ルーク・デ・ヨングの背番号は、どんな感じで変わっていったのか?

今シーズンのエールディヴィジはPSVが制覇するのでしょうか?それともアヤックスが抜き返すのか見ものですね。

首位を走るPSVのエースであるルーク・デ・ヨング。得点ランキングでは2位と大差をつけているので、得点王も射程圏の状況ですね。

ルーク・デ・ヨングが、残り試合で何得点を取れるのか?チームを優勝に導けるのか?注目したいところですね。

そんなルーク・デ・ヨングのプロフィールと背番号の変化について、今回は書いていきたいと思います。

まずは、ルーク・デ・ヨングのプロフィールから見ていきたいと思います。


ルーク・デ・ヨングのプロフィール。

名前:ルーク・デ・ヨング

国籍:オランダ

生年月日:1990年8月27日

出身地:スイス エーグル

身長:188cm

体重:80kg

在籍チーム:PSVアイントホーフェン

ポジション:FW

背番号:9

ルーク・デ・ヨングはスイスで生まれたようで、4歳の時にオランダに移住したようです。

アマチュアクラブでプレーをしていたところ、地元のプロクラブであるデ・フラーフスハップにスカウトされ入団。

兄弟で入団したようですが、兄は、アヤックスに引き抜かれてしまいましたが、ルーク・デ・ヨングは残留することに。

2008年にトップチームに昇格し、デビューを飾る。2009年にはプレーオフに回ってしまい、チームは降格。

降格を機に、ルーク・デ・ヨングはFCトゥウェンテへ移籍を決断。2部でプレーするよりも1部でプレーしたいですので仕方ないですね。

2009年から2012年までプレーをし、76試合に出場し、39得点を挙げる活躍を見せ、ブンデスリーガのボルシア・メンヒェングラートバッハに移籍。

5年契約の大型契約であったが、ルーク・デ・ヨングは適応できなかったようで、2014年まで在籍したが、36試合に出場し、6得点とパッとしない成績であった。

しかも、2014年1月には、プレミアリーグのニューカッスルにレンタル移籍を果たしたが活躍できず・・・。

結局、2014年の7月にPSVと契約し、2019年6月までの5年契約を結びました。

2018年の夏には、ルーク・デ・ヨングは、2021年まで契約延長をしたようです。

ルーク・デ・ヨングにとって、エールディヴィジの方が相性が良いのでしょうね。悪く言えば内弁慶なのでしょう。

ルーク・デ・ヨングはオランダ代表にも選ばれたほどの実力も持っているので、実力は間違いないことでしょう。

ルーク・デ・ヨングはレンタル移籍も含めて、いくつかのクラブを渡り歩いてきましたが、背番号は何番を背負っていたのでしょうか?

ルーク・デ・ヨングの背番号について書いていきたいと思います。

ルーク・デ・ヨングの背番号は、どのように変わっていったのか?

プロデビューしてから、ルーク・デ・ヨングの背番号は、どのように変わっていったのでしょうか?

まずは、ルーク・デ・ヨングのプロデビューしたデ・フラーフスハップでの背番号は、どうだったのでしょうか?

調べてみたところ、デ・フラーフスハップでのルーク・デ・ヨングの背番号はわかりませんでした・・・。

では、移籍をしたFCトゥウェンテでのルーク・デ・ヨングの背番号は、どうだったのかというと。

画像はあったのですが、背番号はわかりません。ストライカーなので、背番号9辺りなのかなと思われますが、どうなんでしょうかね?

ブンデスリーガのボルシア・メンヒェングラートバッハに移籍した時は背番号がわかるでしょうと思い調べてみました。

この背番号9がルーク・デ・ヨングのようです。ストライカーらしい背番号を与えられていたのですね。

しかし、ルーク・デ・ヨングは、その期待に応えられず、プレミアリーグのニューカッスルにレンタル移籍を果たす。

救世主として、ルーク・デ・ヨングをレンタル移籍で獲得をしたと思われますが、プレミアリーグに適応できず・・・。

12試合に出場し、得点なしという結果に終わってしまいました。そんなルーク・デ・ヨングに手を差し伸べたのは、PSV。

結果を残せていなかったルーク・デ・ヨングを獲得するとは、PSVもよく獲得に動いたなと思いましたね。

しかし、このPSVの決断は正解でしたね。移籍初年度から得点を量産。今シーズンは、すでに20得点を挙げており、PSVのエースとして活躍している。

今シーズン、PSVが優勝できれば、ルーク・デ・ヨングの活躍が大きかったと言えるでしょう。

ルーク・デ・ヨング自身、得点王も狙えそうなので、どこまで得点を伸ばせるのかに注目したいですね!

ちなみに、オランダ代表でプレーしていた時は背番号9を背負っていたようですね。

日本代表と試合していた時の画像です。オランダ代表でも背番号9とは、それだけの実力を持った選手ということの証明ですね。

今シーズン、ルーク・デ・ヨングが得点王を取れるのか?そこに注目したいと思います。

まとめ。

今回は、ルーク・デ・ヨングのプロフィールと背番号のことについて書かせていただきました。

ルーク・デ・ヨングも様々なクラブを渡り歩いてきた選手なのですね。オランダ以外では、パッとした成績は残せませんでしたが、PSVに移籍してからは素晴らしい活躍を見せています。

ルーク・デ・ヨングの背番号の変化を見てきましたが、背番号9が、ほとんどのような気がします。

ルーク・デ・ヨング=背番号9というイメージが強いので、今後も背番号9でい続けてくれることでしょう!

PSVを優勝に導けるか?ルーク・デ・ヨング自身、得点王になることができるのか?注目ですね。

こちらの記事も読まれています↓

デ・ヨングの背番号は、バルセロナでも21番になるのか?

ファン・ダイクのこれまでの背番号は?4番に拘りとかはあるのか?

オーバメヤンは背番号に拘るタイプ?それとも拘らないタイプ?

マルコ・ロイスの背番号11は、本人の希望?それとも違うの?

グリーズマンの背番号7への拘りはあるのか?夏に長袖の理由は?