【サッカー日本代表】冨安健洋の凄さとは?急騰した移籍金は?

2020年3月22日に追記しました。

サッカー日本代表のディフェンスラインも強固になってきましたね。

特に、新生日本代表になってから冨安健洋の活躍は目立ちます。

吉田麻也と組んでいるセンターバックコンビは安定感があり、見ている限りですが、吉田麻也より冨安健洋の方が安定感があるかもしれません。

プレーだけの比較なので、リーダーシップなどを含めると、まだまだですが。

冨安健洋は、サッカー日本代表のセンターバックの柱でもありますし、東京オリンピックでの代表の柱になる男。

今回は、サッカー日本代表冨安健洋の凄いところについて書いていきたいと思います。

まずは、冨安健洋のプレーの凄さから行きたいと思います。


サッカー日本代表冨安健洋のプレーは欧州基準!凄さは?

若くして、これだけのプレーができる選手は久しぶりに見たと思います。サッカースタイルが日本人ぽくない。

身長188cmもありながら、攻撃の組み立てにも貢献できるセンターバックは、サッカー日本代表にはいませんでした。

身長が高く、跳ね返す、潰すといったディフェンスができるセンターバックは多くいましたが、冨安健洋のようにできるタイプはいませんでしたね。

いたとすれば田中マルクス闘莉王ぐらいでしょうか?

冨安健洋の後ろから組み立てる能力は、小学生の時に培われたものなのです。

サッカーの経歴を見てみると分かると思われますが、バルセロナのスクールに通っていたんです。

日本初の福岡校に。それで、高い位置からボールを受けて組み立てに参加するということが自然にできているのでしょうね。

子供の頃から、そんなサッカーをやってきた冨安健洋は恵まれていますね!

今は、ベルギーのシント・トロイデンでプレーしていますが、2019年の夏にはステップアップをすると予想されています。

※2019年の夏に、セリエAのボローニャに移籍をしました。

正直、まだ、ディフェンス面で荒いところはありますし、リーダーシップという面では吉田麻也には及ばないので、欧州5大リーグにステップアップをして、様々な面で成長して欲しいですね。

大体、サッカー日本代表がW杯でベスト16に残る時は良いセンターバックがいますので、冨安健洋の成長は、サッカー日本代表の成長につながるので期待大です。

ボローニャに移籍をしてからは、本職のセンターバックではなく、右サイドバックでプレーしています。

最初は、大丈夫かな?と思っていましたが、余計な心配でしたね。

守備は安定していますし、思い切りのよい攻め上がりも見せてくれています。

新しいポジションをこなせるようになっているので、サッカー日本代表の新たなオプションになりそうですね。

ただ、冨安健洋には、センターバックでプレーをしてほしい。

世界と対等に戦うためには、大型センターバックの存在が必要です。

世界基準の高さと技術を兼ね備える冨安健洋には、ボーローニャからビッククラブへステップアップをしてもらいたいと願っています。

日々、評価を高めている冨安健洋ですが、移籍金は、どのくらいだったのでしょうか?

Jリーグに在籍していた時から、移籍金が、どのくらい上がってきたのか?見ていきたいと思います。

冨安健洋の価値は、一気に急騰!いったい、どれぐらい上がったんだ?

正直に言うと、私は冨安健洋のことを知りませんでした。

知ったのは、サッカー日本代表に選出されてからです。

U-20の代表に選ばれていたようですが、所属クラブがJ2の福岡とあって知りませんでした。

当時、冨安健洋がシント・トロイデンに移籍をする際に支払われた移籍金は80万ユーロ(約1億円)。

現地での反応を見てみると、日本の2部リーグの選手に、そこまで価値があるのか?といった反応であったそうだ。

日本のサッカー好きな人でも冨安健洋のことを知っている人は少なかったのではないでしょうか?

普通に考えれば、そう思いますよね?向こうからしてみたら助っ人なわけで、日本の1部ならまだしも、2部ですからね。

言われて当たり前です。しかし、そんな反応が覆るのに時間はかかりませんでした。

冨安健洋は、移籍後すぐにレギュラーに定着し、監督の信頼に応えていました。

有名な話ですが、監督からは、

「間違いない。トミはベルギーで最高のタレントなんだよ」。

と言われ続けていた。冨安健洋の才能をいち早く見出してくれたのは監督だったのですね。

アジア杯で離脱?以外は、スタメンで出場し、シント・トロイデンの不動のセンターバックとして君臨している。

そんな冨安健洋の移籍の話が出回ってきた時に、シント・トロイデンで設定した移籍金は、1000万ユーロ(約12億7000万円)。

10倍以上の価値になってしまいました。もしかしたら、他のクラブからしたら高すぎると言われているかもしれませんね。

実際、言われているみたいですが・・・。

ただ、この移籍金が高すぎることで冨安健洋の将来に影響を及ぼさないといいのですが・・・。

恐らくビッククラブからのオファーはないはずで、中堅クラスからのオファーとなれば高い金額。

これがネックになり、ステップアップできないとなると冨安健洋自身、どうしようもなくなります。

何とか、5大リーグに移籍をし、世界レベルのアタッカー人と戦ってきてほしいので、シント・トロイデンには強気の価格にしないでほしいですね。

結局、ボローニャに移籍をした際の移籍金は、700万ユーロ(約8億4000万円)。

妥当な移籍金だったのか?と思われますが、冨安健洋が移籍できてよかった。

ボローニャに移籍してからの活躍は素晴らしいもので、イタリアでも高評価をされています。

2020年3月に発表された推定市場価格は、1500万ユーロ(約18億7500万円)。

夏の時点では、1000万ユーロ(約12億7000万円)。半年で、50%増加しました。

それだけ、欧州で認められたということになりました。

今後、冨安健洋を獲得となると、高額の移籍金がかかるでしょう。そうなると、ビッククラブしか手が出せなくなりますね。

次のクラブが、どこになるのか?今から楽しみです。

後、気になるのが年俸ですよね?冨安健洋の年俸の推移について書いていきたいと思います。

冨安健洋の年俸の推移は?

ボローニャでの年俸は、50万ユーロ(約6100万円)。

想像よりも安い・・・。海外だと億に行くのだと思っていました。

やはり、ポジションが関係してくるのでしょうか?攻撃の選手は、高額年俸ですが、守備の選手は低い傾向にあります。

冨安健洋の年俸の推移ですが、

2016年:アビスパ福岡・・・360万円。

2017年:アビスパ福岡・・・500万円。

2018年:シント・トロイデン・・・3000万円。

と言った具合で推移しています。

年俸も上がっていますが、もう少しもらっていても良いのかなと思います。

ただ、中堅クラブであるので、高額年俸をもらうには、ビッククラブへ行くしかなさそうです。

ユベントス入りが夢と言っているので、是非、叶えてもらいたいですね。

そして、UEFAチャンピオンズリーグの舞台で輝いてほしいものです。

まとめ。

今回は、サッカー日本代表冨安健洋の凄さと価値の高さについて書かせていただきました。

サッカー日本代表にはいないタイプのセンターバックが出てきたということで、日本サッカー協会は大切に育てないといけませんね。

跳ね返す、潰すといったプレーはできますが、冨安健洋のように後ろから攻撃を組み立てることができるセンターバックは貴重な存在です。

恐らく、冨安健洋を中心に、サッカー日本代表の守備陣を構成していくと思われるので怪我をしないように気を付けて欲しいです。

わずか1年ぐらいで、市場価値を12倍まで上げる辺りは凄いとしか言いようがありません。

この移籍金の高さがネックとなってステップアップができないということにだけはならないでほしいですね。

この夏に移籍するのではないかと言われていますが、どのリーグを選ぶのか?非常に興味深いです!

冨安健洋自身、どこがいいとか決めていそうですね!まずは、コパ・アメリカでの冨安健洋の活躍に期待です。

こちらの記事も読まれています↓

サッカー日本代表の歴代センターバックで最強は誰になるのか?

サッカー日本代表の塩谷司の特徴は?今後も代表に呼ばれ続けるのか?

サッカー日本代表の室屋成の特徴は?酒井宏樹に勝つことはできる?

冨安健洋の海外の反応は良いモノなのか?それとも良くないのか?

冨安健洋のポジションとプレースタイルは?特徴や弱点は?