルタッチ」で、相手DFを簡単にかわしていきますね。

後は、相手DFとの間合いの取り方も抜群に上手い!中盤の真ん中で使うよりか、サイドのポジションで使った方が相手にとって脅威なのではないかと思います。

動画で少しだけ出てきましたが、トリッキーなプレーをするのもイスコの特徴でもあります。欧州の選手はやる人は、あまりいないのでイスコの存在が目立ちますね。

本当に動画を見ていると、南米の選手かと思ってしまうぐらいの選手です。遊び心があり、サッカーを楽しんでいるような感じがします。

スペイン代表にとっては、イスコのようなプレースタイルの選手が少ないので良いと思います。

個人の力で打開できる選手が少ないので、貴重な存在になっていると思われます。

これだけのプレーを見せてくれているイスコにも大きな弱点があります。

次は、イスコのプレースタイルの弱点について書いていきたいと思います。

イスコのプレースタイルの弱点とは?

華麗なボールコントロールで相手を翻弄しているイスコですが、大きな弱点も抱えています。

それは、イスコがボールを持ちすぎることです。イスコのプレースタイルの武器ではありますが、危険なところでもドリブルする辺りは良くないです。

それと、味方がパスを要求している場面でもボールを持っているシーンが目立ちます。

イスコのプレースタイルの特徴であるボールコントロールの良さですが、仇になってしまっていますね。

もっと、簡単にボールを捌くことができれば、チームとして上手く機能すると思いますが、それが出来ていないことが大きな弱点ですね。

このプレースタイルを改善しなかったことで、現レアル・マドリードの監督に起用されなくなったのだと思います。

スペインのサッカーの醍醐味はリズムに乗った攻撃だと思いますが、イスコが止めてしまい、リズムを崩しているようなところもあります。

スペイン代表では、個人で打開できる選手が少ないので、イスコのプレースタイルは称賛されると思います。

しかし、レアル・マドリードでは個人で打開できる選手が多いので、イスコのプレースタイルは称賛されないかもしれません。

自信があるからこそボールを持っているのでしょうけれど、もっと簡単にボールを捌くことができれば、より良い選手になれると思います。

良い例としては、イニエスタだと思います。そこで、お手本になるイニエスタのプレースタイルを見ていきたいと思います。

イニエスタのプレースタイルの特徴とは?

イスコの良きお手本になりそうなイニエスタのプレースタイルを見てみたいと思います。

Jリーグでの試合なので、イスコと比べるのは申し訳ないのですが、イニエスタは基本的にドリブルはしませんね。

出来る時にはしていますが、パスコースやシュートのタイミングを計ってドリブルはしています。

危ないところでは、ボールをキープしますが、体勢が整ったら味方に渡すようなプレースタイルですね。

本当にシンプルなプレースタイルで相手を翻弄しています。パスをしてボールを持ちすぎず簡単にボールを回していますね。

本当は、Jリーグのレベルであれば、イニエスタならドリブル突破しても問題なさそうですが、基本に忠実にプレーしている印象が強いです。

イスコもシンプルにボールを離すことができれば良い選手になれると思いますし、ボールを持つところと、すぐに離すところの区別をハッキリさせれば良いのかな。

イスコは、それができるだけの技術を持っているので、ちょっとした意識を変える努力をすれば良いと思います。

攻撃時には多少無理しても良いですが、危険なところでのボールコントロールは止めた方が良さそうですね。

監督や味方の信頼関係に影響してくると思われるので。イニエスタを参考にして、新しいプレースタイルを磨いていってほしいです。

まとめ。

今回は、イスコのプレースタイルの特徴と弱点について書かせていただきました。

イスコのプレースタイルの特徴は、ボールコントロールとドリブルの上手さでしょう!これは誰もが認めるところであると思います。

本当に華麗で見る者を楽しませてくれます。一方で、イスコの大きな武器が弱点にもなってしまっています。

ボールコントロールやドリブルに自信があるからといってボールを持ちすぎて、味方のリズムを狂わせることもあります。

また、危険なエリアでもボールを持つシーンが多いので取られたら、失点につながることも多いのかなと思いますね。

イニエスタのプレースタイルの紹介もさせていただきましたが、イスコもボールを簡単に捌くところは捌く、無理をしないプレースタイルを身に付けると良いと思います。

持つ時と持たない時の区別を上手くできるようになれば、より良い選手となるでしょう。

こちらの記事も読まれています↓

マルセロのプレースタイルの特徴は、攻撃!一方で、弱点は?

パウロ・ディバラのプレースタイルは、アグエロ、メッシに似てる?

エンゴロ・カンテの背番号の拘りは?プレースタイルは、ハードなの?




【スカパー!】お申込みから約30分で見られます!