グラニト・ジャカの年俸推移が凄い!各クラブでの金額は?

中盤の底からゲームを組み立て、隙あらば豪快なミドルシュートで得点を狙うグラニト・ジャカ選手。

献身的な守備でもチームを助けてくれるので、チームにとってありがたい選手です。

スイス代表でも活躍し、世界的にも有名な選手なので年俸は良いはずですよね?

どんな推移をしてきたのでしょうか?

今回は、グラニト・ジャカ選手の年俸推移について書いていきたいと思います。


グラニト・ジャカの年俸推移は?各クラブでの金額は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Granit Xhaka(@granitxhaka)がシェアした投稿

グラニト・ジャカ選手は、母国スイスのFCバーゼルでプロデビュー。

2012年にブンデスリーガのボルシア・メンヒェングラートバッハに移籍し、2016年からプレミアリーグのアーセナルでプレーしています。

それでは、各クラブでの年俸を見ていきましょう。どんな推移をしていったのでしょうか?

※FCバーゼル時代の年俸は確認できませんでした。

ボルシア・メンヒェングラートバッハ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Granit Xhaka(@granitxhaka)がシェアした投稿

ボルシア・メンヒェングラートバッハでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2012-2013不明不明
2013-2014219万7000ユーロ
(約2億9000万円)
4万2250ユーロ
(約560万円)
2014-2015193万3000ユーロ
(約2億5500万円)
3万7173ユーロ
(約490万円)
2015-2016174万6000ユーロ
(約2億3000万円)
3万3577ユーロ
(約440万円)

2012-2013シーズンの年俸だけ確認できませんでした。

おそらく、2013-2014シーズンと同等の金額だと思われます。

結構、もらっていますね!

それだけ、グラニト・ジャカ選手に価値があるということでしょう。

2012年にボルシア・メンヒェングラートバッハに加入したグラニト・ジャカ選手。

加入1年目から多くの試合に出場し、2年目以降から主力選手に定着!

2015-2016シーズンは、キャプテンも務めていたようですね。

このころから中盤の底から高精度のロングパスを通していました!相変わらず素晴らしいパスを供給します。

ボルシア・メンヒェングラートバッハ時代のグラニト・ジャカ選手のプレーです↓

引用:(625) Dahoud & Xhaka ● The Hearts Of Gladbach ● 2015/16 – YouTube

アーセナル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Granit Xhaka(@granitxhaka)がシェアした投稿

アーセナルでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2016-2017468万ポンド
(約7億3000万円)
9万ポンド
(約1400万円)
2017-2018520万ポンド
(約8億1000万円)
10万ポンド
(約1560万円)
2018-2019520万ポンド
(約8億1000万円)
10万ポンド
(約1560万円)
2019-2020520万ポンド
(約8億1000万円)
10万ポンド
(約1560万円)
2020-2021520万ポンド
(約8億1000万円)
10万ポンド
(約1560万円)
2021-2022520万ポンド
(約8億1000万円)
10万ポンド
(約1560万円)
2022-2023520万ポンド
(約8億1000万円)
10万ポンド
(約1560万円)

アーセナルに移籍後の年俸は凄いことになっていますね。

流石、プレミアリーグ!

2016年5月にアーセナルに加入が決定したグラニト・ジャカ選手。

この時の移籍金は3000万ポンド(約47億円)と高額でしたね!

加入1年目から主力として活躍し、2年目以降はレギュラーに定着し、キャプテンを務めることも。

2019年10月27日に行われたクリスタルパレス戦で、途中交代の際にサポーターからブーイングされ、キャプテンマークを投げつけたこともありました。

その時のシーンがコチラ↓

この事件で、グラニト・ジャカ選手はキャプテンをはく奪され、オーバメヤン選手がキャプテンに就任。

事件後、グラニト・ジャカ選手は、インタビューで心境を語っていました。

「もしクラブがもう一度キャプテンに就任して欲しいと言って来ても、今度はすぐには頷くことはできないと思う」

「僕のキャラクターを見せることはできた。僕は逃げるような人間ではない。僕はいつも『ここにいる限り、全てを捧げる準備ができている』とクラブに伝えている。キャプテンマークを巻いていても巻いていなくても、それは変わらない」

引用:「二度とやりたくないと…」主将剥奪から主力定着のジャカ「今は本当に幸せ」 | サッカーキング (soccer-king.jp)

キャプテンはく奪後、気持ちが楽になったようですね。

気持ちを入れなおしたグラニト・ジャカ選手はスタメンに復帰し、チームを支えてくれていました。

2021年夏にセリエAのローマに移籍の話がありましたが、アーセナル残留を決めました。

グラニト・ジャカ選手は契約延長し、2024年までの延長に加え、1年間延長のオプション付きというものでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Granit Xhaka(@granitxhaka)がシェアした投稿

アーセナルにとっては良い話ですよね?

リーダータイプの選手ですし、若い選手が多いので良きお手本となりますしね。

若い選手を引っ張り、アーセナルを上位に導いてほしいものです。

まとめ

今回は、グラニト・ジャカ選手の年俸推移について書いてみました。

ボルシア・メンヒェングラートバッハからアーセナルに移籍した際の年俸アップは凄かったですね。

ただ、もう少しもらっていても良いのではないかなと思いますね。

まあ、若い選手が多いアーセナルでは貴重な存在であると言えるグラニト・ジャカ選手。

上手く若手を引っ張っていってほしいですね。

Granit Xhaka

グラニト・ジャカの嫁が綺麗すぎる!どんな人なのか?馴れ初めなどを紹介!

2022.05.15

参考サイト